ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

下之城の愛する相手って……

「え……? お前ら、何やってんの……?」

 休み時間に入るやいなや、教室を飛び出して補習組へと向かった俺だったが、教室にはなごみも下之城もおらず。
 近くにいた男子に聞いてみれば仮病で保健室に向かっているということなので、急いでそちらに向かってみれば、道中待ち受けていたのは衝撃的な光景だった。

「そ、奏太君!?」

 唇を重ね合う二人の少女。
 一人は俺の婚約者、もう一人はつい昨日俺にプロポーズをしてきた少女…俺に好意を寄せているはずの二人の少女によるキスシーンを目撃してしまい、思わず俺は一瞬その場で硬直してしまった。

「あら、誰かと思えばワタクシの結婚相手の藤岡君じゃないですの。てっきりどこかの変態が覗いているのかと思いましたわ」
「うん、イマイチ状況が飲み込めないんだが……、とりあえず俺はお前の結婚相手でも名ければ変態でもない」

 下之城にツッコミを入れつつも未だ気が動転しまくりの俺。

「ち、違うの! これはこの子が勝手やってきたことで……」

 女同士のキスシーンを彼氏兼婚約者に見られ、俺以上にパニック状態のなごみ。
 しかし、そんな俺達二人とは対照的に、

「なるほど。ワタクシとあなたは結婚相手ではない、ということは…つまり離婚ということかしら」

 下之城だけは通常運行。俺達が動揺していることなど関係なく、落ち着いた様子でどんどんボケを放り込んでくる。

「いや、離婚っていうか、そもそも結婚してないからね?」
「まぁ確かに旦那に愛する人とのキスシーンという言い逃れのできない浮気現場を見られてしまった以上、ワタクシに反論の余地はありませんものね。甘んじて受け入れますわ」
「いや、聞けよ――って、“愛する人とのキスシーン”!?」

 徐々に落ち着きを取り戻し、ボケの応酬を仕掛けてくるお嬢様に適当にツッコミを入れていた俺だったが、聞き流しそうになった単語に思わず声を張り上げた。
 え? 何? どういうこと? コイツの好きな人って俺じゃないの!? 俺、コイツとキスとかしてないんですけど!?
 ちょっと待て。一旦状況を整理しよう。
 俺が目の当たりにしたのは、女の子同士のキス現場。
 下之城はそれを“愛する人とのキスシーン”と言っている。
 そして、下之城がキスしていた相手といえば……。ふと隣を見ると、『え!? え!?』とオドオドしているなごみの姿が……。

「えーっと、今の発言って、さすがにボケだよな……?」
「? 何を仰っていますの? 別にワタクシ、先程から一度もボケてなんていませんわよ?」
「……一応確認だが、お前の好きな相手って、俺じゃないの?」
「あら、何を仰っているの? ワタクシがあなたのことを好きなはずありませんわ」
「……じゃあ、お前の言う“愛する人”って――」
「そんなの決まっていますわ! ワタクシの愛する人は彼女――波志江なごみさんを置いて他にいませんわ」

 …………。
 なごみの方を指さし堂々と愛を宣言する下之城財閥のお嬢様。
 その表情はどこか誇らしそうで、とても冗談を言っているようには見えなかった。
 そんな彼女の発言に脳内の処理が追い付かず、互いに顔を見合わせ数秒の機能停止という過程を経た後に、俺となごみは、

「「えぇぇぇ!?!?」」

数秒の時間差で二人揃って驚愕の声を張り上げた。

「え!? いや、でもあなた、奏太君にプロポーズして……」
「えぇ。確かにプロポーズはしましたわ。でもワタクシ、『藤岡君が好き』だとは一言も申していませんわよ?」
「た、確かに……」

 言われてみればこの女。結婚を迫ろうとはすれど、一度も俺のことが好きとは言ってなかったような。ていうか、なんか俺振れらたみたいになってない?

「と、とりあえずお前が俺のことなんて好きじゃないってことは分かった! でも、じゃあ何で好きでもない俺にわざわざプロポーズなんてしたんだ!? 万が一俺がOKしてたら好きでもない奴と結婚することになってたんだぞ!?」

 とりあえず、ようやく状況は把握できた俺は、その上で、今回の最大の疑問点を口にしてみた。
 好きでもない相手と自ら結婚する意味なんてあんのか? メリットなんて一つもねぇだろ。すると、

「そんなの決まっていますでしょう? 波志江さんがあなたのことをとても愛しているということが分かっていたからですわ」
「……は?」

うん、ちょっと何言ってるか分かんない……。

「あなたがいる以上、ワタクシが普通に波志江さんにアプローチを掛けても無駄なのは明らか。それなら、ワタクシがあなたと結婚することで波志江さんにあなたを諦めてもらってからアプローチした方が効果的――ワタクシはそう判断しただけですわ」

 自分の選択した行動が間違っているとは全く疑うことなく、少女はさらに続ける。

「ワタクシは愛する波志江さんとの恋を成就させることができますし、結婚という形こそこの国では成せませんが、波志江さんのこともきっと幸せにしてみせます。まぁあなたとの結婚が愛のない形だけのものとなってしまうのは申し訳ないですが……、あなたにとっても一生働かなくても裕福な暮らしができるメリットもありますし――ワタクシ、この計画は全員が幸せになれる最高のものだと自負しておりますわ!」

 自信満々に胸を張る下之城。そして、

「波志江さん、ワタクシと一緒に幸せになりましょう!」

 改めて、“愛する人”なごみへと向き直って告白し、にっこり微笑みながら手を差し伸べる。
 が、しかし…

「ごめん、あなたと恋人にはなれない」
「え?」

 当然ながら、告白を受けた側のなごみには全く笑顔はなく。考える間もなく厳しい表情で“ノ―”の返事を突き返した。
 まぁ、そりゃあそうだろう。というか、逆になんで下之城は自信を持ってたんだ?

「ど、どうして――」
「『この計画は全員が幸せになれる』!? ふざけたこと言わないで! あなたの考えた計画で幸せになれるのなんて、あなただけじゃん!!」

 珍しく怒りの感情をぶつけるなごみに、今まで穏やかな様子を崩さなかった下之城も動揺を隠しきれないご様子で。

「そ、そんなことは――」
「そんなことあるよ!」

 なごみが素の状態で誰かに怒ってるところなんて何年ぶりだろう。
 一方、怒りをぶつけられた張本人はというと、さっきまでの自信に満ち溢れた態度はどこへやら。反論することすらおぼつかない。

「下之城さん、知ってる? 私の幸せは奏太君と一緒にいられることと、奏太君が幸せになってくれることなの! あなたの考え方では、少なくとも私の幸せは実現できない!!」
「!!」
「私だって、あなたの考えを聞くまでは『奏太君の将来的な幸せを考えるなら裕福な家庭の下之城さんと結婚した方が……』って本気で考えてたんだよ!? それなのにあなたは『あなたのことを好きとは言ってない』とか『愛の無い形だけの結婚』とか……。あなたには奏太君が『お金さえあれば幸せだ』って考えるような人に見えるの!? あなたからのプロポーズをすぐに断ろうとした奏太君を見たのに!?」

 息を乱し、涙を流しながら必死に怒るなごみの姿に、下之城はまるで親に怒られる子供のように、下を俯くだけで最早何も言い返すことはできなくなっていた。
 多分普段怒らないなごみの怒る姿に圧倒されたから、だけではないだろう。
 下之城も嫌がらせでこんなことをやっていたわけではなかったのだろう。しかし、だからこそ、なごみの言葉が心に突き刺さったに違いない。
 多少俺やなごみのことも考えていたのだろうが、最終的には邪魔者を排除して好きな人と一緒になることしか考えていなかった自分自身と、自分のことより恋人のことを考えて怒れるなごみとの差を痛感したのだろうか。ハッとした表情を浮かべて茫然とする下之城。

「下之城、俺は別に好きでもない奴のことまで思いやれとか言うつもりはない。だから、なごみはああ言ってるけど、別に俺のことを利用しようとしたことは気にしなくてもいい。だけど、自分の好きな相手が何を望んでるかくらいは考えてやれよ」
「わ、ワタクシったら、なんてことを……」

 そして、今まで黙っていた俺の言葉が最後のきっかけとなり、遂に彼女の目から罪悪感と後悔の涙があふれ出した。

「波志江さん……、ごめんなさい! ワタクシ、あなたを藤岡君から奪うことばかりで……、藤岡君も、ごめんなさい……!!」
「もう……! そんなに謝らないでよ……!! もっと言いたいこといっぱいあったのに……。そんなに謝られたら、もう怒れないじゃん……!!」

 涙を流しながら謝る少女と涙を流しながら許す少女。――そんな青春の一ページのような光景が俺の目の前には広がっていた。
 多分下之城優奈という少女はそれほど悪い奴ではないのだろう。
 本気で自分の欲望のことだけを考えている人間なら他にいくらでもやりようはあっただろうし、少なくとも彼女が考えたような回りくどいやり方は浮かばないはずだ。
 彼女はただ、自分の恋に忠実で、周りが見えなくなっていただけなのではなかろうか。
 相手は金の力を使い、両親を利用してまでなごみを奪おうとした奴だというのに……。俺達の追及に対して正直に全てを話したり、自分が悪いと分かれば素直に謝る彼女の姿を目の当たりにし、俺はつい、そんなことを考えてしまっていた。
そんな中……、

キーンコーンカーンコーン

 校内には次の授業の開始を告げるチャイムが鳴り響いたが、俺達は誰一人この場を動こうとはしなかった。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く