ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

束の間の休息、自由時間! そこに彼女は突然現れた……

「あ~、まさか夏休みの夜に学校にいるとは思わんかった」
「なんか、ごめんね……」

 合宿1日目もほぼ終わった午後9時。
 夜になったにもかかわらず、相変わらずの猛暑ぶりを発揮している天候にうんざりしつつも、俺となごみはこの合宿の中で1日1時間しか許されていない貴重な自由時間を利用して人目のない校舎裏までやってきていた。
 というかこの合宿、10時には消灯とか正気かよ! 今時小学校高学年でももう少し起きてるわ!!――と、心の中でこの勉強合宿のスケジュールを作った教師共に愚痴を吐きつつ、

「俺が学校に来てるっつーのに、陽平が夏休みを謳歌してると思うとムカついてくるな。――よし、ささやかな復讐としてアイツの家に勝手にピザを送りつけてやろう!」

 俺は誠に勝手な八つ当たりの計画を発表し、なごみからのツッコミを待っていた。が、しかし、

「うん、そうだね……」

 当の本人は俺の話など上の空。返ってきたのは適当な相槌だけで、我がボケは完璧にスル―された。
 ……あれ? なごみさん? 今は二人っきりだし、素の状態ですよね? ボケ殺しはドSキャラの時だけで十分なんですけど? って、今はそんなこと言ってる場合じゃないか。

「……どうした? なんかあったのか?」

 とりあえず俺はボケをスル―された悲しさと恥ずかしさを胸の中にしまい、若干涙目になりながら、ジェントルマンらしく隣で元気なさげにしている彼女の様子を窺ってみた。

「ご、ごめん! 別になんでもないの! ちょっと疲れてぼーっとしちゃってた!! ごめんね! こんな噂通りのスパルタ合宿に無理やり付き合せちゃって!!」
「いや、まぁ俺の方は言うほど厳しくなかったし、そこまで気にする必要ないぞ? 授業も全部自習だし、静かにしてさえいればスマホいじってようが寝てようが、基本何でもOKっぽかったし」
「え、そうなの!?」

 俺自身、参加してみて初めて知ったのだが、俺のような自由参加組はなごみのような赤点で強制参加している奴らと違ってスパルタ授業等は一切ない。
 どうやら自由参加組にとっては、食事付き、いつでも質問できる先生付きで、且つ集中して勉強できる自習室のような存在になっているようで、周りに迷惑を掛けなければいつ何をしていようが基本何でもアリという方針らしい。
 かくいう俺も今日の授業はほとんど寝ていたおかげで目が冴えわたっており、逆に寝すぎて疲れているくらいだ。

「そ、そうなんだ……。噂通りのスパルタ授業と山のような課題に苦しめられてたのは私だけ……。奏太君は穏やかな夏休みを過ごしてたのか……。良かったような、なんか裏切られたような……、奏太君、私は複雑な気持ちで一杯だよ……」
「ふっ、まぁこれが俗に言う実力社会という奴だよ。悔しければ君も頑張って勉強できるようになることだね! 何なら俺がこれから勉強教えてやろうか? 俺は昼間十分寝たから全然元気だぜ?」
「もう! 意地悪っ! 別にいいもん! 奏太君の力借りなくたって、私もやればできるんだから!!」

 日頃山ほどの毒舌を浴びせられている仕返しに、ここぞとばかりにからかってやると、彼女は頬を膨らまし、ぷいっとそっぽを向いて拗ねてしまった。――うむ。我が彼女ながら、今日も可愛い拗ねっぷりだ。満足満足。
 それに、見た感じコイツも元気になったみたいだし、今日のところはもう少し様子見ってことにしておくか。と、心の中で拗ねるなごみの反応を愛でつつ、いつもの調子に戻った彼女にひとまず安心していると、

「あら、波志江さん。彼氏と二人きりの時はそんな感じなのね。可愛らしいわ」
「「!?」」

突然背後から声が女子の声が聞こえて、慌てて振り返った。
 そこに立っていたのはなごみと同じくらい小柄な少女。そして……

「あらあらどうしたの、波志江さん? 心配しなくても大丈夫よ。わざわざ藤岡君に教えてもらわなくても、同じ補習組のワタクシがあなたの勉強を見てあげるから」

 俺となごみを交互に見ながら楽しげに話しかけてくるその少女の表情は、不気味なくらいにこやかだった。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く