ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

よそはよそ、うちはうち……

「二人とも、この人が駒形優こまがたゆう……いや、駒田マサル先輩……見ての通りの男だ!!」

 翌日の朝早く。俺と陽平はなごみと美穂に集まってもらい、二人に駒田先輩 (本名)を紹介した。

「う、うそだよね……? 見ての通りって……これが、男の人……?」
「い、言われてみれば、女子にしては骨格もしっかりしてるような……」

案の定二人は目を見開き、信じられないといった表情で棒立ち状態。

「し、信じられない……」
「私も……」

 無理もなかろう。
 サラサラとした髪、無駄毛一つないスベスベな肌、すらっと細く長い脚、そして胸元にスイカが二つ並んでいるかのような圧倒的なインパクトなどなど……どう考えても女性にしか見えない女装男が目の前にいるのだ。逆に聞きたい! 女装しているこの人を、男だと認識できる人間がいるだろうか!? いや、いない!!

「いやぁ、なんかごめんね。俺のストレス解消が迷惑かけてたなんて」

 言葉とは裏腹にほとんど悪びれることなく笑顔で謝る先輩。
 実はこの人、以前からストレス解消のために時々女装をしていたらしいのだが、最近衣替えをきっかけに登下校でもやってみようと思い立ち……俺達と遭遇したのはその初日だったらしい。
 ちなみに女装するときは見た目だけじゃなく声や喋り方、性格を変えるだけでなく、なんと女装の時専用で名前も変えているというから驚きだ。
 そりゃあ聞き込みしても見つからないわけだ。っていうか、駒田先輩、アンタ初心者のくせにどんだけ女装にこだわり持ってんだよ……。

「一応生徒手帳とか、股に付いてるか付いてないか、とか証拠も用意してもらってきたんだけど……どうする?」
「私は大丈夫。さっき先輩の胸触ったし……、あれで十分わかったから……」
「わ、私も……」
「あははっ! 俺のおっぱいは触られることなんて想定してないしな。触ればだれでも分かるよ!」

 悲しい現実を突き付けられ、肩を落とす二人の貧乳少女と自慢気に笑う女装巨乳男。

「うぅ……、まさか男子に女としての魅力で負けるなんて……」
「偽乳以下の私のおっぱい……ははっ、女性ホルモンって一体なんなんだろうね……」

 ショックを隠せず、地面に両手をついて項垂れるぺったんこ達。
 あまりにショックだったのか、なごみは口調が完全に素の状態に戻っており、その変化に気が付いていない美穂もまた、かなりの精神的ダメージを負っているのは明白だった。

「しかも男相手に嫉妬までしてたなんて……」
「恥ずかし過ぎる……」

 しかし、そんな彼女達の様子も俺と陽平にとっては狙い通り。俺達は内心ほくそ笑んでいた。

(よし、作戦は順調だ)
(あぁ。あとは落ち込んでいる二人に良いこと言って励ますことで、俺達に対する怒りの感情を中和。そして、言いなり生活を終了させるぞ!)

 俺達はアイコンタクトで会話し、頷きあう。
 人間弱っている時程付け入る隙は多くなる。恐らく男としては最低の方法なんだろうが、そんなことは関係ない!! 全ては俺達の平和な日常を取り戻すため!このチャンスを逃す手はない!!
 名付けて“良いこと言って、雰囲気で怒りを忘れさせよう、大作戦!!”――作戦開始だ!!
 俺達は再び頷きあうと、まず最初に陽平が動き出した。

「美穂……俺が行っても説得力はないかもしれんが、女子の魅力は胸の大きさなんかじゃない。裏表のない性格とか、困った人見ると放っておけない優しいところとか……あと、美人なところとか――俺はちゃんとわかってるよ、お前の魅力」
「陽平君……」

 まっすぐ見つめ合いつつ、少し照れ臭そうに真剣な顔で、彼女が欲しがりそうな言葉を紡いでいく。
 イケメンがこれをやって上手くいかないはずがない!これぞモテ男の真骨頂といったところか。
 っていうか、陽平の野郎……、あんなキザなセリフを素の状態でスラスラと言いやがって……!! この後俺が控えてんだぞ! めちゃくちゃハードル上がっちまったじゃねぇかよ!!

「ごめんな、美穂。仲直り、しようぜ!」
「うん!」

 そして最後にニカっとイケメンスマイル。
 効果は抜群。美穂の目には既に輝きが戻っており、陽平への怒りなど、もう微塵も残ってはいないだろう。
 そして、見事ミッションを成功させた陽平は、

(次はお前の番だぜ!)

そうアイコンタクトを送ってきた。
 よし! この流れ、俺も乗ってやるぜ!!
 若干の緊張しながらも心の中で気合を入れ直し、俺は一歩なごみの方へと近づいた。しかし……

「なぁ、なごみ――」
「奏太君。私、ちょっとショック受け過ぎて喉が渇いちゃったみたい」

タイミングの悪いことに、俺の言葉は丁度彼女の言葉に遮られてしまった。

「え? あ、あぁ、確かに喉乾いたよな! じゃあどこか場所を移して――」
「私、もうここから一歩も動けないの。――お願い、自販機で無糖の缶コーヒー買ってきてくれない?」

……あ、あっれぇ? なんか雲行きが怪しいような……

「……え? いやいや、何言ってんだよ。無糖のコーヒーって体育館の前まで行かないと売ってない――」
「無糖の缶コーヒー、買ってきてくれない? 10分以内に」

 彼女は強引に、再び俺の言葉を途中で遮ると、小悪魔的な笑みをこちらに向けてきた。
あの……なごみさん? 全然目が笑ってないんですけど……? っていうか、めちゃくちゃ嫌な予感しかしないんですけど!?

「確かに男に女として負けて嫉妬していたなんて屈辱だわ。だから――この腹いせは奏太君へのペナルティの中でさせてもらうわ」
「え?」

あの……それ、ただの八つ当たりだよね?

「い、いやいや! ここはどう考えても仲直りして一件落着の雰囲気だったでしょ!? 見て!? 陽平達はすっかり仲直りしてるよ!?」
「よそはよそ。うちはうちよ」
「なんか母親みたいなこと言ってきた!!」
「ほら、奏太君。早く行かないと。あと8分よ」
「もう開始されてんの!? 俺まだお前の要求、承ってないんだけど!?」
「奏太君、言っておくけど命令に一個失敗する毎にこのペナルティは1日延長するシステムを採用してるわよ」
「何、その後付けルール!? じゃんけん勝負で負けた奴が言う『これ3回勝負だから』より性質悪いわ!!」
「仕方ないじゃない。この場では私が法律なんだもの――あ、あと7分になったわ」
「ち、チクショー!!」

これ以上抗議しても無駄だと悟った俺は、ヤケクソで教室を飛び出した。

「ねぇ、陽平君? 私もああいう感じにしたほうが良かったかな……?」
「頼むからなごみちゃんの影響だけは受けないでくれ」

背中の方からは美穂と陽平からの同情の視線が投げかけられ、

「藤岡君~できれば俺の分も買ってきてくれ~」
「黙れ! 女装男!!」
「あはは、ひど~! ――頑張れよ~!」

駒形……いや、駒田先輩からは他人事のような適当な言葉が投げかけられた。
 そんな中、俺は一人心の中で願った。――なごみが早く巨乳になりますように……、それが無理なら日本中から巨乳がいなくなりますように、と……。
 結局この後、俺の下僕生活は4日後まで、当初の予定通り続けられましたとさ……。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く