ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

どうやら俺が踏んだ”巨乳”という名の地雷は、思った以上の破壊力だったらしい……

超巨乳の持ち主駒形先輩との出会いにより、なごみの機嫌を損ねてしまった翌日。

「奏太君、暑いわ。仰いでくれる?」
「はい」

 なごみからの宣告通り、俺は彼女の従順な下僕としての生活をスタートさせていた。

「奏太君、喉が渇いたわ。自販機でジュースを買ってきてくれる?」
「りょ、了解…」

 多分この場面を傍から見ている奴らにとっては、俺達の関係は彼氏彼女などではなく、女王様と下僕のように見えていることだろう。
 しかし、日頃のなごみと俺のやり取りを知っているからだろうか。
 朝、奇異の目を向けられ後ろ指を指されていたのも既に過去のこと。放課後となった今では『いつものこと』と言わんばかりに誰も気にしていない。

「あの、なごみさん? 今日1日、大分尽くさせていただいたと思うんですけど……そろそろお許しとかは……」

 とりあえず物は試しということで、お許しを貰えないかと聞いてはみたものの、

「あら、最初に1週間って言ったはずだけど? 残念ながら私は奏太君と違って自分の言葉に責任を持つタイプなの。分かる?」
「で、ですよね~」

 彼女の口から返ってきたのは皮肉だけ。まだまだお許しは出なさそうだ……。

「陽平~なんとか――」

 そんな状況に思わず前の席に座るモテ男の力を頼ろうとしたところで、間一髪俺は踏みとどまった。なぜなら……

「まずは映画でしょ~、それからランチはおしゃれなカフェで食べて~、それからそれから~」
「あの、美穂さん? その、さすがにそれ以上は経済的な事情故御勘弁いただきたいといいますか……」
「あ、ちなみに、これ全部陽平君の奢りだからね」
「何卒ご慈悲を~!!」

 彼は彼で、昨日の禊の真っ最中なのだから……。
 本来昨日のビンタで陽平の禊は終了したはずだったのだが、どうやらなごみに触発されたようで、追加ペナルティが発生したらしい。……陽平、なんかすまんな。

「まぁ、金銭的な負担が無いだけ俺の方がまだマシか……」

 自分が不幸な目に遭ってしまった時、自分より不幸な人間を見つけると安心感を得られると聞くが…どうやらその噂は本当だったらしい。と、そんなことを考えていると、

ガラガラガラ

「お~悪いな、お前ら。遅くなっちまった」

 帰りのホームルーム開始の時刻から既に10分以上経過し、ようやく担任教師がやってきた。
 先生、あなたの遅刻のせいで約2名の生徒が精神的にダメージを負ったこと、肝に銘じておいてください。――そんな俺からの忠告が通じたのか、

「大分遅くなっちまったし、大した連絡事項もないから、今日はホームルーム無しでいいぞ。じゃあ、お前ら気をつけて帰れよ」

 先生はそれだけ言い残して再び教室から出て行ってしまったことにより。自動的にホームルームは終了。あっという間に放課後が訪れた。

「なぁ、この後カラオケ行かね?」
「アホか。俺は部活だっつーの」
「南校の女子も一緒だぞ?」
「それを先に言えよ! ほら、さっさと行くぞ!!」

 普通ならいきなり『今日はホームルーム無し!』とか言われれば戸惑うのだろうが、このクラスにとってはこの程度日常茶飯事。『え? 本当に帰っていいの?』とあたふたしている生徒など一人もおらず、先生が去って数秒後には、既に普段の放課後と同じような光景が広がっていた。
 そんな中、俺はふとあることに気がついた。――もしかして、放課後二人きりになったら下僕扱いも終わるんじゃね?
 下校中、二人きりの時は“素のなごみ”に戻る。学校では“毒舌ドSモード”の彼女だが、素は素直で優しく、多分謝ってゴリ押しすればなんだかんだで許してくれるはず……。よし! そうと決まれば善は急げだ!!

「なごみ! 早く帰ろうぜ!!」

 シュミレーションを終え、勝算を確認した俺は素早く帰り支度を整えると、元気よく立ち上がり、なごみの方へと振り返った。

「? 別に構わないけど……どうしたの、急に?」
「いいからいいから! ――それじゃあ陽平。またな!」
「おう。また明日な」

 半ば強引に彼女の手を引き、一週間下僕生活という地獄に一筋射した光を求め、二人で教室を後にした。しかし……

※※※※

「奏太君、私、喉乾いちゃった。ちょっとそこのコンビニでジュースでも買ってきて」
「……あの、なごみさん?」
「何? 聞こえなかったの? 私は『コンビニでジュースを買ってきて』って言ったんだよ!?」
「……」

 二人で学校を出てしばらく歩き…俺達以外誰もいないところまでやってきた俺達。本来ならここらで彼女の優しさに訴えかけようとする予定だったのだが……。
 確かに、二人っきりになったことにより、なごみは“毒舌モード”から素の状態へと変わってくれた。しかし……ただそれだけ。

「どうしたの? 早く行ってきてくれないかな?」

 口調は見た目通りの幼いものになったものの、俺に対する風当たりは厳しいまま。扱い自体は学校に居る時と何ら変わりはなかった…。

「あの、なごみさん……? もう周りには学校関係者は一人もいませんよ……? 何かいつものとキャラ違くない……?」

 不機嫌極まりない表情で少し前を歩く彼女に、恐る恐る訊ねてみるが、

「何言ってるの? 怒ってるんだからいつもと違うのなんて当然でしょ?」

 彼女は一瞬こちらをジト目で睨みつけると、すぐにプイッと前を向き直って早足で歩いて行く。……うん、これ本気で機嫌損ねちゃった奴だわ。
 俺の“なごみの素の優しさにつけ込んで、下僕生活を脱しよう大作戦”は無惨に散ることとなった。
 あと1週間この生活とか……勘弁してくれよ……。俺はガックリ項垂れながら、残りの気まずい帰り道を歩いて行った。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く