ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

男にとって巨乳は夢と希望であるとともに、災いの元でもある……

「あ~、マジでツイテない……」

 憎き中間テストも無事終了し、6月も10日程が経過した今日この頃。梅雨入りはもう少し先だというのに外は土砂降り。
 そんな中登校してきたばかりと思われる生徒から『最悪~!』とか『マジでついてねぇ……』とか『朝からテンション下がるわぁ……』という声が聞こえてくるが、そんなことを言う彼らに言ってやりたい! ――今この瞬間に限れば、お前らなんかより俺の方がよっぽど“最悪”だ、と。

「ようやく雨を乗り越えて登校したと思ったら、次は落し物かよ……。しかも、よりにもよって生徒手帳……」

 家を出る時に持っていたのは確認済み。恐らく登校中にどこかで落としたのだろう。
 生徒手帳という学生が持ち得る最も便利な身分証明証を紛失し、朝からガックリと項垂れていると、

「よお、奏太。どうした、朝からため息なんてついて?」
「ああ、陽平か……。それがよぉ――って、お前がどうしたんだよ!?」

聞き慣れた友人の声に振り返ると、そこにはいつもとはちょっぴり違う、頬に見事な手形をつけたイケメンが立っていた。

「あぁ、これか……? いや、実は――」

 恐らくここに辿り着くまでにも同じ質問をいろんな奴からされたのだろう。陽平は少しうんざりした感じで経緯を喋りはじめた。

「実は今日の朝、下駄箱で美穂と一緒になってしばらく喋ってたんだが――」

 ちなみに、美穂というのはコイツのハーレムの一人。客観的に見ても可愛い部類に入り、陸上部のエースという運動系ハイスペックの持ち主で、人あたりの良い性格もあってか男女共に人気のある上位カーストの住人として有名だ。

「美穂の奴、今日から夏服にしてきたから褒めたんだが、『私、胸が無いから冬の制服よりスタイルが分かりやすい夏服って苦手なんだよね……』って気にして元気なかったから、『んなことないって! っていうか胸の大きさなんてどうでもいいじゃん』って励ましてやったんだよ」
「おお」

 うむ。誰にでも瞬時に真剣な顔でこういうフォローが入れられるところがコイツがハーレム王たる所以なのだろうな。とりあえず俺にはハーレム王の適正が無いことを再認識した。

「だが、問題が起きたのはその直後だった。次の瞬間、俺の目の前を横切ったんだ――超巨乳の女子が……」

 ……うん、なんとなくもうオチが読めました。

「……それで、どうなったんだ?」
「思わず横切った巨乳女子を見ちまったせいで『さっき胸の大きさなんてどうでもいいとか言ってたくせに!』って言われて……次の瞬間にはこのザマだ……」
「……なんていうか、ご愁傷様としか言えんな」

 案の定、予想した通りの結末だった。
 恐らくほとんどの男にこれを避ける術はないだろう。とても他人事とは思えない出来事を聞かされ、俺は同情せずにはいられなかった。
 そして直後……

「おはよ。奏太君」
「!!」

 背後からその聞き慣れた声が聞こえた瞬間、とてつもなく嫌な予感が全身を駆け抜けた。
 恐る恐る振り返ってみると……

「おう、おは……よう……」
「よ! おはよ、なごみちゃん!」
「おはよう、大田君」

 そこにいたのは昨日までとは違う、夏服姿の恋人兼婚約者だった。
 分かってはいたが、一応チラリと胸元を確認してみると、そこにはロッククライミングすらできそうにない程の断崖絶壁があるだけ。もし、ここで巨乳という名の兵器が通りかかったりしたら……。
 何なの? タイミング良過ぎじゃね!? もしかしてドッキリですか!?

「どうしたの? 朝からエロ本を母親に見つけられた時みたいな顔してるわよ?」
「とりあえず黙ろうか。お前の変な例えを聞いた女子達が『うわぁ……』みたいな目で俺を見てるから。直ちに訂正を――」
「そんなことより私に何か言うことはないの?」
「えーっと、とりあえず今一番言いたいことは、『自分から振った話を強制終了させるのはやめてくれない?』ってことなんだが」
「そんなことより私に何か言うことはないの?」
「俺の話聞いてる? 俺は――」
「そんなことより、私に何か言うことないの?」

 ……ダメだ、全く会話にならない。これ、多分俺が期待通りの言葉を言うまで続くやつだ……。
 まぁとはいえ、このいかにも『私を見なさい!』という風に腰に手を当て仁王立ちしているロリ体型の少女がどんな言葉を待っているのか、俺は知っている。
 が、同時に、何となくだが、その言葉を口にしてしまえば、目の前で痛々しい頬をしているイケメンの二の舞になる気がするのは気にし過ぎだろうか。
 と、そこへ、

「奏太、奏太!」

頼れる我が親友が小声で助け舟を出してくれた。

「俺に任せろ」
「い、いいのか?」
「おう! 今度昼飯奢れよな!」

 そう言ってカッコよくウインクする陽平。さすがイケメン! 今ならハーレムメンバー達がコイツに惚れる理由が良く分かるぜ!! しかし……

「なごみちゃん、そういえばさっき先生が呼んでたから早く職員質に――」
「大田君、申し訳ないけど今はあなたの出る幕ではないわ。少し黙っててくれる?」
「りょ、りょうかい~」

 毒舌モードのなごみの前ではあまりに無力。カッコよく意気込んだ数秒後にはバッサリと一刀両断され、フェードアウト。

「チッ、使えねぇ」
「手のひら返しが凄いな!」

 仕方あるまい。期待が大きければ大きいほど、その反動は激しくなるものなのだ。

「それで、奏太君。私に何か言うべきことはないの?」

 とはいえ、唯一の救援隊を失った俺に、最早抗う術は残ってはいなかった。

「そ、そういえば、今日から夏服に変えたんだな……?」
「それで?」
「はい、大変よく似合っています」
「そ。ありがと」

 俺から期待通りの言葉を引き出し、満足気な笑顔を見せる我が彼女。仕方ない。こうなったらさっさと話題を変えるしかない!! しかし、

「そういえば今日の数学の課題ってさ――」
「それにしても今日は一段と暑いわね」
「え? お、おう、そうだな。それより――」
「実は私、夏服って苦手なのよね……。ほら、夏服って冬服よりも体の線が良く見えちゃうのに、私あんまりスタイル良くないし……」

 ギャー! 勘弁してくれぇ!! なんたるデジャブ!! 何で俺の悪い予感はこんなに的中率高いんだよ!!
 必死の抵抗むなしく、状況は俺の想定した悪い方向へと一直線に進んでいく。

「……そ、そんなの気にする必要ねぇよ。っていうか、胸が大きい方がいいなんて発想俺にはないな!」
「本当?」
「お、おう! 当たり前だろ?」

 さすがに、ここで何も言わないわけにもいかず、力ない笑顔を浮かべながらフォローする。

「そう。よかった!」

 そして、それを受けたなごみは安堵感と嬉しさが入り混じったような笑顔を浮かべ、

「あ、そういえば私、今日日直だったわ。――それじゃあ、奏太君、それから大田君、またあとでね!」

 上機嫌に小走りでこの場を去って行った。そして、その背中が見えなくなると、

「おい、陽平!」
「うおっ! なんだよ、急に!?」
「さっきお前が見たっていう巨乳少女のことを教えろ! こうなりゃあ、夏の間その子とは絶対に出くわさないようにするしかない!!」

 俺は先程助けようとしてくれた親友の肩を激しく揺さぶり、涙目で必死に訴える。

「あの、このクラスに“藤岡奏太”って子、いますか?」
「あ!」

 突然教室の入り口から聞き慣れない声で聞き慣れた名前を呼ばれた気がするが、そんなもの今はどうでもいい。今は恐ろしき巨乳女子問題が先決だ。

「陽平! さっさと頼む! 多分状況は一刻を争うんだ!!」
「いや……もう遅いかもしれん……」
「はぁ!? お前何言って――」
「いや、だって、もうそこにいるし……」
「は!? いや、だから意味が――」
「君が藤岡奏太君?」
「すみません! 今取り込み中で――!!」

 しかし、再び、今度はすぐ背後で自分の名前が呼ばれ、勢いよく振り返ると……そこには巨大な双丘が……。
 しっかりと向き直り、恐る恐る全体を見てみると、顔は色白で可愛いというよりは美人系。手足はモデルのようにスラッと長く、身長は俺より少し低いくらいで女子にしては高いと言って差し支えはないだろう。
 だが、そんなハイスペックな部分もあまり印象に残らないくらい、その胸部は圧倒的な存在感を放っていた。

「取り込み中のところごめん。私は三年生の駒形優 (こまがたゆう)。君が藤岡奏太君でいいのかな?」
「え? あ、はい」

 っていうか、この人俺なんかに何の用なんだ? 俺はこんな巨乳な先輩知らんぞ?――などと思いつつ、視線は自然とその圧倒的な膨らみに。
 ニュートンよ、引力はこんなところにも働くものなんですね。残念ながら男たるもの、この引力には抵抗できません!

「私はこれを君に届けに来ただけだから」

 差し出されたものを見ると、なんとそれは今朝俺が失くしたと思っていた生徒手帳だった。

「え?――あ、俺の生徒手帳!! もしかして先輩が拾っていてくれたんですか!? すみません!ありがとうございます!!」

 俺は歓喜のあまり勢いよく頭を下げた。

「よかった。きっと失くして困ってるんじゃないかと思って」

 そんな俺に先輩は優しく笑いかけてくれた。
 まさかこんなところで聖母様に出くわすことになるとは……。俺はこの巨乳な先輩の優しさと推定Fカップくらいはあるのではないかという圧倒的なボリューム感に感動せずにはいられなかった。

「ホントありがとうございます! あ、そうだ! 何かお礼を――」
「いいわ。お礼なんて。私はただ落ちている物を拾っただけなんだし」
「そんな、でも!」
「いいの、本当に気にしなくて」
「うーん……じゃあ、今度何か困ったことがあったら相談してください! 助けになれることもあるかもなんで!」
「わかった。じゃあその時はお願いするね」

 そう言って、駒形先輩は再び優しく微笑んだ。

「それじゃあ、私はそろそろ行くね」
「はい、ありがとうございました!」

 ふと周りを見て見ると、教室を後にする先輩の後姿をクラスの男子全員がぼーっと目で追っていた。皆の衆、その気持ち分かるぞ~。
 それにしてもこの短時間でこのクラスの男子全員を虜にするとは……巨乳聖母、恐るべし。――と、そんな呑気なことを考えていたのも束の間。

「奏太君、今のはどういうことかしら?」
「!!」

 背後から冷え切ったその声を聞いた瞬間、俺の全身から血の気が引いた。

「そ、そう! 実はさっきの先輩が俺の落とした生徒手帳を拾ってくれてて――」
「さっき言ったわよね?『胸が大きい方がいいっていう発想はない』って」
「い、言ったかな……?」
「そのくせあんな脂肪の塊をいやらしい目で凝視して……。何か弁明があるなら聞きたいものね」
「い、いやぁ、その……」

 ……なごみさん、目が怖いです。笑顔なのに目が全然笑ってないんですけど……。

「奏太君、私に何か言うべきこと、あるんじゃない?」

 仕方あるまい。ここは男らしくしっかり謝って、ビンタを受け入れよう。

「すみません! つい出来心で!!」

 俺はクラス中が見守る中、潔くその場で土下座を披露した。

「奏太君」
「はい!」

 ビンタ……来るのか? 覚悟を決めて、顔を上げる俺。しかし、

「今日から一週間、私に絶対服従」
「……へ?」

 俺に与えられた罰はビンタなんて生易しいものではなかった。

「罰として、今日から一週間、私の言ったことには何でも服従――いいわね?」
「いや、さすがにこれくらいのことで“何でも”っていうのは……」
「いいわよね!?」
「了解です!!」

 勿論俺に拒否権はなく…。

「ドンマイ、奏太」
「クソ……なんて不公平な世の中なんだ……」

巨乳の引力に屈したツケは想像以上にデカかったようで……。これから一週間、俺の奴隷生活が始まることが決定した。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く