ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

そして俺達は、名実共にいわゆる”恋人”というやつになった。

波乱の中間テスト終了から一週間後。
 今回の一件の中で、実は付き合ってからまだデートすらしていないという事実を知った俺となごみは、本日遂に付き合ってからの初デートを実行することに。
 本来であればドキドキワクワク、甘酸っぱい青春の1ページを満喫するはずだったのだが……

「この炎天下の中、動物園とか……マジで死ぬ……」
「ほら、奏太君。何をモタモタしているの? それでも人間?ここにいる動物達でももっとキビキビ歩けるわよ?」
「いや、動物園って本来キビキビ歩くような場所じゃないと思うんだが……」

 カレンダー的にはまだ6月中旬だというのに、本日の気温はなんと驚愕の30度越え。こんな真夏日にデート場所に動物園を選んでしまうという大失敗。藤岡奏太史上ワースト3に入るくらいの失敗だ。
 動物大好きなごみさんはというと、張り切りまくりで朝からずっと園内を駆け回っているのだが、それに付き合わされている俺はというと、まだ昼前だというのに既にヘロヘロのグロッキー状態。まさに明暗別れるとはこのことだ。

「見て! 奏太君!! キリンよ!! 知ってる? キリンって一日に2時間くらいしか寝ないらしいわよ?」
「そ、そうか……ところでなごみさん? そろそろ休憩でも――」
「奏太君、次はパンダを見に行くわよ!? 普段はかなり人だかりが多い人気スポットだけど、お昼時の今なら多少は人も少なくなっているはずよ」
「あの……俺の話聞いてます……?」

 一面大好きな動物達に囲まれ興奮状態の彼女に、最早俺の声は届いていなかった。
 せめて普段学校で見せる“毒舌ドSモード”じゃなく、“素の状態”の優しいなごみだったなら、少しは俺のことを気遣ってくれたかもしれないが……。いや、コイツ興奮状態になると周り見えなくなるし、残念ながら変わらんだろうな……。
 ちなみに、なぜ我が彼女殿が二人きりなのに“素の状態”じゃないかというと、『ここは学区内だからクラスメートに遭遇する可能性があるから、念のため今日は“人前用”でいく』ということらしい……。もう一度言おう。マジで動物園デートは失敗だった……。

「あぁ、今なら小さい子供を連れたお父さんの気持ちがよくわかるぜ……」

 しかし、なんやかんや文句をこぼしつつ、悲鳴を上げる体に鞭打ち、楽しそうに数メートル先で振り返りこちらに手を振っている可愛い彼女を追いかける。まったく、俺って奴は……なんて健気なんだ。と、誰も励ましてくれないので、とりあえず自分で自分を褒めながら、上機嫌で先を行く彼女について行く俺であった。

※※※※

「マジでもう無理……もう一歩も動けん……」

 しかし、時刻も午後4時を回った頃。遂に俺のライフポイントが底を尽きた。
 閉園時間が近付いているということもあり、退場ゲートをくぐっていく客が大勢を占める中、俺達は比較的人通りの少ない、入退場門から少し離れたところにあるベンチに座り、休憩中。
 しかし、

「だらしないわね。普段から部屋に籠って毎日何時間もエロ動画ばっかり見てるからよ。少しは運動でもした方がいいんじゃない?」
「おい、勝手に俺の休日の過ごし方を“AV鑑賞”にするな」
「え、違うの? 私、今年の奏太君への誕生日プレゼントはAV1万円分にしようと思ってたんだけど……」
「よし! 今すぐにその計画は中止しよう! 実行したとしてもお互いに気まずい空気になるだけだから!!」
「大丈夫よ。私はそういうのに理解のある女だから。たとえ『このAV一緒に観ようぜ!』とか言われても気にしないから――まぁ、せいぜい軽蔑の目を向けるくらいかしら」
「気にしてるじゃん! それ、思いっきり気にしちゃってるじゃん!! 全然理解ある女になれてないからね!? っていうか、彼女と一緒にAV観ようとか言わねぇから!!」

 隣に座る少女からの嘲笑交じりの毒舌攻撃は留まることを知らず、俺のライフポイントは一向に回復しないまま時間は経過していき、

『間もなく閉園時間となります。本日はご来場いただきまして誠にありがとうございました。またのお越しを――』

 気付けば園内には閉園時間を告げるアナウンスが響き渡っていた。
 あぁ、これで初デートも終わりかぁ……。疲労は半端じゃないし、結局カップルらしいことって何もしてないよな……。まぁそれなりに楽しかったし、今回はこれで良しとするか。

「じゃあ、そろそろ俺達も帰るか……」

 あっけなく終わってしまった初デートの感慨に浸りつつ、疲れ切った体に鞭打ち立ち上がる。だが、

「ちょっと待って」
「うおっ!ちょっ!!」

隣に座る毒舌娘に強引に手を引かれ、俺は強制的に再びベンチへと座らされた。

「なんだよ急に――」
「……まだお礼をしてないわ」
「……は?」

 隣を見ると、そこには頬を朱に染めながら、まっすぐこちらを見ているなごみの顔が。――こ、これは……もしかして!?

「今日デートに誘ってくれたお礼……それからテストで一生懸命勉強を教えてくれたお礼、まだしてないでしょ……?」

 顔を赤らめ、俯き加減にチラチラと上目遣いでこちらを見上げてくる恋人。おまけに周りには人っ子一人おらず、二人きりというシチュエーション。
恥ずかしそうに手をモジモジさせているなごみの仕草、日が沈みムード高まる情景……これは間違いない! 待ちに待った“アレ”がくるに違いない!!

「お、お礼とか別にいいっつーの! 別に見返り目的でやったわけじゃねぇし!?」

 普段通りクールに振る舞おうとしているものの、緊張のせいか自分の意思とは裏腹に声は裏返り、目は泳ぐ。

「わかってる……それでも、ちゃんとお礼がしたいの――ねぇ、奏太君……目、瞑ってくれる……?」

 キタ―!!! これはもう間違いないでしょう!! 女の子が恥ずかしがりながら『目、瞑ってくれる?』なんてきたら、これはもうラブコメの王道、“お礼にキス”しかないでしょう!!! 俺は勝利を確信し、心の中でド派手なガッツポーズ。

「お、おう」

 そして、心の中の歓喜がバレないよう、必死に何でもないフリして言われた通りに目を閉じる。
 あれ? 俺、口臭とか大丈夫だっけ……? ヤベッ、昼飯ハンバーガー食っちまったじゃん。っていうか、俺の唇ちょっとカサカサしてね?
 そんなどうでもいい心配事をしながら待つこと数秒。おや? どういうことだ……?一向に唇に何かが当たる感触はしないし、それどころか、顔が接近してくる気配すらないぞ?
 いや! ちょっと待てよ!? まさか……ドッキリ!? 可能性は大いにある。相手は“素のなごみモード”ではなく、俺をからかうことが大好きな“毒舌ドS少女”。キスすると見せかけて目の前で笑い堪えているなんてことは十分考えられる……。
 クソ、俺としたことが! ちょっと都合が良すぎるなとは思ったんだよなぁ……。心の中で、決定的な場面を外したサッカー選手並に悔しさを露わにする俺。
 だがしかし、俺だって男だ! もう後には退けない! ――こうなれば強引に唇を奪ってやる!! 俺は決めたぞ! ――なごみよ、安易に俺をからかいその気にさせてしまったことを後悔するがいい!! と、なごみに仕返ししてやるため、目を開いたその時……

「なごみ! かくごぉ!?!?」

チュッ

俺の唇は何か柔らかいものによって塞がれた。

「……も、もう! いきなり口開かないでよ……! びっくりするじゃん……!!」
「!!」

 よく見ると、目の前には顔を真っ赤に染めて恥ずかしさで目を反らしつつも、チラチラこちらを窺う少女の姿が。
 そして、その少女はいつの間にか先程までの“毒舌少女”ではなく、素の状態の“波志江なごみ”になっていた。――あれ……?ビックリしたせいか、言葉が全く出てこない……。

「も、もしかして、嫌だった……?」
「い、いや、別に!?」
「そっか……ならよかった!」

 お互いに緊張と恥ずかしさでぎこちない雰囲気が流れそうになり、それを誤魔化すように先に立ちあがったのはなごみの方だった。そして、

「こ、これが今回のお礼よ! い、一応ファーストキスだったんだから感謝することね!」
「ぶはっ!」

 こちらを振り返り、頑張って“毒舌モード”に戻ろうとするも、それは口調だけ。顔を真っ赤に染めて完全に素丸出しのなごみのまま。その姿に、俺は思わず吹き出してしまった。

「ちょ、ちょっと! 奏太君!?」
「あはははっ! 悪い悪い! あまりにもいつものキレがなかったもんだから」
「……もう、知らない!!」

 尚笑い続ける俺に、ム―っと頬を膨らませ、ジト目を向ける俺の可愛い彼女。そんな昔と同じような光景に、お互い自然と緊張は解けていった。

「もう……まぁいいや――奏太君、これからもよろしくね」
「おう!」

 雨降って地固まる――今の状況にこの言葉が当てはまるのかはわからないが、一度危機的状況を経たおかげで俺達は遅ればせながら、いわゆる“恋人としての第一歩”を踏み出せた。
 そして、めちゃくちゃ苦労はしたが、俺は生まれて初めて中間テストという行事に感謝した。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く