ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

彼女のいない日々なんて……

翌日。本来なら解放感に満ち溢れ、テンションも通常の3割増しくらいになっているはずのテスト期間終了後、最初の土曜日だというのに、

「お兄ちゃん! もう11時だよ!? 早く起きなよー」

毎日たのしみにしている愛しの妹からのモーニングコールを受けている今現在でさえ、俺の心はブルーなまま。

「悪いが栞、お兄ちゃんは今落ち込んでるんだ。起きてほしいなら『お兄ちゃん大好き!』と言って抱きつくくらいしてくれなきゃ――」
「大丈夫、それなら起きなくていいよ」

可愛い妹からもぞんざいに扱われ、俺の心はさらに濃い青色へ……。再び布団を頭から被って起床ボイコットを継続した。

「もう! そんなことなら別れたりせずにコッソリ付き合ってれば良かったじゃん!」

 兄のそんな姿に栞は頬を膨らませてあきれ顔。――うん、さすがは我が愛しの妹。呆れ顔も可愛いな。
 まぁ、栞が呆れるのも無理はない。昨日なごみとの恋人及び婚約関係を一旦白紙に戻すことにしたものの、家に帰ってきてから徐々にダメージが蓄積されていき、気付けばこの様。
 え? 昨日なごみにあんなに調子の良いこと言っておいて、落ち込んでんじゃねぇよ! って? 仰る通り。全く反論のしようもございません……。俺自身、自分にこんな乙女な一面があったのかと、驚きを隠せない今日この頃である。

「栞……残念だが、男には自分の気持ちを押し殺してでもやらなきゃいけないことがあるんだよ……」
「いや、そういうカッコいいセリフはせめて布団から出てから言って欲しいんだけど」

 ちなみに、なぜ栞が俺となごみが別れたことを知っているかというと……

「っていうか、お兄ちゃんもなごみちゃんも二人して私のこと頼り過ぎじゃない?」

昨日なごみから、『今日奏太君と別れることになりました。しばらく距離を置くことになるので、奏太君に何かあった時はよろしくお願いします』というメールを受け取った栞に問い詰められた俺に黙秘権の行使は認められず、洗いざらい白状させられたというわけだ。

「そ、そうだな。なごみには俺から、『うちの可愛い妹に迷惑を掛け過ぎるなよ』って伝え――」
「お兄ちゃんもだよ!」
「お、おう……」

 おかげで栞の俺に対する当たりも3割増しになっている気がするのだが……気のせいだろうか? と、妹までもがまさかのSキャラになってしまうのではないかと内心心配していると……

「っていうか、お兄ちゃんも、なごみちゃんも、そんなに寂しいなら電話とかラインとかすればいいじゃん」
「……え?」

その妹の口から予想外の言葉が飛び出した。

「い、いやいや、栞。俺となごみはもう恋人関係でも婚約者でも――」
「でも、幼馴染なのは変わらないでしょ?」
「!!」

確かに、一理ある……。

「一応別れたわけだし、お兄ちゃんが波志江おばさんの出した条件を守るつもりなら休日とか放課後とかに二人で会うのはグレーゾーンだけど……電話とかラインまでは気にする必要ないんじゃない? だって、恋人とかじゃなくても“幼馴染”なら電話もラインも普通するでしょ?」
「なるほど……。確かに“別れろ”とは言われたが“一切関わるな”とは言われてない。つまり友達同士でもやっているようなことなら特に問題なしってことか!」

 突然降ってきた希望の光に、俺は頭から被っていた布団をはねのけ、勢いよく起き上がった。
 つまり、一時的に別れたとは言っても電話もラインもできるし、学校にいる時は普通に喋れる。さらに一緒に弁当を食べることも……。

「なんだよ! 結局別れたところで付き合ってた頃とほとんど同じことできんじゃん!!……って、あれ?」

が、しかし。ハイテンションになりかけていた俺は、不意にあることに気付いてしまった。

「ただの幼馴染に戻ってもほとんど付き合ってた頃と変わらないって…もしかして…」

 振り返ってみればなごみが転校してきたからというもの、新町達から目を付けられて……二人揃って拉致されて……栞と一悶着あって……なごみの母ちゃんが出した条件をクリアするために懸命に勉強して……

「俺達、付き合ってから恋人らしいこと何もしてねぇじゃん!!」

初体験どころかキスすらしてない! ――いやいや、っていうかそれ以前にハグも手繋いで下校したりもしてないぞ!? つまり……

「俺は彼女持ちという立場にありながら、男としての経験知を何も積むことなくその立場を追われてしまった愚か者だということか……!!」

ガクッ…
俺は膝から崩れ、地面に両手をついた。

「あの……お兄ちゃん?」

 俺とて男のはしくれ。常日頃から下ごころは持ち合わせていたはず。チャンスもあった。それなのに……俺はそのチャンスを不意にしてしまっていたのだ。全く俺って奴は……。悩みの種があったり、キャラの変わったなごみへの振る舞い方に戸惑ったり、問題に巻き込まれたりといろいろ事情があったにしろ、男として不甲斐ないにも程があるだろう……!!

「俺としたことが! なんたることだ!!」
「あの、お兄ちゃん? 聞いてる?」

 悔しさからか気付けば地面を叩きつけていた。俺は間抜けにもチャンスをフイにし続けていたんだ……。チャンスはいつでも与えられるわけじゃないのに……。そして、次のチャンスは最短でも3カ月後……。

「クソッ! こんなことなら雰囲気とか関係なしにキスくらいしとくべきだった!!」
「……うん。これはしばらく放置するしかないね」

と、妹に見捨てられているのに気付かず、一人後悔の念に駆られていると……

ブーブーブー

不意にスマホのバイブ音が。

「これ、お兄ちゃんのスマホじゃない? 私のスマホは自分の部屋だし」
「ん?」

 栞に指摘され、ふと自分のスマホを見てみると、

「ああ、確かに俺の方にライン届いたみたいだ――て、えっ!?」

そのラインの差出人は、ある意味俺達兄妹の中で話題沸騰でありながら、全く予想外な人物だった。

「なごみの……母ちゃん!?」

その予想外の差出人の名に、思わず目を剥きながら肝心の内容の方を見てみると……

『奏太君、元気かな? ところで、この前約束した条件のことだけど……君、何か盛大に勘違いしてるみたいだから、ちゃんと説明してあげる(笑)これからうちに来なさい』

そこには俺を困惑させる内容が……。盛大な勘違い? どういうことだ? まったくもって意味が分からん。
 そもそも、この“勘違い”の内容が俺にとっていいことなのか悪いことなのか……それすら分からず、思わず顔をしかめた。だが……

「……まぁ、とりあえず、行ってみなきゃ何も分かんねぇよな」

俺はそのラインに『了解です』と短く返信し、

「悪い、栞。ちょっと行ってくるわ」
「え、ちょっと! お兄ちゃん!?」

居ても立ってもいられず、このラインの差出人の待つ波志江家へと走った。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く