ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

そして…案の定事件は起こった。

「うお!もうこんな時間か!そろそろ戻らねぇと」

 昼休みというのは短すぎないだろうか?
 そんな疑問がつい口をついてしまう今日この頃。現時刻は12時50分を回ったところ。5時間目開始まで残り10分。移動の時間なんかも考えればそろそろここを出た方が良さそうな頃合いだ。

「あら、もうこんな時間なのね」
「おい、何ナチュラルに俺の携帯見てんだよ」
「いいでしょ、別に?減るもんでもないし」
「いや、減らないからっていいってもんじゃねぇから!っていうか自分のスマホ持ってんだろ?自分の見ろよ」

 コイツはプライバシーというものを理解していないのだろうか。

「それは無理な相談ね。だって私の携帯は今教室に置いてあるんだから」
「教室にスマホ忘れてそんな落ち着いてる奴初めて見たわ。お前スゲェな」

 このスマホ依存社会と言われている現代日本。恐らく大半の人間はスマホを失くしたと気付いた瞬間冷静ではいられないだろう。

「別に私もスマホを失くしてたら多少なりとも慌ててるわ。――言ったでしょ?“置いてある”って」
「…いや、なんでそこでドヤ顔なんだよ。っていうか、貴重品はちゃんと持ち歩けよ。今の時代、貴重品の管理は全て自己責任。失くしたり盗られても『ちゃんと管理していないあなたにも落ち度はありますよ?』って言われる世の中なんだぞ!?」
「…とりあえず、奏太君が貴重品をなくしたことがあるのは分かったわ。ご愁傷様」

と、そんな下らないやり取りをしていると、

「お~い、二人ともいつまでイチャついてんだ~?早くしねぇと授業始まるぞ~」

気付けば時計の針は12時55分まで進んでいて。

「ヤベッ!っていうか、陽平、置いてくんじゃねぇよ!」

俺達三人は慌てて屋上を後にした。

※※※※
「次の授業ってなんだっけ?」
「確か保健じゃなかったか?」

 しかし、ギリギリとはいっても別にダッシュするほど急ぐ必要はなく。俺となごみは先行していた陽平に追い付くと、気持ち速めのペースで雑談しながら自分達のクラスへと歩いていく。

「あら、奏太君の得意科目じゃない。よかったわね、ムッツリ博士」
「誰がムッツリ博士だ。何の根拠もなく誤解を生むようなあだ名をつけるのはやめろ」
「あら、証拠ならあるわよ?奏太君のスマホにあったマニアックなエロ動画の数々…どう考えても変態だわ」
「おまっ!見たのか!?俺の携帯見たのか!?」

 いつの間に!?いや、大丈夫。確かに俺のスマホにはエロ動画が入っているがあれくらい高校生男子なら普通だ。巨乳モノとか巫女さんモノとか普通だよね!?そうだよね!?
体中から大量の汗を流す俺。

「見てないわ。でも少なくとも奏太君のスマホにかなり怪しい大量のエロ動画が入っていることは確認できたわ」
「…誰か、この誘導尋問官を俺から遠ざけてくれませんか?」
「ははっ、やっぱお前ら面白いわ!」
「どこがだ!」

そんな他愛ない会話をしながら教室の扉を開けると…

ガラガラ

「?」

教室に入った瞬間、俺達はその異様な雰囲気に気が付いた。

「…あなた達、さっさとそこをどいてくれるかしら。そこは私の席よ」

 なごみの席の周りに不自然にできた人だかり。他の生徒はあからさまに目を反らし、『自分は関係ないから』と主張している。

「ああ、ごめんごめん」
「ごめんね~、ちょっとお話に夢中になってて」

 そんなことを言い、クスクスと嫌な笑みを浮かべながらなごみの席を囲んでいた生徒たちがその持ち主へと道を空ける。
すると…

「「「!!!」」」

そこに広がっていた光景に俺たち三人は目を剥いた。
 椅子はひっくり返され、机の中の教科書類はそこら中に散らばっており、机の上には昼飯の残飯がぶちまけられていた。

「おい!なんだよ、これ!!」
「お前ら、こんなことしてタダで済むと――」

 その惨状に俺と陽平が周りのクラスメイト達を睨み付け、糾弾するため声を張り上げようとするが…

「言ったでしょ?手助けは不要よ」

それは本件の被害者本人によって遮られた。
『これくらいは想定内』と言わんばかりの目をこちらに向けるなごみ.
 すると…

「あれ~?波志江さん、これどうしたの~?かわいそう~」

後ろから転校してきたばかりの彼女にとっても聞き覚えのある声で挑発が。
 振り返ると、案の定そこにはこのクラスの女王が嘲笑を浮かべて立っていた。
――新町エリカ…やっぱりコイツか。

「どこの誰だか知らないけど…これはあなたがやったってことでいいの?」

 目を細く鋭くしながら皮肉交じりに事実確認するなごみ。しかし…

「はぁ?私がこんなことするわけないでしょ?証拠もないのに勝手に犯人扱いしないでくれる?」

新町が素直に犯行を認めるわけもなく。
 周りの連中も彼女の取り巻きか、関わりたくないと目を反らす奴ばかりで口を開くものなど皆無。十中八九この女の仕業なのだろうが…残念ながらこの女の言うとおり証拠がない。

「ほら、私がやったって言うなら証拠出しなさいよ、証拠を!」

 さらに挑発的に煽る新町。しかし…

「テメェ…何が証拠だ――」
「わかったわ。それじゃあお言葉に甘えて証拠を見せてあげる」

頭に血が上った俺の言葉を遮り、なごみは余裕の表情を浮かべ、フンっと鼻で笑った。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く