ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

ドSな毒舌キャラには何かワケがあるようで…

「あ~危機一髪だった…」

クラスの女王・新町エリカとの衝突を避けるため、当事者のなごみを連れて教室を飛ぶ出し、人気のない非常階段までやってきた俺は、とりあえず安堵していた。

 さて、これからどうするか…
新町エリカ――クラスの女王的存在にして中学時代のなごみを知る数少ない人物…。
大方昔は大人しかったなごみが急に高圧的な毒舌キャラになっていたもんだから、目障りだったのだろう。
 ぶっちゃけあの場は逃れたが、こんなのただの問題の先送り。どうせいつかは同じ状況になるに違いない。
 ここは適当に謝って済ませておくのが無難なんだろうが…

「何?全身を嘗め回すような目で見るのは遠慮してもらえるかしら」
「いや、そんな目で見てねェから。むしろため息交じりに頭抱えながら見てたから」

今のコイツの調子でそれは無理だろう…と、一人頭を悩ませていると、

「それにしても奏太君が性欲魔人になっているとは予想外だったわ。久しぶりに再会して私のかわいさに欲情してしまったのは仕方ないけど、まさかいきなり人気のないところに連れ込むなんて…」
「そこ!勝手に勘違いしてゴミを見るような目で見るのは止めろ!っていうか、お前の変貌っぷりの方が予想外だよ!」

 当の本人は全く気にしていない様子で俺をからかってきた。
 むしろ昔は俺がからかって、なごみが拗ねるのがお決まりだったのに…。
というより、何で俺はこんな小バカにされながらコイツのことを心配してやらにゃならんのだ!大体こんな180度性格の変わってしまった毒舌女のことなんて好きでいられるわけ――

「奏太君」
「あ?なんだ――」
「大好き!」
「~~~」

……うん。まぁ、好きでいられるみたいですね。そして、コイツのことが好きだから心配したくなっちゃうんだろうね…。
どうやら俺はこの急激で残念極まる変化を目の当たりにしても、なごみのことを嫌いにはなれていなかったらしい…。
 自分が一度惚れてしまうと冷めにくいという困った性格の持ち主だということを自覚させられた俺は、自分の意外な一面に、最早頭を抱えることしかできなかった。

「どうしたの?もしかしなくても私に見惚れちゃった?」

 でも、あの頃のコイツ、本当に可愛かったんだけどなぁ。

「…お前、ホント変わったよな…っていうか変わり過ぎじゃね?」

 俺はかつての100点満点だった彼女に思いを馳せつつ、ため息をついた。すると…

「あら、今度はセクハラ発言?訴えられるわよ?」

返ってきたのがこのセリフ。…うん、この子は何を言っているのだろう。

「…おい、今の発言のどこにそんな要素があったんだよ」
「とぼけても無駄よ。まぁ、確かにかなり変わったのは事実ね。この4年間でかなり大きくなったもの」

視線を下に落とし、そんなことを口走りながら自分の控えめな胸(推定Bカップ…いや、Bもあるかどうかすら疑わしい)を揉みしだき、一言。

「ジロジロ見て…全く、いやらしい…」
「いや、お前だから!確実にいやらしいのはお前の発想だから!!っていうか、お前のそんなつつましやかな胸誰も見てねぇから!!」

ま、まぁ、全く見ないというのも逆に失礼だし?あくまで社交辞令として、多少は見てなくもないですね、はい。

「本当に見てない?」
「と、当然!」
「神に誓って?」
「…そ、そうだな」
「正直に言ったら触らせてあげるって言った――」
「すみません!めっちゃ見てました!!」

神様ごめんなさい!自分、欲望には忠実でいたいッス!!――俺は迷わず食い気味に土下座した。
ここには他に誰もいないし、この程度で胸が揉めるなら安いくらいだ。高2男子の煩悩舐めんなよ!?
 しかし…

「…正直ここまで必死にやられるとドン引きだわ。ほんと救いようのない変態ね」

次の瞬間、待っていたのは柔らかな桃源郷ではなく、幼馴染からの蔑んだ目と罵倒だけ。

「この裏切り者めー!!」

 非常階段には俺の悲痛な叫びが響いていて、

「ふふっ、やっぱり直接会って話すと楽しいね」

不意に時間が巻き戻ったかのように、目の前には俺のよく知るなごみの昔と変わらぬ笑顔があった。

「なんだよ…今までのは演技か?っていうかやっぱりお前はそっちの方がいいと思うぞ?」

そんな懐かしい笑顔に、思わず顔が熱くなる。
しかし…

「いえ、別に演技ではないわ」

その笑顔は一瞬だけ。すぐに先程までの姿に戻り。

「それに、そう簡単に昔の私に戻るつもりもないわ」

そう言った波志江なごみに、ふざけた様子は一切なかった。

「は?どういう――」
「それと、今回助けてくれたのは嬉しいのだけど、今後新町さんに何かされても昔みたいな手助けは必要ないわ。自分で何とかできるから」
「は?お前何言って――」
「お願い…手出しはしないで…」

彼女の瞳には“ここだけは絶対に譲れない”という信念のようなものがあるような気がした。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く