ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~

うみたけ

早速トラブル・・・

「じゃあ、あとは次の授業まで好きにやってくれ。じゃあな」
「あ、先生!どこ行くんだよ!!」
「アイツ逃げる気だぞ!!」
「悪いな、先生はこれから職員会議があるんでな。それじゃあ!」

 なごみの衝撃の告白にまだざわついている生徒達を尻目に、逃げるようにさっさと教室を出ていく先生。
"あくまで仕事。生徒のプライベートまでは知らんし、面倒事は御免だ"という彼のスタンス、俺は嫌いじゃないぜ?
――と、今は呑気にそんなことを考えてる場合じゃなかった。

「なぁ、奏太。今波志江さんが言ったことって本当なのか?」

すぐ前に座る陽平を皮切りに、

「藤岡!お前にあんな可愛い許嫁がいたなんて聞いてねぇぞ!!」
「藤岡!この件、詳しく聞かせてもらうぞ!!」

案の定、なごみの発言の巻き添えを食う形で男子に囲まれ質問攻めを受ける俺。
 一方、その発言をした張本人はというと、

「ねぇねぇ、ちょっと波志江さんに藤岡君とのこと聞いてきてよ」
「嫌よ。さっき波志江さん、『うるさい人は嫌い』って言ってたじゃん。絶対答えてくれるわけないよ」
「あなたが聞いてきてよ。どうせ気になってるんでしょ?」

 話し掛けたいが話し掛けづらい相手という印象を持たれ、一人で自分の席へ…。
早速ぼっち街道を走り出していた。
 …まぁ、あの自己紹介の後じゃこうなるわな。
 っていうか、アイツメールのやり取りでは普通だったのに、いつの間に毒舌キャラに路線変更してたんだよ!――いや待て!まだ『全部ドッキリでした!テヘっ!』という可能性も...

「ちょっと、そこのあなた達。私の方をチラチラ見ながら丸聞こえのヒソヒソ声で陰口を叩くの止めてくれる?あなた達の存在同様、不愉快極まりないわ」
「なっ!?」

…いや、どうやらドッキリの線は薄そうだな。ホント何がとうなってんだよ…!!
――と、一人頭を抱えながらため息をこぼしている俺だったが…

「ちょっとアンタ、何調子に乗ってんの?」

一つ大事なことを忘れていた。
 カースト最上位に位置し、このクラスの女子を牛耳るギャル、新町エリカが仁王立ちでなごみの前に立ちはだかっていた。

「…何?勝機私からすると、そういう発言をするあなたの方が余ほど調子に乗っていると思うんだけど?」

ヤバい!早速始まってるし!!

「悪い、後で話すから!!」
「お、おい!」
「くそっ!コイツ逃げるぞ!!」

 俺は取り囲む男子達を押し退け、一触即発の現場へと急行した。そして...

「はぁ!?アンタちょっと見ない間に何イメチェンしてんの!?ぶっちゃけキモいんですけど」
「あなたこそいつまで昔の話をしてーー」
「なごみ!ちょっと来い!!」

睨み合う二人の間に割って入ると、

「そ、奏太君!?」
「ちょっと、何邪魔してんのよ!」

なごみの腕を掴み、俺の行動に驚くなごみを半ば強引に教室の外へと連れ出した。

「ACT(アクト)~俺の婚約者はSな毒舌キャラを演じてる…~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く