tristezza

SUZUKI

délectable ⒈

思い出したいか?と聞かれても「はい」とは言わないだろう

忘れたままで良いか?と聞かれても……

いや


俺には分からない


「何」を忘れているのか「ダレ」を忘れているのか
  

すると「なに」かが語る

「rghtdrdgyvtdegbke」


夢が終わる…さっきの夢は何だったのか、
考えても分からないので
そんなことは、どうでもいいと自分に言い聞かせて寝床から重い体を起こす。
あと一刻程寝ていたいな…など考えながら欠伸をもらす
するとさっきの夢の「ナニ」かの言葉がふと思い浮かんだ。

「rghtdrdgyvtdegbke 」

外国の言葉だろうか…
漢字などもあまり分からない俺に
外国語等分かるはずなく1分ほどで考えるのを辞めた。


すると居間から低い声が響く。










「tristezza」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く