tristezza

SUZUKI

lette1

学校への準備と言えば
「鞄 教科書 文道具」などが一般だろう。
だが俺の行く学校は普通の学校とは少し…結構違う

まぁ学校の話より俺の話をしよう。
俺の齢は12…聞いた話によるとだが、
何故自分の齢が分からないのか?そう思う輩も居るだろう

俺も詳しくは聞いてないのだ。
自分の事なのに可笑しな話だろう。
まぁ、聞いてないと言うより誰も詳しくは「解らなかった」
のだ。

三年程前に俺は捨てていられた。
明日俺が入るという「変わった学校」の前にだ。
その時、俺を最初に見つけたのは藤樹先生で学校に入ったばっか
だったらしい。


俺を引き取ったのには2つ理由がある。
一つ目は俺が明日入る「変わった学校」が関係している。
二つ目は手紙だ


「tristezza」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く