tristezza

SUZUKI

prologue

これはある少年の話




昔、百年程前、たしか大正の頃の出来事だ
すごく長い出来事だった様に思うが
今思えば私が生きた時間と比べれば短い事だった。
だが私の無駄に長い人生の中でこの出来事は
物凄く綺麗で儚い裏切りだった。  


「tristezza」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く