裏切ってみた

ひじり。

第一話

「今日も良い天気だなぁ♪」

あ!もうこんな時間!急がなきゃ!!

と、その前に自己紹介が遅れちゃった、(汗)

えっと、私の名前は速水雷音!

お芝居が大好きなごくごく普通の女子高生してます!!

よろしくお願いします!ニコッ



………ってのが私の表ね。おk?

うっといこと避けたりとか人間関係めんどくなんないように猫被りJKやってまーすw

でも、今回はこんな私がめんどいことしちゃうんだけど?



どういうことかって?

あー、ま、先に言っちゃってもいいよね。


私、どうしてもお芝居がしたかった。

だから、地元から遠い県外の高校入学したんだよね。

でも、普通に考えて家から通うことは不可能。

で、今シェアハウスに住んでんだけどさ、w

そこで『「裏切り者』」を作りまーーすw


私、計算高い腹黒猫被りJKでさ?w

私の計画はほぼ計算通りに進む。

だから今回も絶対失敗しないから。



おーっと、時間やばいんだった。

はよ行かな。

まあ、こう見えて優等生なんで?w

絶対遅刻とかありえないんで?w




-ガチャ-


「行ってきー」

返事なんて…来ない。

もう慣れたけどねww




......................................................



?「雷音!おはよ!!」

来た来た。こいつが裏切られる可哀想な可哀想な奴w

成瀬胡桃。まぁ、入学時に仲良くなった子だよねw

雷「くーちゃん!おはよ!」ニコッ

あ、一応言っとくけどこれは外面ねw

胡「今日からだぁぁぁ!」

あれ?間違えてない?

今日「まで」じゃないの?

楽しい楽しい学校生活wwww

雷「そうだね!くーちゃん来るの楽しみ〜」

胡「緊張するなぁ!」

時々来るぶりっ子がうぜぇんだよな。

ま、そんなの気になんないくらい楽しくなっちゃうけど?クスッ

雷「大丈夫だよ、みんな優しいから!」ニコッ

胡「ほんと!?馴染めるといいなぁ!」

せいぜい楽しめよ。最後の一日をw




......................................................



お、学校じゃん。やっと着いた。


モブ子「雷音ちゃん!おはよう!」

モブ美「雷音おっは!」

モブ男「速水、おはよ」

モブ香「雷音ちゃぁん勉強教えてぇ(泣)」

モブ助「おはよう速水。」

モブ郎「雷音おは今日も可愛いね」ウインク

うわー、うるさ。まじうるさ。

しかもなんか無駄にモブ郎チャラくねww

ま、これぞ人気者の力よw

私が人気者になるよう優しくしてたのも今日のため。

はーぁ、みんな馬鹿すぎっしょw

モブ子「あ、、えっと、成瀬さんもおはよ…」

胡「おはよぉ!」ニコッ

おいおい、勘違いすんなよ?

引かれてるんだぞ?w

気ぃ使って挨拶してくれたんだぞぉ?w

気付こうよ?胡桃ちゃあんww

モブ男「速水ー、宿題教えてー」

モブ香「先に私だよ!!」

いや、そこ張り合うとこじゃねえしw

私の取り合い辞めろよw

しかもこんな低レベな問題教えてとか馬鹿すぎwww

まぁ?優しい優しい雷音ちゃんは?

ちゃーんと教えてあげるけど?www

雷「良いよ良いよ!教室行こ!」ニコッ

ちなみにここ靴箱。ww

靴箱にいるだけで人集まるとかどんだけ人気だよw私www


おっと、ここで大事な一手!

雷「くーちゃ、ごめんね…」

胡「ううん!大丈夫だよ!また後でね〜」ニコッ

バランス取るのよ。バランス。

これ大事だからw



先「HR始めるぞ〜席付け〜」

いや、まだだーれにも教えれてないんすけどww

とりあえずごめんって感じの悲しげな表情で見つめとけばいっかw


雷「…………ジーッ(ごめんね)」

モブ香「大丈夫だよ!」(口パク

モブ男「………」( ᐛ )و

いや、モブ男の何wwww





......................................................



-キーンコーンカーンコーン-

あ、昼じゃん。弁当弁当♪

……今日胡桃と食べる日じゃん。だるw

まあー、行くか。

雷「くーちゃん!ご飯食べない?」

食べよ!じゃなくて食べない?が大事!

胡「食べよ!食べよ!」ニマァ

その無駄にイラつく幸せそうな笑顔も今日までよ?w



-パクパクパクパクパクパk-

美味しい…

雷「ごちそうさまでしたー!」

胡「雷音、相変わらず食べるの早いねー!」

お前がトロイだけだよwwww

雷「んー…そうかな?」



-キーンコーンカーンコーン-

胡「あ!そろそろきゅーけー終わるよお!!」

え、待ってwキッモwwwwwwww

草生えすぎるw

耕して畑にして植物育てれるくらいの面積で草生えてるよ?w





......................................................



先「はい。じゃあー、成瀬」

お、胡桃じゃんw

先「この問題解いてみろ」

答えれるかなァァ?ww

胡「え、えっと、ええっと、、」

無理だと思ったよw助け舟出したるか〜ww

雷「42の三乗だよ」ボソッ

胡「え、あっ、42の三乗です!」

はい、これでみんなからのポイントが上がる〜w

こいつが馬鹿で良かったわwww

先「速水〜お前賢すぎだろ!でも今は成瀬だぞ!」

だっりぃなw

雷「すみません…成瀬さんが困ってたのでつい……」シュン

落ち込み気味に言うのポイントな?w

したら、ヤツ(先生)は……

先「まぁ、解けるなら良いか」

となるーwww

はい、勝ち誇りーーーww

ま、人は単純ってことよww

あ、もうすぐ授業終わるじゃん。はよ帰ろ。




-キーンコーンカーンコーン-

先「これで終わる。」

一気にみんな私のとこ来るんだよなぁw

モブ達「「放課後遊ぼ!」」

わー、仲良いねーまるで小説みたーい(棒)

雷「ご、ごめんねッ今日はちょっと……」シュン

かーらーのー?w

雷「あ!じゃあ明日みんなで遊ぼ!」ニコッ

違う日を具体的に言うのは効果的。キリッ

モブ達「「よっしゃ/やった!」」

いや、皆さん声出ちゃってますよ〜?w



さてさてー、あいつのとこに行かないと。

超絶楽しみすぎて禿げる。

雷「くーちゃん?一緒に帰ろ…!」

胡「うん!行こ行こ〜!」パァァッ

うざいうざいその笑顔w

ま、いっか。

雷「くーちゃん!荷物運び手伝うよ?」

と、信頼ポイント高めていく〜w

胡「ううん!大丈夫だよ!もう運んでもらってるの!」ニコッ

いや、ここは私が重いものを持ってシェアハウスのメンバーからのポイントを稼ぐとこでしょ?w

雷「そっか!あ、着いたよ!」ニコッ

胡「もう内装は偵察済みなのだ!」ドヤッ

いや、ドヤってるけど、それじゃ、偵察になってなくない?w

偵察ってのはこっそり探ることだよ?w

頭大丈夫ですかあああ?wさすが馬鹿だなw

まあ、こんなこと口が裂けても言わないけどw

雷「くーちゃん流石!天才!!」

胡「でしょ!?」ドヤッ

雷「どうぞ!中へ!」ニコッ

とりあえず流すのが一番w



胡「お邪魔しまぁす!」

いや、緊張の欠片もねえのかよお前はw

ここは私の番だな!キリッ

雷「みんなぁぁ!来たでーー!」(叫



-ドドドドド-

一斉に下りてくるのが分かる。w

うるさ。うるさ。あーうるさ。(三回目)


?「君が胡桃?宜しくね!!」ニコッ

おいおい、いくら高身長イケメンでもいきなり呼び捨ては許されんぞw

胡「は、はいッ//」ニヘ

いや、お前は照れるんかーい

そしてかわい子ぶってんなww

雷「ちょっと?いきなり呼び捨ては失礼でしょ!?」

と、一応庇う(?)的なw

?「雷音!いたんだ!」

いや、ひどwww

お前は私の声で下りてきたんじゃねえのかよw

?「とりあえず上がらせろよ。」

雷「あ!確かに!くーちゃん上がって!」ニコッ

胡「うん//」ニコッ

まだ照れてたんかーいw

まあ、ここ女子少ないけど顔面偏差値高いからなww





......................................................



-inリビング-




胡「えっと、改めまして、成瀬胡桃ですッ!お願いします!」ニコッ

おー、緊張してる様子ーw

緊張の欠片拾い集めてきたみたいですねーwww

よーし。ここは私が空気をほぐす(?)か!w

雷「なんか空気重いぞー?どうせみんなほとんど同じ歳だし気軽に行こうよ!」ニコッ

こういう時の人気者の発言って意外と楽になるんだよなぁw

?「そうだね!」

?「てかwほとんどってwwww」

私何も面白いこと言ってないんだけど?w

?「とりあえず俺らも自己紹介するか。」


おー、自己紹介タイムっすね?w





里「僕は前原里叶です!」

こいつはキャラ作りのために敬語。

可愛い系男子だけどたまにチャラい。




月「ボクは水川月琉!宜しくね!」ニコッ

水繋がりもあり(?)私とすっごい仲良い。

ボクっ子でとにかく可愛い。




憂「白羽憂。よろしく」

こいつは常にボーッとしている。

何考えてんのか分かんないけど大事な時はちゃんとしてる。




翔「瀬乃翔。まー、よろしくな」

こいつはただのちび。

生意気な小学生くらいにしか思ってない。




時「俺は氷室時雨!よろしゅうな!」

こいつはお調子者。

時々腹立つけど優しくて面白い。




叶「俺は東野叶音!よろしくな」ニコッ

こいつは女みたいな名前しときながら無駄にイケメン。

でも、声は高い。そして背も高い。




龍「美丘龍。よろしくするつもりは無い」

こいつは口悪くて無愛想だけど実は誰よりも優しい。

でも、口の悪さと無愛想なせいでよく誤解されて大変そう。




は「えっと、愛川はるあです!よろしくね!」

この子は月琉と並ぶくらい可愛い。

とにかく可愛い。ただそれだけ。




雷「で、私…は知ってるか!」

そう。ここでも場の雰囲気を明るくする。



胡「成瀬胡桃です!よろしくお願いしまふ!…あッ//」

計算高w私と同じくらい計算高いよw

は「胡桃ちゃん緊張しすぎ!」

翔「まあ、気軽にやってこーべ」

いや、やってこーべって何?w

胡「はいッ!!」ニコ

嬉しそうだなぁwそれも今日までw

このセリフ何回目?w

時「wwwwwww」

時雨なんか無駄にツボってるしw


胡「えっと、私のお部屋は……」

お部屋ってwwおって何wおwwww

雷「私案内するよ!」ニコッ

月「さっすが雷音ちゃん!!」パチパチ

可愛い。ただひたすら可愛い。




......................................................


-ガチャ-

雷「ここだよ!」ニコッ

胡「ありがとう!!」

雷「荷物納めるの手伝うよ!」

はいwポイント上げていく〜w





......................................................



-ガチャ-

憂「遅かったな」

雷「荷物片してたの!」

胡「お礼したいから後で部屋行ってもいいかな…??」

お礼?部屋?なんかおかしくない?

ま、いっかw私の部屋盗聴器あるしw

なんで盗聴器あるかって?

それは憂しか知らないんだなーw

多分また後で話すからそう焦んないでww

は「ご飯だよ〜!」

はるあの可愛い声!行かなくては!w


全「『いただきます!」』

んー、やっぱはるあの料理最高!

里「この真っ黒なの何ですか?」

龍「見りゃわかんだろ。唐揚げ」

え、ごめwただのごmにしか見えなかったわwww

胡「雷音!これ美味しいよ!!」

雷「たくさん食べてね!!」ニコッ

ま、龍の料理は見た目より味だからねw




......................................................



全「『ごちそうさまでした!」』

お腹いっぱいすぎてやばみが深いよってw

翔「部屋戻るか〜」

時「ゲームしよーよ!!」

お前はゲームより勉強だろw

胡「雷音…あの……」

あー、お礼ねお礼。

お、裏切り者に出来る絶好のチャーンス到来!

え、待って、胡桃ナイスすぎん!?w

雷「あ、OK!」ニコッ

は「はい!私もゲームしたい!」


みんな賑やかな中私と胡桃は部屋に行くってなんか悲しw

はるあがするなら私もしてえよ(泣)w

まあいいや。これから楽しくなるし…?ニヤッ

計画はバッチリ。

さあ、楽しませてよ?胡桃ちゃん?




......................................................



-ガチャ-

胡「あの、雷音!さっきはありがとう!」ニコッ

うっざい笑顔とはばいばいねw

雷「良いよ良いよ!」ニコッ

胡「お礼…させて欲しいんだけど、、」

言うこと聞いてくれるとか?

超ありがたいwwww

雷「お礼なんて良いよ!」

って言ってもこいつが簡単に引かないの知ってっからさぁw

胡「ううん!お礼させて?」ニヤ

え、ちょ、嫌な予感する……

てか、嫌な予感しかしないのだが!

胡「ねぇ、雷音〜」

雷「ど、どうしたの?」ニコッ


-スーッ-

え、、

胡「裏切り者になってよ。」ニコッ

なんで、、私が…!?

胡「うふふ……あははははwその絶望しきった顔w最っ高ww」

雷「な…んで…」

ちょっと待ってよ…

胡桃が自分で腕切って私は無傷って絶対何言っても信じて貰えないじゃん…!!!

絶対私が犯人扱いじゃん!

胡「じゃないとォ…みんながどうなってもォ…」

みんな……??

ハッ

みんな…!!

胡「知らないよ?」ニヤッ

だめ!みんなは私が素で好きな人たち!

その人達に危害が加わるのは絶対にいや!!

雷「わ、わかった…から、関係ない人に手、出さないで……」

お願い……

胡「じゃあ、決定ね?ちゃんとやってよ?裏切り者さん♪」

私って、

雷「う…ん」

素で大好きな人達が…大切な人達が関わると

胡「…」ニヤッ

こんなにも、

雷「……ッ」

弱くなっちゃうんだな……。

胡「キャァァァァァァァア!!!」


何で……こうなっちゃったの…










                                       ∇続く∇

「裏切ってみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • なぁたん

    すごい

    1
  • 樹原ヰ成

    なんか凄い好きです(語彙力)

    1
コメントを書く