擬人化魔法!〜ハーレムでウッハウハ〜

雅蛇

20話目:俺は、夢を見ているらしいです。

「うぅん!実に美味しかったぞ!」

 今の状況を説明しよう。
まず、この妖狐である葉瑠狐はるこは、記憶を失い勝手に俺の家に入ってきて、なぜか。雛美と仲良く(?)なっていて、お腹がすいていたから、食べて今の状態である。
ちなみに、このことはまだ、結愛に言っていない。

「で?お狐さんは、俺たちに何をして欲しいわけ?」

「あぁ!そうじゃった!ワシは、お主たちにワシの居場所を一緒に探してほしいのじゃ!」

「「「断る!」」」

 雛美以外否定した。

「なんでじゃ!」

「だって、お狐さんはいくつなの?」

「お狐さんって言うな!ちゃんとした名前があるじゃろ!」

「あーはいはい。葉瑠狐は、いくつなの?」

「ワシは、480歳じゃが?」

「そんな歳いっているからただのボケだろwwお婆ちゃん!」

「ワシは、お婆ちゃんではないのじゃ!」

「そんなに興奮するなよ。お婆ちゃん。」

「お…お主……ワシをバカにしておるのか!?」

「え、ば…バカにはしてない……誰かたす…」

 誰も俺を助ける人はいなかった。

「た…助けて……」

「覚悟しろ!」

「ぎゃぁぁぁぁ!!!!」

 まるで鬼神のようであった。

「これでどうじゃ?懲りたじゃろ?」

「…ズビバゼン(すみません)」

「どうじゃ?これで探す気になったじゃろ?」

「「「はい!なりました!」」」

 雛美、ヒメ姉、クロックが口を揃えて言った。

「なぁ、葉瑠狐、なんで俺達はお前が見えるんだ?だって、お前妖怪だろ?」

「今の妖怪は、誰でも見えるのじゃ。だから、今街を歩いてる人達の中には、妖怪が紛れ込んでいるかもしれんぞ?」

 流石に、妖怪を擬人化(?)するのは嫌だ。

「その妖怪達って人間そっくりなのか?」

「いや、今は誰にも見えない、ワシは、狐じゃから、何にでも化けれるぞい?

 正直、ものすごい展開になってきたぞ?
大丈夫か?
とてつもなく心配になってきた。

「なんじゃ?コウスケ、心配な顔になっておるぞ?」

「え?俺そんな顔してたか?」

「しとるぞ?ワシには分かる。」

 なんか、腹立つな…捨ててきてもいいか?(怒)

「お前、なーんか腹立つ…」

「え?どういうことじゃ!」

「そのままの意味だよ。」

「ご主人様…」

「功亮…」

 クロックと雛美が、それはダメ!って顔をしている。

「え?どういう…」

「もう、ワシは、怒ったぞ!お前を許さん!」

 どうやら、俺はパンドラの箱を開けてしまったようだ。

「すみませんでした!ほんとに!許してください!」

「今更謝っても許さんぞ!」

 すると、手のひらから、青い炎が出た。

「これでも喰らえ!」

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」





「痛った!」

  どこかに来てしまったようだ。

「おい!クロック!ヒメ姉!雛美!」

俺一人のようだ。

「………」

「貴方!」

 見上げると、あの時夢の中に出てきた。
神様っぽい人がいた。

「お前は、あの時の」

「やっとここに連れてこられたわ。」

「どういうこと?」

俺は、さっぱり意味がわからない。

「あの、狐は、私が送った使者よ。」

「えぇ!あれってお前が送ったの!?」

「えぇそうよ?それよりあなた、いい加減気づいた方がいいわよ?」

この言葉は、夢の中ても言われたことだ。

「だから!どういうことだよ!」

「はぁ…分かったわ。あなたが気づかないんじゃ仕方ないわね。」

「全然わからないぞ!」

「はぁ…いい?今からいうことを驚かずに聞いてね。」

俺は固唾を飲んだ。

「今あなたが見ていることは全てあなたの夢よ。」

「え………?」




「擬人化魔法!〜ハーレムでウッハウハ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ディアドラ

    続きが凄く気になります‼️

    1
コメントを書く