擬人化魔法!〜ハーレムでウッハウハ〜

雅蛇

番外編:雛美のその後

「ごめん…雛美…私のせいで」

「大丈夫だにゃあ!気にすることないにゃ!」

「ありがと…こんな私を許してくれて…うぅ……」

 雛美は、九死に一生を得た。
あの時、流石に、動物病院じゃあ、やっぱり変だから救急車を呼んで、病院で様子を見てもらうことにした。

「ねぇ、ヒメ」

「うん?」

「やっぱり、僕の責任だにゃ、僕があの時食べずにいたら…こんなことにはならなかったのにゃあ。」

「いや、そんなことない!これは、私の責任だ!」

 聞いて思った。ヒメ姉って興奮すると、男口調になるんだな。

「私が、功亮と結愛の分だけ作っていれば…」

「だーかーらー、ヒメは、何も悪くないって!」

「でも…」

「いいんだよ、ヒメ姉、過去は変えられないんだから、仕方ないだろ?」

「功亮…」

「いつまでも、そんなこと引っ張ってたら、この先大変だぞ?」

「そうにゃあ!」

「雛美…功亮…!!」

「さっ!雛美には1週間頑張ってもらはないと!」

「頑張るにゃ!」

「擬人化魔法!〜ハーレムでウッハウハ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く