擬人化魔法!〜ハーレムでウッハウハ〜

雅蛇

8話目:俺には妹がいます。

「お兄ちゃん!起きて!…うぅ、起きてってばぁ!」

「グフッ!!」

 一体誰だよ、俺の上に乗って暴れてる奴は…

「って、え!?お前っ…もしかして…結愛??」

「うん!そうだよ!結愛だよ!」

 こいつは、喜島きじま結愛ゆま、俺の妹だ。

 いつも、ミニスカを穿いていて、ツインテールで、お兄ちゃん大好きなブラコンの小学2年生だ。

 
「結愛!一体どこに行ってたんだ?」

「ゴメンなさい…お兄ちゃん……心配かけたよね?」

「バーカ!心配かけすぎなんだよ!お前は!」

「うっ…ううっ…」

「うん?結愛?」

「おにーちゃーん!ご…ゴメンな……さい………」

 どうやら、心配をかけすぎて逆に心配になったらしい…


コンコン!!

「失礼ま…」

「ん?アノ人ダレ?」

「し…失礼しました!」

「おい!クロック!入ってきてもいいぞ!」

「し…失礼します…」

「お兄ちゃん、誰?」

「あ、あぁ、俺のメイドだ」

「ど、どど…どうも、く…クロッ………クロックと申します……………………」

 ん?なんで、そんなに緊張しているんだ?
 まさか、子供苦手?

「てか、お前、どっから入ってきたんだ?ってか、小学2年生がいきなり、いなくなることがあるのか?」

 そう、それは、俺が車にはねられる1週間前
俺が学校から帰ってくると、

「ただいま、あれ?結愛?どこにいるんだ?」

 帰ってきた時いつもはお出迎えしてくれる結愛が来ない。

 家中探しても見つからなかった。

「結愛!結愛ぁ!どこにいるんだよ!」

 外に出ていつも遊んでいる公園に行ってもいない。

 川原に行ってもいなかった。

「ホントに…どこにいるんだよ……父さん母さんが居ないって言うのに……クソォッ!」


 それで今に至る。


「お兄ちゃん……ほんとにゴメンなさい…」

「なんで、急にいなくなったんだ?説明して」

「パパとママが遠くに行く時に結愛、ママとけんかしたの…それで、結愛、ママを嫌いになったから出てったの……」

「はぁ…全く…で?出てってどこに行ったの?」

「ばぁばの家…」

「はぁ?おまっ…ここから800メートルくらいあるのに歩いていったの?」

「うん…」

「で?どっから入ってきたんだ?」

「あそこの窓…」

 よく見てみると窓の鍵がかかってない。

「なんで、そこから入ってきたんだ?」

「げ、玄関から入ろうとしたけど…なんか、女の人達の声がしたから……」

 あぁ…ヒメ姉と雛美か……

「いいか?結愛、こっから先は1人で家を勝手に出てったりするなよ!分かった?」

「う…うん……」

「はは、いい子だ!」

「功亮!!って、えぇ!!功亮、いつの間に?」

「え?いや、こいつは俺の妹だけど…?」

「え?そうなの!?いやぁ、まさか功亮に妹がいるとは、初耳だな」

「お兄ちゃん、この人誰?」

「こいつはヒメって言うんだ。」

「ヒ…メ?」

「よ…よろしく……///」

「よろしく!結愛だよ!」

 全く…困った妹だよ…………………

「擬人化魔法!〜ハーレムでウッハウハ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く