擬人化魔法!〜ハーレムでウッハウハ〜

雅蛇

プロローグ

 俺は擬人化したアニメキャラが好きだ。
だから、毎日鳥とか猫、犬とか見ていつも擬人化したらなぁって思っている。

 そう俺が考えながら学校から家まで下校していると

「やっほー!まーた擬人化のことを考えてたの?」

「あ、よっ、よ!まぁな」

「ほんと、こーすけは擬人化バカなんだから…」

「はは、ごめんごめん」

 俺は喜島功亮きじまこうすけ鷹沢高校に通う2年生。
 こっちは河下かわもと智奈実ちなみ俺の同級生で同じクラス。

「じゃ!また明日ね!」

「おう!また明日な!」

俺は智奈実と別れ横断歩道を渡っていると。


プワーーーーーーーーーーーン

 そう聞こえて見た瞬間に視界が消えた。
 

「擬人化魔法!〜ハーレムでウッハウハ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く