天使が我が家に舞い降りた?!

絢野悠

第7話 〈鈴木 恵〉

「結構めちゃくちゃなことしたね」


ダイニングのイスに座り、脚を組んでいるこのみ。気怠げに片足をぶらぶらさせていた。


「仕方がないでしょ。私はこういう性格なんだから」


洗濯物を畳みながら、恵はこのみに向かってそう言った。


「そうやってると新妻よね」
「洗濯物くらいで新妻になれるかっての」
「いやでも貫禄が出てきたわ。エプロン姿で洗濯物畳んで料理してさ」
「だって外に出るような仕事じゃないんだもん、仕方ないじゃない」
「なんかまんざらでもないみたいでちょっと寂しいわね」
「これが仕事なんだってば。私の気持ちとかそういうのはこの際どうだっていいでしょうに」


光輝のシャツを畳み、パンツを畳み、自分のシャツを畳み、パンツを畳んだ。


「ほら、なんの抵抗もなく彼のパンツなんか畳んじゃって」
「別に男のパンツを畳むくらい普通でしょ?」
「そもそもそういう状況にならないから」
「うむ、それは確かに」


畳み終わった洗濯物をソファーの肘掛けに乗せた。光輝はスーツで出勤するため、基本的に肌着とパンツくらいしか洗濯物は出ない。恵も基本的には光輝のスウェットを借りている。


「で、今日はどうして来たんだ?」


キッチンへと行き、コーヒーを入れた。もちろんカップは二つ用意した。


二つのカップとシュガーポット、それと牛乳を乗せてダイニングに運ぶ。このみの前にコーヒーを置くと、彼女は「どうも」と言いながらブラックで飲み始めた。


「お前はブラック派なのか」


恵はたっぷりの牛乳と二杯の砂糖を入れた。


「メグちゃんは逆に甘くするんだ? しかも牛乳入れたら、もうそれはコーヒーじゃなくてカフェオレだと思うんだけど」
「いいんだよこれで。そもそも私はコーヒーが苦手なんだ。カフェオレしか飲めない。なにか文句でも?」
「ううん、文句はないわよ。ただ純粋に可愛いなって思って」
「うるさいなあ。子供舌なのはわかってる。でも仕方ないだろ、苦いんだから」


頬を膨らませてこのみを睨んだ。


「人間界に来て、そこで初めて自分の好みを知るのよね私たちは。人間で言えば二十才を超えて、ようやく人間みたいなことができるようになる。なんだか不思議よね」
「それは、そうだな。人間界は面白いし楽しいよ。排泄とか生理とか睡眠とか、いろいろ面倒なこともあるけどね。美味しいものを食べるのも、漫画を読んだりテレビを見るのも楽しい」
「私も思ってるわ」
「それよりもお前、なんでちょいちょい現れるの? 自分の仕事はどうしたの?」
「私も共生任務中。ただしこの時間は特にやることがないの」
「家事は?」
「お手伝いさんとかいるし」
「金持ちかよ。って、そういう場合はどうするの? 自分の存在を隠すのは難しいでしょ?」
「なんのために記憶操作っていう超絶能力があると思ってるの? 例えばアナタがこの家に住んでいても、近隣住民はおかしいとは思わない。つまりそういうことよ」
「天使っていうのは怖いな、ホントに」
「そうよ、なんだってできる。だから自制も必要。誰かに窘められ、咎められるだけではダメ」
「なるほど、ね」
「中級天使になりたてのアナタは、これから覚えることがまだまだいっぱいね」
「先輩面しないでよ。まったく。さっさとコーヒー飲んで帰れ」


カップの残りを飲み干した。


不機嫌そうではあるが、カップを置く音は静かだった。


「でも今のメグちゃんは楽しそうでなにより」
「そりゃ楽しいからね」
「ターゲットが光輝くんだったのもよかったのかな」
「どういう意味で言ってる?」
「メグちゃんの性格にピッタリってこと。押しが弱くて尻に敷かれやすい」
「私のことを一体なんだと思ってるんだよ、お前は」
「でも割りといい感じだと思ってるでしょ? それなら今度どこかに行ってきたらいいわよ。デートしてらっしゃい」
「デートって言われてもなにすりゃいいかわかんないしなあ」
「別に特別なことは必要ないわ。散歩するだけでも立派なデートよ。光輝くんに余裕ががあるときに誘ってみなさい」
「散歩でもしようって?」
「そういうこと。スーパーに買い物に行く、でも可能。その場合は恋人というよりも夫婦感が出ちゃうけど」
「どっちでもないんだけどな」
「光輝くんとしては、メグちゃんと出歩いてデメリットはないと思うけどね。メグちゃんは美人だし、そんな美人とデートできるんだから、男はきっと喜ぶわ」
「そういうもんかね」
「男なんてちょろいちょろい。基本的にはバカなのよ、男って」


その後、このみもカップを空にした。


「ごちそうさま」
「おそまつさま。私はこれから夕食の準備だ」
「わかった、じゃあ帰ろうかな。今日は本当にありがとうね」
「なにに対してのお礼よ」
「勝手に来た私にコーヒーを出してくれたこと。やっぱりメグちゃんは優しいわ」
「当然のことだろうに」
「人間にとってはね。でも天使にとっては違う。コーヒーなんて飲まないもの。誰かが勝手に部屋に入ってくることがあっても、もてなすという習慣がない。そういう状況がそもそもない」
「優しいって言われるのは嫌いじゃないけどね、面と向かって言われると照れるからやめて」


視線を外し、頭を掻いた。


「それじゃあ私は行くわ。またね、メグちゃん」


スッと立ち上がり、ドアから出ていった。最後に見た顔は、柔らかい笑顔だった。


「律儀か……」


カップを片付けながら恵も笑った。


気恥ずかしいが、悪い気はしない。こんな話ができる友人がいるということの喜びを、少しだけ実感した。


今度は自分も、このみの良いところをちゃんと伝えるべきだろう。彼女が自分と向き合っていてくれるように、自分も彼女に向き合うべきだ。そう、思った。

「天使が我が家に舞い降りた?!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く