1人のメイドと1人の少女

クナイ

第1話 私は貴女に一目惚れです!

はぁ...はぁ...どれぐらい走ったのだろう...あの村からどれだけ離れたんだろう...もう...苦しい...もう...走れない...倒れてそのまま...私は死ぬだろう...呪いで死んでしまうだろう...心臓が痛む...心臓が握りつぶされる感覚が走り...血を吐いて...呪いの進行が進むにつれ感覚が短くなってる...

「ごふっ...あぁ...もう...死ぬのか...」

そう言いながら倒れる...もう死ぬのか、怖いのか怖くないのか分からないまま...死ぬのだろう...もう休もう...
そう思いながら私は目をゆっくりと瞑る


ふと目が覚める、ここはどこだろう、私はどうしてまだ生きてるのだろう、私が居る部屋に誰かが入ってくる

「あ、起きましたか、ご主人様」

ご主人様?誰の事?もしかして私の事?私はこの人の事を知らない、覚えてない、記憶にない、それなのに何故?

「良かったです!ご主人様が起きて」

メイド服を着たこの人は私に近づき抱きついてくる

「あ、貴女は...だ、誰?...」

「私はご主人様のメイドです〜あぁ、やっぱり可愛いです」

「と、とりあえず...は、離れてください...」

「えぇ〜、いいじゃないですか〜」

「お、お願いですから離れて...」

「は〜い...分かりました...」

しょんぼりしながら私から離れ近くの椅子に座る

「と、とりあえず...貴女は誰?...」

「私はご主人様のメイドです」

「そ、それはさっきも聞いた...べ、別の質問をする...ご主人様って...?」

「ご主人様は貴女です!」

「...ど、どうして...私がご主人様...なの?...」

「私が貴女に一目惚れしたからです!」

「......」

「私何か変なことしましたか?」

「...ど、どうして...一目惚れ...したの?...私なんかに...」

「最初は、少し森へ散歩しに夜歩いていたら倒れてるご主人様を見つけて最初は普通に助けようと思ったんですよ、顔を見たら凄く可愛くて〜それで一目惚れに」

「...そう...なの?...」

そういえば呪いで私は死にかけてたんじゃ...呪いの印...消えてない...どうして?

「その呪いは死の呪いですので解除しようと思ったのですがどうも上手くいかなくて、完全には解除出来てないです、今の状態がどうなのか知りません」

「せめて知ってて欲しかった...」

「すみません、私、回復魔法などそっち系は苦手で」

「...でも...ありがとう...」

「はい!助けたお礼に抱きついても〜」

「...だ、だめ...」

「じゃあ、ご主人様のベットの中に〜」

「そ、それもダメ...」

「もう我慢ができません!」

メイド服を着たこの人は私に飛びつき、そのまま止めることも出来ずいっぱい愛でられたのでした

「1人のメイドと1人の少女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く