話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの日の約束のために

猫熊甘藍

プロローグ

  
 自分は大学に入るまで運命を信じていなかった。
 というか、運命なんて無いと思っていた。
 
 それもそうだろう。自分が「これは運命だ」なんて思う出来事が無かったのだから。

 でも大学に入ってから「これは運命だ」と思う出来事があった。正確には、学校生活の中で感じたと言った方がいいだろう。

 自分はおかしいと思う。だってそうだろう。ついこないだまで運命なんて無いと言っていたやつが、手の平を返すように、今度は運命なんておかしいにもほどがある。

 それでも自分の周りで起きた出来事は『運命
』という言葉以外では説明出来ないほどに凄いことばかりだった。

 きっと忘れないだろうと思う。
 もちろん、初めて運命だと思えることがあったということもあるが、理由はもっと他にあ
る。

 なんせ、そいつらと過ごした三年間は、悔しかったり、悲しかったりしたが、人生の他のものと比べものにならないほどに・・・・・・

   楽しいかったのだから。
    

「あの日の約束のために」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー219653

    良いと思う!!

    2
コメントを書く