昭和の浦島伝説

ほっちぃ

太平洋戦争開戦

  1941年12月8日。 イギリスとアメリカが日本に宣戦布告した日じゃ。 宣戦布告を受けた日本も、イギリスとアメリカに宣戦布告しおったと、ラジオに繰り返し流れておった。
 それの意味するは、太平洋戦争の開戦、人々にとってまたひとつの悪夢が始まったということじゃ……。
 後から聞いた話じゃが、次郎の父親の茂雄がマレー作戦のために上陸したのも、かの有名な真珠湾攻撃も同じ日じゃったらしい。 マレー作戦というのは、マレー半島の北端から、シンガポール方面へ急攻するという意味じゃ。 直線にして1000キロメートル以上もある陸地を、たった70日間で進攻する作戦じゃったらしいが、それもただの陸地じゃなかったんじゃ。 鬱蒼とした森、高い湿度と見たこともない色をした蛇や虫。それから、潜んでおるイギリス軍兵士。 全ての危険をかわしながら進むのは容易ではなかったじゃろうな。
 ワシも、彼ら英雄と同じように戦争に行ったモンとして、忘れられんことはたくさんある。餓死寸前の状態でなんとか握る銃。その銃で、抵抗する気力がなくなり、涙が溢れ、震え、だんだん足がすくんで崩れ落ちていく相手を撃つんじゃ……。お国のためじゃお国のためじゃと言い聞かせて、武者震いになど負けるか、と、精いっぱい撃鉄を引いたんじゃ……。

 そこから先は何も言うまい……。なにかのついでにでもまた話すこともあろう。



「ふう、今日は疲れたわい。また明日にしてくれんかのう」
 彼はそういうと、奥の部屋に入っていった。 彼の奥さんは、わざわざ帰ってもらうのも悪いからと、記者の私のために寝床を用意してくれた。

 明日のお話に備え、録音機器に充電機を挿して眠りについた。

「昭和の浦島伝説」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く