裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚

葉月二三

76話



薬屋を出て、今は奴隷市場に向かっている。

なぜかというと薬屋以外で貴族と繋がりがありそうなやつが奴隷商しか思い浮かばなかったからだ。

確か貴族も利用してると聞いた気がするからな。

顧客情報を教えてくれるとは思えないが、まぁ新しくいい奴隷がいないかの確認のついでだからダメならダメでいい。

さいあく城に侵入して、第三王女経由で聞けばいい。まぁそんなことをしたら城に侵入したことの口封じのために第三王女を殺さなきゃならなくなるからリスクがデカすぎるがな。



「お久しぶりでございます。リキ様。」

奴隷商はいつも通り建物前にいた。
初めて会ったとき以外はいつもここにいるが…考えるだけ無駄か。

「あぁ、今日は良さげな奴隷がいるかの確認と奴隷商に聞きたいことがある。」

「なんでございますか?」

「ケニメイトっていうやつを知ってるか?」

「残念ながら存じ上げません。それは家名でしょうか?」

「いや、名前だ。家名は…思い出せねぇわ。」

必要性を感じなかったから聞いてなかったな。まさかこんな面倒なことになるとは思ってなかったし。

「ケニメイト・サラテラスだよ〜。」

「あぁ、そんな感じだったな。よく覚えてたな?」

「名前を覚えるのは得意だからね!」

セリナがドヤ顔を向けてきた。

バカだと思ってたが、ただのバカではなかったみたいだ。そういやセリナは元王族だからそういう教育を受けてたのかもな。

「今回は珍しく役に立ったぞ。」

セリナの頭をてきとうにワシャワシャしたらくすぐったそうにしながらセリナがニヤけていた。

奴隷商に向き直る。

「サラテラス家は知ってるか?」

「顧客情報を漏らすことは出来ないと断るつもりでしたが、サラテラス家でしたら貴族と関わりのある人間なら誰でも知っているのである程度は答えられますが、ケニメイト様は存じ上げません。申し訳ありません。」

「いや、サラテラス家の場所が知りたいだけだから、ケニメイト自身は知らなくてかまわない。」

「屋敷の場所でよろしいですか?」

「あぁ。」

「かしこまりました。それでは地図を用意いたしましょう。」

「それは助かる。」

奴隷商が店の方に視線を向けると控えてる男がいたようで、小走りで近づいてきた。

その男に奴隷商が指示をすると男は店に小走りで戻っていった。

「それでは新しい奴隷を仕入れていますので、地図の用意をしている間にご案内いたします。」

先を歩き始めた奴隷商のあとについて店に入った。




いつも通り性奴隷は流し見で戦闘奴隷を重点的に見て、廃棄処分間近の奴隷はアリアたちを部屋の外で待たせて俺だけ見た。

今回もピンとくるやつはいなかったな。

まだ1人も奴隷がいない状態だったら良さげな獣人がいたが、今さら俺より年上の男を入れるとアリアたちが対応に困りそうだから却下した。
見た感じ奴隷なのにプライドが高そうだったから、心を折るところから始めるのも今さら面倒だしな。

廃棄処分間近の奴隷の部屋から出たときにふと思った。
前に来たときはここが最奥の部屋じゃなかったか?

だけどまだ通路が先に続いていた。

「奴隷商。この先にも奴隷がいるのか?」

「リキ様でしたら気づいてくださると思っておりました。増築が完了しましたので、もう一部屋増えております。そして、そちらが今回のメインとなります。」

なんか奴隷商が嬉しそうだな。



奴隷商について入った部屋には奴隷が1人しかいなかったが、かなり印象に残る姿をしている。

拘束衣で身を包まれて椅子に座らせられて、目には目隠しがされ、口には禍々しいマスクがされている。その状態で檻に入れられていた。

拘束衣を着ているうえに椅子に座っているから正確な体格がわからないが、たぶん子どもな気がする。

顔もほとんど覆われているからパッと見でわかるこいつの情報は長い銀髪ってだけだな。

「こちらが本日のメインとなります。吸血鬼の奴隷です。ご存知かと思いますが、魔族となります。」

「なんでこんなに厳重に拘束してるんだ?」

「やはりリキ様ほどになりますとこの程度では驚かれないのですね。」

まぁイーラも魔族だから魔族が珍しいとは思わないしな。

「この奴隷は魔眼持ちなので、特殊な布で目隠しをしています。マスクは吸血対策です。拘束衣は首輪の強化版といったところです。首輪では破壊されてしまう可能性がありますので。」

魔眼とかちょっとかっこいいな。
魔眼もスキルなら鑑定でどんなのか見れるかと思い、鑑定を発動させた。

発動した瞬間、逆に心を覗かれているような不快感とともに何かが侵入しようとする感覚があった。

精神攻撃か?

まぁアオイのときと同じで何かが勝手に拒んでくれたけどな。

「愚かな人間よ。うぬが深淵を覗くとき、深淵もまたうぬを覗いているということを知らぬのか?まぁ我には都合が良い。早く我をここから出せ。」




…。




「奴隷商。こいついきなりわけわかんねぇこといい出したが、頭がおかしいのか?」

「昨日引き取ってから一度も喋らなかったのですが、ずっと視界を遮断していたので、もしかしたら精神が壊れてしまった可能性があるかもしれません。」

奴隷商が困りましたねといいながら首を傾げた。

「な!?確かに手応えはあったぞ?なぜ魅了されておらんのだ?」

あぁ、さっきの不快な感じは魅了の魔法かなんかだったのか?
残念ながら俺の加護のどれかが拒んでくれたから魅了なんてされてねぇんだ。

でもこれだけ拘束されてても攻撃出来るってのは純粋に凄えな。

「奴隷商。こいつはいくらだ?」

「申し訳ありません。この魔族は3日後のオークションに出品する予定となっておりまして、現在は一部のお客様に知らせて回っているところでございます。私の見立てでは金貨50枚は超えると思います。」

今日のメインとして紹介しといて買えねぇのかよ。
まぁどっちにしろ金貨50枚なんて持ってねぇから買えねぇがな。

「我を無視するでない。我はうぬに理由を聞いておるのだぞ?」

「残念ながら金貨50枚はさすがに持ってねぇし、奴隷に金貨50枚を使う気はねぇわ。」

「それは残念でございます。もし良かったらオークションに参加だけでもされたらいかがでしょう?他にもいろいろな奴隷がでてきますよ。」

奴隷商はスーツの内ポケットから封筒を取り出して渡してきた。

開けると中には招待状が入っていた。
準備いいなこいつ。

でも3日もこの町にいる予定はなかったんだが、オークションも面白そうだな。

「なぜ答えぬ人間よ?」

「オークションにはルールとかあるのか?この国のオークションはやったことないから暗黙の了解とかあるならそれも知りたいんだが。」

「特別なルールはございません。欲しい商品が出てきたときに、入場の際に渡される札を上げながら金額をいえばいいだけでございます。金額は最低が銀貨1枚となり、銅貨は使用できません。」

そのくらい簡単なら行ってみるのもありだな。
まぁそのとき町にいればだけどな。

「もうよい。そちらにいる同族よ、我を解放してはくれんか?」

「ん?イーラのこと〜?」

「そうだ。そなたも人間に「アリア!」」

『ヒプノティック』

「我が人…間…ごと…きの……。」

アリアの魔法で眠ったようだ。
イーラが魔族だとバレるようなことをいわれるのは困るからな。

「ちょっとうるさいから黙らせた。勝手なことをして悪いな。」

「大丈夫です。お気になさらないでください。それにしてもこの魔物が最後に興味深いことを「何かいっていたか?」」

「いえ、聞き間違いでしょう。失礼いたしました。」

意外にもすんなり下がったな。

一通り話を終えたところで奴隷商が入り口のところに控えていた男を呼んだ。

何かと思ったら、ケニメイトの家の場所を示した地図を持ってきたみたいだ。

「リキ様に一つお伺いしたいことがあるのですが、当店で最初にお買い上げいただいた奴隷をどのようにしたらここまで成長させることができるのでしょうか。もしよろしければ病気の治療方法も含めてお聞かせ願えませんか?」

なるほど。タダで情報をくれるわけではないと。地図の代わりに答えるべきみたいだな。
とはいっても大したことはしてないけど…まぁありのまま話せばいいか。

「治療方法は正直よくわからねぇ。俺は最高品質の治療薬を与えただけだ。ただ、薬草類を調合した何かを布に染み込ませて、アリアに嗅がせていたな。歩ける程度になったらパーティーに入れて、レベルを上げた。そんで多少レベルが上がったら実戦投入し、今に至るって感じだな。こんなんで参考になるのか?」

「薬草を調合した方をご紹介してはいただけませんか?」

「悪いが断る。本人の許可なく紹介する気はねぇし、確認するのは面倒だ。紹介しなきゃその地図がもらえねぇっていうんならいらねぇわ。」

「そんなつもりはございません。ふと気になっていたことを思い出したのでお伺いしたまでです。不快にさせてしまったのでしたら申し訳ございません。こちらがリキ様が欲しておりました地図です。」

奴隷商が手に持っていた地図を渡してきた。

これで金貨20枚を回収に行けるな。



奴隷市場に用がなくなった俺らは奴隷商に連れられて外に出た。

「裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く