裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚

葉月二三

59話



けっきょくデカい防具屋でそれぞれの防具を買ってしまった。

おっさん、すまん。

俺用の防具は魔鉄でできたチェインメイルで加護は特になくて中古だったから銀貨30枚だった。

セリナが選んだのは胸帯っていうのか?本当に胸の部分だけ布で隠すようなタイプだ。それとベストのセットだった。

胸帯は魔鋼糸でできてるらしいが、使用量が少ないうえに作りが単純で加護もないし、ベストはただの皮だから、新品なのにセットで金貨1枚と銀貨50枚だった。

本人がこれがいいっていうから別にいいんだが、心臓すら護れるのかあやしいサイズだな。
まぁ胸帯にベストってのがけっこう似合っちゃいるけどさ。

念のためアリアに被膜の加護をつけてもらうとするか。

すぐできるようなら全員分だな。じゃなきゃ顔が護れないしな。

これで全員分の防具を揃えたし、街での予定は終わったな。

他にやるべきことはないかとアリアを見るが、さすがに会話の流れすらないと伝わらないか。
アリアには俺の心が読まれてんじゃないかと思ってたが、気のせいだったみたいだ。

「他に街でやっておきたいことはあるか?」

「…特にありません。」

「そしたらクリアナのところに行こうと思う。アリアとクリアナは付与師のレベルはそこまで大幅には変わらないんじゃないかと思うんだが、付与時間に差があるだろ?だから加護を早く付与する方法が何かあるんだと思う。それを聞いておきたい。間に合わないなら念のため、全員分の身代わりの加護のついた何かを買っておきたいと思ってる。」

あそこなら空いた時間にダンジョンにも行けるしな。

「…はい。クリアナさんを超えられるように頑張ります。」

ずいぶんやる気だな。

だけどクリアナのところに行くのに不安もあるんだよな。
俺の思春期的なあれがな。

クリアナはヤバいからな。
できれば会いたくないし、思い出したくもない。ヘタしたら俺が俺じゃなくなる。

俺の倍以上の歳だろうになんでこんなになっちまうんだろう?
魅了のスキルでも使ってやがるのか?

いや、クリアナのことを考えるのはよそう。

そういやアリア以外は初めてか。
イーラは町に帰るときにテイムしたんだったな。

「これから前に知り合った付与師のところに行くぞ。」

第三王女に余計なことをいいやがったことに文句もいわなきゃだしな。

「「「「はい。」」」」



東門から出てイーラに乗ったら本当にすぐの距離だな。

村に行く途中にあるダンジョンは穴場っていわれてたとこと違って今日も人がいっぱいいたな。

こっちじゃ思うように戦闘訓練ができないかもな。




クリアナの家に着いたが、まだ店がやってるみたいだからそっちに入った。

「いらっしゃいませ。…リキ様!」

「おう、久しぶり。」

相変わらず綺麗な人だな。
俺と歳の近い娘がいるとは思えない。

いや、今はそんなことを考えてる場合じゃないな。

「お久しぶりです。今日は買い物に来てくださったのですか?」

「場合によってはそのつもりだが、今日はクリアナに用があってきた。」

「デートのお誘いですか?」

え!?なにその笑顔!?可愛すぎる。

いや、堪えろ。

「違う。加護の付与時間を短縮させる方法を教えてほしい。」

クリアナは一瞬驚いた顔をして、すぐに笑顔に戻った。

「ずいぶん奴隷の娘が増えたと思いましたが、付与師の娘もいるのですね。付与師はレベルを上げれば付与時間が短縮されますよ。」

「付与師のレベルは既に50レベルくらいなんだが、付与時間がけっこうかかるんだ。何か短縮する方法が別にあるんだろ?」

「申し訳ございません。確かに私の家系に代々伝わる方法がありますが、いくらリキ様でもお教えすることは出来ません。」

やっぱりあるのか。
でもここまでハッキリ断られたら食い下がるのもなんか嫌だな。

ふとカウンターの奥に目を向けるとマリナがちょうど廊下を歩いていたようで、何気なくこちらを向いたときに目があった。

チラ見をしたあとに二度見された。

「リキさん!?」

「おう、久しぶりだな。」

俺に気づくなり、マリナは裸足のままこちらに走ってきて、目の前でうずくまるように土下座のような姿勢をとった。

いきなりなにやってんの?
他に客はいないみたいだが、俺に何か謝るようなことでもしたのか?
それにしてもいきなり土下座は引くぞ…。



「私をリキさんの奴隷にしてください。」



…は?

「裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く