裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚

葉月二三

46話



地下8階、9階と順調に進んでいる。

かなり大量の魔物がいたが、全部俺とイーラでなんとかなってしまったから、後ろのセリナは暇そうにしている。

でも耳や鼻をピクピクさせてるから、油断はしてないようだ。

魔物もそんなに強くはなかった。
むしろ魔物よりも鎌を振り回してるイーラの方が危ないくらいだ。

イーラは楽しそうに戦闘しているから止めるのも悪い気がしてそのままにしている。
おかげで俺の回避能力は上がった気がするしな。

イーラもちゃんと回避をする努力はしているみたいだ。
まだけっこう攻撃を当てられていたが、ちゃんと回避しようとしたのは見てとれた。

なんだかあまり手応えを感じないまま地下9階を一周してしまった。

ちなみに倒した魔物はイーラが捕食している。
右手で鎌を振り回して、左手で死骸に網のようなものを投げて掴んで引き寄せてる間に消化されてるようだった。

口で食べなくても捕食できるとは便利な体になったな。
いや、もしかしたら今までやってなかっただけで、もともと出来たのかもしれないがな。

まぁどうでもいいが、イーラが仲間になってからほとんど魔物の素材を集められてねぇな。

べつにいいけどさ。


「さて、これから地下10階に下りる。セリナ。準備はいいか?」

「はい。」

地下10階の魔物は速いらしいから、セリナに戦闘させるつもりだ。

「予定と違うが、アリアとカレンは俺の横にいろ。カレンは俺が護るから、アリアはセリナをフォローしろ。イーラは後方からくる敵のみを担当しろ。当初の予定とは違うが、わかったか?」

「「「はい。」」」

イーラが返事をしなかった。

「イーラ。不満があんのか?」

「もっと戦いたいよ〜。」

戦意があるのはいいが、イーラをセリナと一緒に前衛にすると、セリナがイーラの攻撃で死ぬ可能性があるからな。

「なら武器を変えろ。イーラの攻撃は仲間を巻き添えにしかねない。俺のときはなんとかするけど、他のやつにもしもがあったらマズいからな。」

イーラが鎌を消して、鞭のようなものを出した。

あれはなんの素材だ?
ゴムでも革でもなく、細かいパーツが重なりあって鞭のようになっている。
わかりやすくいえばチャリンコのチェーンに近い感じか?

「これならい〜い?」

まぁ鞭なら一撃で死ぬこたねぇからいいか。

「魔物以外に当てたら後衛に変えるからな。」

「は〜い。」

とりあえずいいか。

「イーラも前衛にして、他は変更なし。後方は俺が気をつける。いいか?」

「「「「はい。」」」」

全員の確認をとり、地下10階に下りた。




地下10階はどうやら蜘蛛のフロアみたいだ。
まだ魔物は見てないが、そこら中に蜘蛛の巣がある。

そういや、カレンもそろそろジョブの冒険者は手に入れてるんじゃないか?

経験値がもったいないからそれだけはつけさせておくか。

「カレン。SPを使ってジョブ取得を取れ。そしてジョブ取得を発動しろ。」

「え?あ、はい。」

「何がある?」

「冒険者がある。」

「じゃあ冒険者を取得したあと、SPでセカンドジョブを取れ。」

「はい。」

あとは俺が設定して完了だ。

俺も久しぶりに何か取るかな。
蜘蛛の巣が邪魔だし炎系の魔法がいいな。

無難にファイヤーボールでも取っておくか。

ファイヤーボールを取ると今度はファイヤーショットが出てきた。
ファイヤーボールがSP1消費だったから次は2消費だろ。
なら取ってみるか。

新しくフレイムレディエイションとかいうのが出たが、とりあえずはもういいや。

「じゃあ行くぞ。」

ファイヤーボールは勇者が使ってたからなんとなくわかるし、ファイヤーショットを使ってみるか。

「ファイヤー…。」

なんだ?直感が危険と告げた。

なぜだかわからないから一度止まると、他のやつらも止まった。

今はもう危険を訴えてはいない。
なんだったんだ?

「…リキ様。どうしました?」

「いや、新しく取得したファイヤーショットを使おうとしたら、嫌な予感がしてな。」

アリアが俺の右手を見たあと、俺の顔を見た。

「…ファイヤーショットは手のひらから放たれるので、トンファーを握ったまま発動したら危ないからだと思います。」

マジか!?
危なく自爆するところだったのか。

というかアリアはなんで知ってるんだ?
まぁいい。

試しに右手のトンファーを腰に戻し、右手を前に出す。

『ファイヤーショット』

右手のひらから細かい火の玉が広範囲に広がっていった。

MPを調整したら火の玉の個数や1つ1つの大きさと範囲が変えられるっぽいな。

威力が弱いままでも蜘蛛の巣は燃えるようだ。

これならMP消費もたいしたことないし、このフロアに限っては使えそうだな。

『ファイヤーショット』

『ファイヤーショット』

範囲を広げて、視界に入る蜘蛛の巣は全て焼き払った。

「じゃあ行くぞ。」

「「「「はい。」」」」


このフロアは魔物が溢れかえってはいないのか、しばらく歩いても見かけることすらなかった。

「きます。」

油断していたら、セリナが注意を呼びかけた。

周りを見ると、観察眼が反応した。

『ファイヤーボール』

MPを消費して威力を上げたら、人の顔くらいのサイズになった。

ちょうど飛びかかってきた蜘蛛が放たれたファイヤーボールにぶつかって燃えながら突っ込んできた。

吹っ飛んだりするわけじゃなくて、ただ火の玉をぶつけるだけなのかよ。
ん?顔がちょっと潰れてるっぽいから、一応物理的なダメージもあるんだな。

そんなことを考えていたら、既に目の前まで迫っていた。

咄嗟にトンファーで攻撃しようと思ったら、突っ込んできた蜘蛛をアリアがロッドで吹っ飛ばした。
壁に当たった蜘蛛は嫌な音を立てて動かなくなった。

今のは蜘蛛が異常に軽かったんだよな?
十数日前まで死にかけだったアリアがそんなに強くなったわけじゃねぇよな?
いや、強くなることは大歓迎だが、ビックリしたわ。

「やるじゃねぇか。」

「…ありがとうございます。ただ、リキ様が攻撃したら、血避けの加護がないカレンさんが魔物の体液まみれになってしまうと思ったので代わりに攻撃しました。余計なことをしてごめんなさい。」

今はガントレットじゃないからそんな簡単に潰せないと思うが、まぁいい。

「積極的なのはいいことだ。俺の命令がない限りは死ななけりゃ好きにしてかまわない。」

「…はい。」

その後もたいした苦労もなく一周してしまった。

確かにこのフロアの蜘蛛は動きが速いが弱すぎる。

攻撃手段が飛びついてくるしかないのか、簡単に攻撃を当てられるし、だいたい一撃で死ぬから手応えがない。

カレンはまだ蜘蛛の速度についていけてないようだが、こんなのは目が慣れてしまえばただの雑魚だ。

イーラは魔物を倒したらすぐに捕食をしているから、無駄な時間がなく進んでいける。



11階に下りると、また魔物が溢れかえっていた。
今度は人間サイズの緑の魔物だ。
ほとんどのやつが武器を持っていないが、何体か棒のような物を持ってるやつがいるな。

ちょっと気になったから解説を使った。


ホブゴブリン…ゴブリンの進化系。


それだけ?
まぁゴブリンシリーズならちょうどいいか。

少し減らしてからカレンに戦わせよう。

「イーラ。好きに暴れていいぞ。」

「は〜い。」

武器を鞭から2本の剣に変えて、二刀流で暴れ始めた。
ただの剣ではなく、カッターのようにいくつかの刃物が合わさってる剣で、接合部を自在に伸縮できるようになってるみたいだ。

イーラの武器が体の一部だからこそ出来る技だな。
いや、ファンタジー世界なんだから探せばそういう武器もあるのかもな。

ちょっと減らそうと思ったのに、視界にいるホブゴブリンがあっという間に全滅した。

イーラの武器は殺傷力が高すぎだ。

ホブゴブリンは何も出来ずにずっとイーラのターンだったな。

これはゲームじゃないから弱者にゃターンが回ってこなくても仕方がないからな。



しばらく進むとホブゴブリンが5体いた。

「イーラ。ガントレットになれ。」

「は〜い!」

走って俺に抱きつき、肩と肩甲骨まで保護されたガントレットになった。

肘より先だけでいいのにと思ったが、イーラの体だから繋がってなきゃ保てないんだったな。

なんかこれって合体してるみたいだな。
なかなか男心をくすぐるスキルじゃねぇか。
今度は全身鎧とかもやってみてえな。

それにガントレットの色から見るにこれはムカデの外皮か?
イーラは本当に使えるようになったな。
おっちゃんが作ってくれてるのとどっちが頑丈だろうか。

まぁいいテストにはなるだろ。

走ってホブゴブリンに近づくと、一斉に襲いかかってきた。

でも動きが遅いな。

ホブゴブリンが攻撃態勢に入る前に1体の腹を殴ると弾けた。

…は?

一瞬固まってしまった俺を殴ろうとしたホブゴブリンを避けて、顔面を殴るとまた弾けた。

いやいや、おかしいだろ?

ん?そうでもないのか?

そういや鋼のガントレットを使ってたときも雑魚相手のときはこんな感じだった気がしなくもない。

トンファーだとせいぜい一部を潰したり、表面に穴が空く程度だったからな。

ガントレットで雑魚と戦うのが久しぶりだから、気持ちよく弾け飛んだことにビックリしちまったわ。

残り3体のうち2体を倒して下がった。

仲間がやられたのに恐怖することなく、ホブゴブリンが向かってくる。

「カレン。あいつを倒せ。フォローはしてやる。」

「…はい。」

初めてだから緊張しているようだ。

アリアの初戦闘がこれより強そうなゴブリンソルジャーだったんだから、大丈夫だろう。

それに相手は素手だから、なんかあってもアリアが回復してくれるだろう。

カレンが前に出て、刀を構える。

こんなガキでも着物で刀だと様になってるな。

持ち方とか構えとかよくわかんないから教えてないけど、なんとかなるだろ。

ホブゴブリンがカレンを右手で殴る態勢に入った。

カレンはその拳を外側に避けながら、変な体勢でホブゴブリンの肩を切り落としてすれ違い、振り向きざまに背中を切りつけた。

背骨を切ったようで、ホブゴブリンは上半身を維持できなくなり、倒れた。
しばらくピクピクして動かなくなった。

カレンのぎこちなさが半端ないな。

ってかあんな変な体勢で力も入ってないってのに切れ味良すぎだろ。

今の一戦でだいぶ疲れたようで、息切れしてる。
これは何度も経験させて慣れさせるしかないな。

「よくやった、カレン。まだぎこちないが、勝ちは勝ちだ。戦い方なんて、やってりゃ勝手に覚える。だから続けていくぞ。」

「はい。」

一体倒して、多少なりとも自信がついたのか、やる気が出てきたようだ。

その後も複数いるホブゴブリンは一体だけ残して、カレンに戦わせるというのを繰り返した。

だけど、なんか違うんだよな。
アリアやセリナのときがすぐ出来るようになっちまったから違和感があるだけなのかもしれないが、なんか違うんだよな。

何が違うかはハッキリとはわからないが、なんか違うんだよな。

刃物はアリアよりセリナかな?

「セリナ。ちょっとカレンの刀で戦ってみろ。」

「にゃ?…はい。」

使っていた短剣を腰にしまい、カレンから紐ごと刀を受け取った。

歩きながら、鞘から刀を抜き差ししたり、紐をプラプラさせて何かを確かめてるようだ。

ちょうどいいところにホブゴブリンが2体いた。

「行ってくるね。」

セリナが1人で駆け出していく。

セリナに気づいた2体のホブゴブリンが掴みかかろうと両手を上げた。

人一人分も空いていないだろう2体の間を無理やり通るときに左のホブゴブリンに居合切りをし、通り過ぎて振り向きざまに右のホブゴブリンの背中を右肩から刀で斜めに斬りおろし、同じ場所を斜めに切り上げて切断し、左のホブゴブリンの首の右側から左脇腹にかけてを斜めに切断した。

最後に刀を斜めに振り下ろすが、そもそも血が付いてないようだ。
そのまま鞘に刀を収めて、走ってセリナが戻ってきた。

めちゃくちゃ速いな。

これは今のカレンの参考にはならないな。

というかうちの奴隷が強くなりすぎているんだが…。
このままじゃ俺の威厳がなくなる。

走ってきたセリナがニコニコしながら腕に絡みついてきた。

「どう?どう?ちゃんとできてた?」

「まぁまぁだな。このままいろんな刃物を使えるようになっとけ。刀はもうカレンに返していいぞ。」

腕に絡みついたセリナを引き離す。
なんだか不満げな顔をされた。

「…はい。」

「期待してるからな。」

「はい!」

ニャハッと笑顔に戻った。

「カレンは参考になったか?」

「…ごめんなさい。速すぎてよくわからなかった。」

「だろうな。あれは獣人族のしなやかさがあってこそってのもあるからな。俺も真似できるかわからん。」

刃物はまだ使い慣れてないからな。

「…リキ様ならできます。」

「お、おう。そうだな。」

アリアのこの全幅の信頼はなんなんだ?
俺のことを過大評価しすぎだろ。
まぁそれに応えるのも主の務めなのかもな。

「とりあえずは攻撃を受けないようにしながら、その刀に慣れさえすればいい。まだ9日もあるんだからな。」

「9日も…。」

カレンがボソッと呟いた。

今さらながら9日もってのはおかしいな。
戦闘経験ゼロのやつが普通は9日で戦えるようにはならねぇよな。

アリアとセリナが特別だったと思っておいた方が良さそうだ。

「9日で刀までつかえるようになれとはいわない。相手の攻撃を避けれるようにはなれ。いいな?」

「はい。」

「…カレンさんには優しいんですね。」

アリアから予想外の言葉が聞こえて振り向く。

「は?何いってんだ?」

「…ごめんなさい。なんでもないです。」

ガントレットだったイーラが人型になった。

「イーラにももっと優しくしろ〜!」

イーラの顔面を掴んで持ち上げる。

「調子に乗るなよ?」

「ごべんなしゃい。」

イーラはそのまま俺の腕に絡みついてガントレットに戻った。

アリアがまさかそんなことをいってくるとは思いもしなかったな。

確かにアリアの最初の頃の扱いはてきとう過ぎたかもしれないが…。

仲間が増えるとこういうめんどくささがあるのか。

今さら減らすつもりはねぇし、仲間の面倒を一手に引き受けてくれる奴隷でも探すかな。

まぁ探すにしてもカレンが戦えるようになってからだがな。

「裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く