裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚

葉月二三

36話



扉から入ってきた虎のような男は第一王女の婚約者の死体なんかよりも俺たちに興味があるといった顔をしていた。


笑っていやがるが、逃げようとして背中を見せた瞬間殺されるだろう。
俺とセリナで一緒に戦っても勝てない程度には強い。

セリナとのコンビネーションがちゃんと取れれば勝てる可能性はあるが、まだそこまで分かり合えてはいないからな。アリアは頭がよくて俺の求めることを察してくれるから共闘できてるだけで、俺自身が共闘はほぼしたことないからアリア以外と合わせられない。

それに支援魔法なしでは戦いたくない相手だしな。強さ的な意味で。


先にセリナを逃しておけば、1人なら逃げられそうではある。
こいつは俺らのことを楽しめる程度の雑魚としか思ってないだろ。だからあいつが油断してる今なら、逃げに徹すれば俺一人でなら逃げられると思う。


「…副団長!?」

セリナが驚いたように言葉を漏らした。

「知ってるのか?」

「はい。以前と変わりがなければ、騎士団の副団長です。戦闘力だけなら団長より上だといわれていました。つまり、今のこの王城内で二番目に強い相手です。」


なるほど。
そりゃ2人がかりで勝てないことにも納得だ。

でも、それにしては弱くねえか?
王城で二番目の強さのくせに、たぶんアリアとだったら余裕で勝てる程度だ。

いや、いくら俺らが多少は強くなったといっても、王城二番手が俺らに負けるレベルなはずがねぇ。

何かヤバいスキルを持ってるとかか?

とりあえず、相手が本気を出す前に逃げるべきだろう。


「先に逃げろ。スタート地点で集合だ。」

「え?………はい。」

返事に変な間があったから、チラッとセリナを確認すると瞳の光がなくなったような、奴隷市場で見た諦めたみたいな目をしていた。

なぜだ?

だけど今はこの男に意識を向けていなければならないから、セリナが何を考えてそんな反応をしてるのかを考える余裕はない。

でも、何か勘違いしているのは間違いないだろう。
そんな状態で向かわせるわけにはいかない。

「待て!やっぱりそこで待機して、俺の戦闘を見ていろ。だが、いつでも動ける準備はしておけ。」

「え?」

「まずは弱い方から殺して、お前には楽しませてもらうぜ。」

男はセリナに向かって素手で殴りかかった。

かなり速いが反応できないほどではない。

咄嗟にトンファーを持って間に入り、男のパンチを受け流して蹴りをカウンターで入れようとしたが、後ろに跳んで避けられた。

あの体勢から後ろに避けるだと!?

なんつう脚力してやがる。

「やっぱりそこそこやるじゃねぇか。」


男は笑顔を絶やさない。


これは普通にやってたら逃げることも出来ないだろう。


トンファーを腰に戻し、衝撃爆発のハンマーをアイテムボックスから取り出す。


「なんだぁ?俺と戦うのに重いハンマーを選ぶとか馬鹿か?…あぁ、なるほど。てめぇはドワーフか。」

なんかわからんが勝手に勘違いをしてくれた。
それは好都合だ。

男は今度は俺に向かってくる。

俺はハンマーを振り上げ、迷わず力の限り地面に向かって振り下ろした。

男は勘がいいようで、咄嗟に後ろに跳んで距離をとった。

力の限り叩きつけたせいか、予想以上の爆発が起きた。
床に穴は空かなかったが窓は吹き飛び、爆煙により視界が塞がれる。

爆音で耳も少しいかれた。

『上級魔法:磁力』

対象を俺と男に設定し、両方をS極にした。


男は警戒することなく、煙の中から飛びかかってきた。

脳筋で助かったぜ。


男に手のひらを向けて足を踏ん張り、上級魔法の磁力を最大に上げる。


かなり反発を受けたが、俺は動かないように踏ん張ると男は空中で止まり、凄い勢いで俺らの反対側に吹っ飛んでいった。


よし。うまくいった。


魔法を解除してハンマーをアイテムボックスにしまって振り向き、セリナの腰に右手を回して持ち上げて、扉の正面にある窓まで走っていき窓枠に乗る。
壁までは遠いが、庭に降りてから登るのでは時間がかかる。

PPを大量消費して跳べばギリギリ壁まで届きそうだな。

迷っている時間もないし、本気で壁に向かって跳ぼうとしたが、窓枠が跳び上がる時の衝撃に耐えきれずに折れたせいでうまく跳べなかった。

これだと間違いなく届かない…。

『上級魔法:磁力』

もう一度発動し、俺をS極、壁の上部の一部をN極にし、磁力を最大に上げると引っ張り上げられた。

すぐに魔法を解除して、その勢いを利用して壁を蹴り、壁の上に着地する。

セリナを下ろして、壁の外側を確認するが誰もいない。

「降りるぞ。」

「はい。」


そういや炎を上げるんだったな。

振り向いて適当な場所を探す。
あの旗でいいか。

国旗だかなんだかわからないが、一番高いところにデカい旗が立っていた。
そこまで遠くないから届くだろう。


『フレアバウンド』


旗の真下に炎を最大で発生させ、燃やす。

これでMPがほとんど0になってしまった。


男が追ってくる前に逃げなきゃな。


俺が壁から飛び降りると、セリナも続いて飛び降りた。



結局、せっかく決めたコードネームを一度も使わなかったな…。

「裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く