裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚

葉月二三

22話



セリナを買ってからの三日間はとくにやることもないから、飯を食う以外の日中は戦闘訓練をしていた。


初日は泣きながらボコボコにされていたのが、二日目では泣かなくなって少し避けれるようになってきて、三日目の昨日は加減しているときの俺の攻撃ならほぼ避けられるようになっていた。

なかなか攻撃が当たらなくなってきたことにイライラし始めた俺は途中からわりと本気で相手をしていた。
それでも決定打は避けられていたので、ちょっとずつ体力を削って追いつめてから足をはらってこけさせたところに右拳を寸止めして力を見せつけた。
そしたらアリアにジト目を向けられた。

三日で攻撃が当たらなくなる程度の実力だと思われたら癪だったから、アリアのジト目は無視して、セリナには「まだまだだな。だけど今後の成長には期待できそうだ。」といっておいた。

実際のところ、セリナは覚えが早い。
それにセリナがなのか種族的になのかはわからないが、運動神経もいい。
こいつは当たりかもしれない。

まぁ痛いのが嫌だから必死でやって、まさに体で覚えたんだろうがな。


ちなみにセリナは観察眼をフルに使っていた俺に攻撃を当てることは一度もできなかった。

セリナは動きは速いが短剣の使い方が上手くない。構え方もしっくりくるのがないのか、ちょくちょく変えている。
ってか今考えたら三日でマスターできるわけがねぇか。


でも今日は魔物相手に実践してもらう予定だ。

やっとガントレットが返ってきたからな。
早く魔物狩りがしたくてたまらない。
セリナに避けられまくって溜まったストレスの発散のために。


アリアも暇すぎたようで、ここ三日間の薬草採取で銀貨5枚も手に入れている。
自分で手に入れた金で何冊かの本を買っていたみたいだし、なんだかんだ充実してたのか?

あと、初めて知ったのだが、魔物を狩らなくてもレベルは上がるようだ。
セリナはこの三日で3レベル上がっていた。
俺は奴隷使いだけ1レベル上がっていた。






おっちゃんとこの肉串を食べながら、前に買った地図を広げてアリアに見せる。


「レベル上げにむいてるダンジョンはないか?欲をいえば素早い魔物が出てくると嬉しい。」


「…ここがいいと思います。」

今回はとくに迷うそぶりもなく1つの印を指した。
知ってる場所なのか?

「なぜだ?」

「…ここは近くに村や町がないため、冒険者があまりきません。攻略目的の冒険者は無駄に立ち寄ることなく深いところに潜ってしまいます。なので地下10階あたりまでは魔物が溢れかえっている可能性があるので、レベル上げ用の穴場スポットといわれています。」

「有名ならみんな行くんじゃないか?」

「…はい。昔は多くのレベルを上げたい冒険者が足を運んだのですが、中級の魔物が溢れかえっているダンジョンなので、レベル上げ目的の冒険者では帰ってこれないで有名なダンジョンです。」

そりゃレベル上げがしたいってことはレベルが低いんだから、そんなところに行ったら助からないわな。
それを俺に勧めるってのは死ねっていってんのか?

「そんなところを俺に勧めるのか?」

「…はい。リキ様なら問題なくレベル上げができると思います。セリナさんを守りながらでもかすり傷程度で済むと思います。」

どんだけ俺を過大評価してんだよ。
俺だって死ぬときは普通に死ぬからな。
でもアリアが大丈夫っていうからには何か根拠があるのだろう。
一緒に命がけで行くのに嘘をつく必要がないからな。

「そこは素早い魔物がいるのか?」

「…はい。地下5階と地下10階の魔物は素早いらしいです。地下30階は速いうえに力もあるそうで、まだ攻略されていません。狙い目です。」

べつに攻略する気がねぇし、他のやつらが攻略できないようなところに行くつもりはもっとねぇよ。
アリアは俺に攻略させたいのか?

「攻略する気はねぇけど、攻略すると何かあんのか?」

「…はい。ダンジョンの最下層にあるコアは金貨1000枚で売れるといわれています。特別な力のあるものだそうで、売らずに使う人の方が多いらしいです。コアを失ったダンジョンはなくなります。攻略したパーティーのリーダーは貴族となり、ダンジョン跡地を領土としてもらえるそうです。」

ダンジョンは1階部分もあるため、跡地っていったら村くらいはありそうだな。
でも攻略しちゃったらレベル上げが出来なくなるからもったいない気もするんだがな。
ただ、コアはちょっと気になるな。

6人パーティーが揃ったらそれも考えてみるか。

だが、貴族になるのは面倒そうだからな…コアを取り逃げすればいいか。

「攻略はやるとしても人数が揃ってからな。それにまずはセリナが暗殺出来るくらいの実力をつけさせるのが先だ。」


何度か話し合いをした結果、セリナの復讐は暗殺で決定した。

王族に復讐するのに相手と同じもしくは上の土俵に立つなんて簡単にはできない。
だから1番手っ取り早い殺害に決定した。

手っ取り早いといっても、正面から行ったら、成功してもその後の生活がままならなくなる。

下手なことして追われる身になるのは嫌だし、金貨5枚もした奴隷を使い捨てにするつもりはない。
それにちょっと考えていることもあるしな。
だから暗殺になった。

ちょうどいいことに装備品に消臭と消音があるから、視界に入らなければバレないだろう。まさに暗殺向きだ。

それにこの世界には防犯カメラなんてないだろうから、案外簡単なんじゃねぇ?って思ったからという理由も大きいがな。

「…はい。このダンジョンにレベル上げに行くのであれば、毒消し丸と抗麻痺丸は必須です。数はあるだけ持って行った方がいいと思います。あと、水も川で汲んで持っていくことをお勧めします。」

「けっこう大変そうなダンジョンなんだな。川の水は何に使う?」

「…毒液などを吐き出す魔物もいるということなので、洗い流すためです。」

いちいち魔法で洗うのはMPの無駄使いだしな。
じゃあまずは森に入って水を汲んでから向かうとするか。
ダンジョンの位置も北側だしちょうどいい。

「じゃあ買い物が終わったら森の川で水を汲んでから、このダンジョンに向かう。ダンジョンに1番近い村まではけっこうな距離があるから、早く準備を終わらせないと夜通しダンジョンにいなきゃならなくなるからな。」

今回のダンジョンはこの街からダンジョンまで4時間、ダンジョンから近くの村まで1時間ちょっとといった距離だ。

今が8時過ぎだから、2時間で水汲みまで終わらせたら4時間くらいはダンジョンにいられるな。

ふとセリナを見ると、何かいいたそうな顔をしていた。

「なんだ?」

「なんでもないです。」

「なんでもなくはないだろ?いいからいえ。」

「行き先はリキ様がお決めにならないのかと思っただけです。」

「そんなことか。俺は字が読めないから、探すのはアリアに頼んでる。」

「そうなのですか。失礼なことをお聞きしました。申し訳ありません。」

「気にするな。」

セリナの見た目と口調の違和感が半端じゃないな。
もともとは貴族なんだから丁寧口調が普通なのかもしれないが、12歳でこんなにかしこまった話し方をするやつなんか今まで見たことないからな。

まぁまだ緊張してるだけで、そのうち子どもらしくなるんだろう。
気にするだけ無駄そうだ。



それからは市場を回って、飲食物と川の水を入れる大きな瓶を多めに買って、薬屋にも顔を出した。

そしたら初めてあの女のばあちゃんと思われる女性がいた。

初めてあの女と会ったときに着てた黒のワンピースに似ているものをばあちゃんも着ているが、これは宅急便は無理そうな、リアル魔女にしか見えない。

薬屋より占い屋の方がむいてそうな見た目だな。


なんか関わりたくないと思ってしまったから、高品質の毒消し丸と高品質の抗麻痺丸を20個ずつ買ったらすぐに店を出た。

そんなに買うのかと驚かれたが、アリアがいっぱいあった方がいいようなことをいっていたのだから仕方がないだろ。






今のところは順調に進み、森の川までやってきた。
前回来てからまだ1週間くらいしか経っていないのに久しぶりな気がしてならない。

川では魚が泳いでいるが、これも魔物に分類されるのだろうか?

べつに魔物は食えないってわけじゃないしな。
おっちゃんのとこの肉串だってなんかの魔物だろうし。
この世界には動物って概念がなさそうだし。
そう考えたら、経験値を得たうえで肉も食えるってのは一石二鳥だな。

とりあえずアリアを見てみる。

「…食べれなくはないですが、この森の魔物はあまり美味しくはないそうです。」

聞かずとも察してくれるとはできたやつだな。

「この森は?」

「…この森は瘴気が濃すぎるので、魔物が強くなりすぎて美味しくないそうです。」

筋肉質よりある程度脂肪があった方が美味い的なやつか?
でもやっぱり魔物は食べれるのか。
なら、これからは食べれそうな魔物の肉は取っておくのもいいな。

「とりあえず今日は水だけ汲んで、今後倒した魔物で食べれるやつがいたら教えてくれ。」

「…はい。」


さっき買った空き瓶に水を入れていく。
3人がかりでやっているが、地味に面倒だ…さすがに100本は買いすぎたな。
俺はこの10本目で限界だ。

「残りは2人でやっておけ。俺は周りを見てくる。危険があれば叫べ。いいな?」

「…はい。セリナさんが叫びます。」

「え!?」

驚いて振り向いたセリナが手に持っていた瓶を落とし、せっかく入れた水をこぼしていた。

まぁわかったならどっちが叫ぼうがかまわない。

その後も2人でやりとりをしてるみたいだったが、俺は無視して川沿いに登ってみた。

山の主が気になったから見に行くとかいうわけではない。
もちろん気になるが、緑の化け物ですら逃げれたのが奇跡レベルの力量差があるのに、そんな命知らずな真似をする気はない。

ただ、時間潰しをしようと思ったら、観察眼がこっちを示した気がしただけだ。



しばらく歩くと、10メートル先くらいに何かが倒れていた。

ぱっと見は子どものように見えるが、子どもが森に入ってなんかこないだろ。
魔物の可能性が高いから、迂闊に近づくべきではないか。

あぁ、こういうときに鑑定を使えばいいんじゃん。



キャンテコック・クルミナーデ エルフ 9歳
エルフ族LV3
状態異常:麻痺、弛緩


エルフは魔物か?
そういや魔物を鑑定したことないから、魔物と人間で表記が変わるかもわからないわ。
だからエルフが魔物の可能性は十分あるな。

まぁ麻痺してるみたいだし、魔物でも襲ってきたりはしないだろう。

近づくことで気づいたが、こいつ漏らしてやがる。ローブを着ているが、股下あたりが濡れてる。
それにアンモニア臭がする。

今は後ろから近づいた状態だから、前に回って顔を見た。
涎も垂れ放題だな…近くになんか落ちてる。食いかけのキノコ?


「あうえ…」


エルフが声を発したが、言葉になってない。
やっぱり魔物なのか?ってか人間と魔物の違いは何基準なんだ?

アリアに聞くのが早いな。

ローブの背中あたりを右手で掴んで持ち上げる。

「軽っ!?」

軽量の加護があるとはいっても、軽すぎてビックリした。
背中あたりを持ち上げたことで首を掴まれた猫みたいな状態になった。
下半身が下になったせいか、さらに漏らしたみたいだ。
服を着てるからチョロチョロとはなってないが、シミが拡大して、端まで達したらポタポタ垂れてる。

あっ、泣いた。
さっきは涎は垂れてたけど、泣いてはいなかったのに、漏らしてるのを見られて恥ずかしかったのか?
べつにガキの粗相に対して笑ったりはしないがな。
俺にかかったら怒るけど。



いろんな液体を垂らしたエルフを持ったまま、アリアとセリナが水汲みしてるところまで戻った。

「アリア。エルフは魔物か?」

「…いいえ。エルフは大まかにくくれば人間です。」

「そもそも魔物の基準ってなんだ?」

「…話す知能を持たない魔族を魔物と称しています。おおまかにくくれば魔物も魔族です。」

当たり前のように話しているけど、魔族って言葉を初めて聞いたんだが…

まぁ今の流れ的におおまかに分けて人間と魔族があって、人間の中にエルフや獣人、人族があると。
んで、魔族は話せるか話せないかで魔族か魔物に分かれるということだろう。
間違ってるかもしれないが、当たり前のように話してるからなんか質問したくない。

そのうち魔族と会うことがあればまた聞けばいい。なければ知る必要がない。

とりあえず今はこのエルフだ。

「こいつはどうすればいい?」

「…エルフの里を知らないので、もといた場所に戻してあげるのがいいかと思います。」

意外とアリアは鬼畜なことをいうな。
この状態で森に放置って殺せっていってるものだよな?

「街まで送るとかじゃないのか?」

「…街に連れて行ったら魔物の餌より酷い仕打ちを受ける可能性がありますが、リキ様がお金が欲しいのであればそれがいいと思います。」

「どういうことだ?」

「…以前お話しした、人間至上主義の人間とは人族のみで、もちろんエルフも含まれてないです。他にも、エルフは歳をとらない。正確には老化が遅いので、綺麗な見た目を長い間保ちます。そういうのを好む人族は多いと聞きます。それにエルフは魔法が得意といわれています。つまり、虐待奴隷、性奴隷、戦闘奴隷、どれにでも適しているので高く売れます。それにエルフが奴隷として売られることは珍しいので、コレクターにも人気があります。だから、街でエルフが奴隷狩りにあっても見て見ぬ振りをされます。なので、リキ様が奴隷商に売るつもりであればお金になります。街に送るだけなら、誰かがお金を得るだけで、どちらにしてもこのエルフの未来は同じだと思います。」

「…そうか。」

なんかアリアに圧倒されてしまったな。
もう面倒だから、本人に選ばせるか。

「とりあえずこいつの状態異常を治してやるか。アリアの魔法で治せるか?」

「…今持ってるスキルにはないですが、新しく取りますか?」

そういやアリアはめっちゃSPが余ってたから取らせるのもありだな。

「今後のことを考えたら取っておいた方がいいだろう。暇なときにでも探しておけ。こいつは抗麻痺丸で治す。」

その方が恩が売れそうだしな。

アイテムボックスから抗麻痺丸を1つだし、エルフを右手で持ち上げたまま左手で口の中に放り込んだが、だらんと開いたままの口からこぼれ落ちた。

落ちた涎まみれの抗麻痺丸を拾い、潰してからエルフの口に入れ、そのまま顎を掴んで口を閉じさせた。

「この薬はタダじゃねぇんだぞ?無理やりにでも飲め。飲めねえなら、今度はケツの穴に突っ込むからな。」

薬は直腸からが1番吸収しやすいとかなんかで聞いたことがあるからな。
聞き間違いな可能性もあるが。

エルフは涙を流しながら、なんとか飲み込んだようで、喉がゴクリと動いた。

なんだよ麻痺と弛緩状態でも根性でなんとかなるじゃねぇか。

飲んだのを確認して左手を離すと、またダラリと口が開いた。



しばらく様子を見てると、口が閉じて、涎を飲み込む音がなった。

「もう大丈夫だからおろせ〜!」

イラッときた。

手を離すと、いきなりだったからかエルフはバランスを崩してうつ伏せに倒れた。
その腹のあたりに足を入れ、持ち上げて仰向けにさせ、胸のあたりを踏んだ。

「うげっ。」

「なんか勘違いしてんじゃねぇの?善意でお前を助けたわけじゃねえから、口のききかたに気をつけねぇと俺らの経験値にすんぞ?」

「…ごめんな…さい。」

「わかればいい。んで、なんでこんなところにいる?」

「…人族に無理やり連れてこられた。でも魔物が馬車を壊したから、必死に逃げた。でもどこに行けばいいかわからない。お腹空いてきのこ食べたら動けなくなった…帰りたいよ…。」

面倒なやつを拾っちまったな。

ダメ元で地図を見せる。

「どの辺まで行けば住んでた場所がわかる?」

「…わかんない。」

やっぱり地図の見方なんてわかんないか。

「いつ捕まった?」

「朝、森に木の実を取りに行ってるとき…。」

「魔物に襲われたのはどっちの方向かわかるか?」

エルフが指を指した方向を地面に置いた地図と照らし合わせて、ここからエルフが指した方向の森の外の整備された道までの子どもの徒歩の時間をだいたいで計算すると、魔物に襲われたのが9時くらいか?んで、その場所までを馬車で3時間から4時間くらいで行ける森っていったらこのあたりか?

アリアも横から覗き込んで、同じ考えにいたったようだ。

たぶんだが、ダンジョンを超えてさらに2時間くらい進んだ森だ。



正直そこまで送ってやる義理はないが、乗り掛かった船ってやつか?
仕方がないから送ってやるとするか。


100本の瓶に水を汲み終えていたアリアとセリナにこいつを森まで送ることを告げて、時間がもったいないから直ぐに向かうことにした。



当の本人であるエルフはよくわかってなかったようだが、空気を読んだのか、ちゃんとついてきた。

「裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く