裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚

葉月二三

4話




街の外に出るのにこんなに時間がかかるとは…
空は既に薄暗くなってきている。
腕時計は3時10分を指していた。
たぶん18時くらいだろうと思い、時間を調整する。
でもよくよく考えたらこの世界が24時間とは限らないのか。

まぁいいや、せっかく外に出れたのだから、早く魔物を見つけなくては。

まさかあんなデカい壁に囲まれた街なのに出口が4ヶ所しかないとはな。
とりあえず壁に向かって歩いて、その後は壁沿いに歩いて来たらこんな時間だよ。
ちなみに門を出るときの審査はギルドカードを提示するだけで終わった。
門番の人にもう夜になるから急ぎじゃないならやめといた方がいいっていわれたけど、急ぎなんだと無理やり出てきた。

とりあえずガントレットを装着してみたが、腕時計や指輪をしたままでも違和感なくピッタリフィットするとかすげぇとしかいえないわ。
装備の高性能に驚きつつも整備された道を歩いてるけど、魔物がいない。

道の左側は100メートルほど草原で、その先が森だか林だか山だかになってる。近すぎてよくわからん。とりあえず木々が生い茂ってる。

右側は地平線まで草原だ。

とりあえず森の方が魔物がいそうだな。
なんかあればすぐ道に戻れるしな。

そんな浅はかな考えで森の中に足を踏み入れた。

まだ微かに太陽の光があるはずなのに、森の中にはほとんど届いてない。
かなり暗い。
目が慣れてきているおかげでかろうじて見えてはいるが、これは危ないな。
うん、戻ろう。

諦めて踵を返したところ、危険だと直感が告げる。
何事かと止まって耳を澄ませる。
何かがけっこうな速度で近づいてくる音がする。
飛びかかってきた音に反応して、振り向きざまに裏拳を決める。
加護のおかげなのか殴ったときの衝撃がほとんどなかった。
衝撃も重さととらえられるのか?

殴ったせいで吹っ飛んだ生物に目を向ける。
犬のような生き物だ。
ドーベルマンの犬歯をトドみたいにして、悪魔みたいなツノと小悪魔みたいな羽根をつけた生き物だ。

右目は潰れてフラついている。
それは俺のせいか。

識別を発動。

「敵」

魔物とは出ないのか。
でも敵ならたぶん魔物ってことだろ。
ならやってやろうじゃねぇかと喧嘩スタイルで構える。
確かにこいつは軽いな。
装備だけじゃなくて身体まで軽い気がする。
それでも殴った相手にあれだけのダメージを与えられるってことは軽く感じてるのは自分だけで、ちゃんと重さは存在しているのだろう。

元の世界じゃあり得ない不思議パワーだ。

「かかってこいやー!」

声を出して気合を入れる。

犬もどきは俺の気合のせいか痛みのせいかわからないが一瞬怯んだ。
その隙に駆け出す。

ってか思った以上に速く動ける!
これはブーツの加護のおかげか?
それともガントレットの加護と重複してるのか?

なんて考えていたらもう犬もどきの目の前だった。
犬もどきはまだ逃げの動作も攻撃の動作も行えていないようだ。

「オラッ!」

移動の勢いそのままに右拳で殴りつけた。
自分で思っている以上の力が加わったようで、犬もどきの左頬が抉れて血が噴き出した。

目の前で血飛沫を浴びたが、不思議なことに服にすら血はつかなかった。

「加護って凄えな。腰のベルトに付けてるだけなのに全く血を浴びないわ。」

というか自分でやっといていうのもなんだが、グロいな。
動物愛護団体とかに訴えられそうだな。

まぁこの世界では魔物は悪だから関係ないか。

そんなくだらないことを考えている間に犬もどきは動かなくなった。

死んだようだ。

俺の方が強いだろうってのはわかっていたが、まさか2発で終わるとはな。

初獲物の素材を集めるかなと短剣を取り出して気づいた。

「どの部位を取ればいいんだ?」

小学生の頃にやってた化け物狩りのゲームだと倒した化け物に近づいて採取をすれば勝手に素材を取ってくれたけど、いざやろうと思うとどうすればいいかわからん。

「とりあえず牙とツノと羽根と皮を取ればいいか。」

なんとなく金になりそうな物を選んだが、ダメなら捨てればいいか。
肉は食えるかわからないからちゃんと埋めてやるか。

まずは牙を取ろうとするがうまく取れない。
短剣で歯茎を抉るが、けっこう深いところから生えてるみたいで上手く取れない。

気合でなんとか右牙を取った。

思いの外疲れるなと思って一息つきながらバックに牙を仕舞ったところ、犬もどきに囲まれていることに気づいた。

「嘘だろ…」

どんだけ集中してたんだよ。
全く気がつかなかった。

1.2.3.4.5.6...12匹か。

いくら1匹を2発でKO出来たといっても12匹をいっぺんにとか勝てる気がしない。

確か俺が来た道はあっちだから、そこを一気に駆け抜ける。
道を塞いでる3匹は殺すよりも攻撃をいなすこと重視で、あとは後ろからの攻撃をくらわないように神経を研ぎ澄ませ。

「ラァ!」

気合を入れて来た道を全速力で走ろうとした瞬間6匹が一斉に飛びついてきた。
進行方向の1匹の下をくぐるために腹を殴ろうとしたらまた危険だと直感が告げた。

周りに意識を向けると、2匹が時間差で俺が狙った1匹の下を走ってきていた。
噛みつこうとする2匹の口の中にそれぞれの手を拳を握らず勢いよく突っ込む。
最後の力を振り絞って噛み付いたようだが、肘まである鋼のガントレットのおかげで腕は千切れずに済んだ。
指が犬もどきの後頭部から突き抜けたせいで、犬の牙はガントレットの端ギリギリで危なかったがな。

だが上を飛び越えていた犬もどきの後ろ足を避けきれずに額を少し切ってしまった。

額から流れてきた血が左目に入り、視界が一部塞がる。
自分の血は加護の範囲外のようだ。

だが今はそれどころではない。

両腕に付いている犬もどきを振り払う。
頬の部分で辛うじてくっついていた上顎と下顎が千切れて簡単に外れる。
あとは1匹をどうにかすれば前には魔物がいなくなる。

だが後ろにはまだ7匹、斜め前には左右で2匹いる。
立ち止まっていたら死ぬ。

だから走った。
犬もどきは仲間がグロい殺され方をしても怯んでいないようだ。

近づく俺に対して出方を伺うように構える犬もどき。
避けるのは難しそうだ。
だが攻撃の動作をしたら後ろの犬もどきに追いつかれる。

残り1メートルを切ったところで犬もどきは口を開けた。
その口を左手で押さえ右に抜ける。
なんとかギリギリで避けられたと思ったが、違った。
またしても危険だと直感が告げ、体が無意識に防御姿勢を取った。

その直後、犬もどきが破裂した。

その衝撃で2メートルほど吹っ飛んだ。
けっこうな衝撃だったが、まだ動ける。
咄嗟に跳ね起きて避ける。

先ほどまで俺がいた所に2匹の犬もどきが飛びついていた。

身体は痛いが邪魔な犬はいなくなった。
これならなんとかなる。

俺は必死に走った。
後ろを振り返らずひたすらに。
もともとそこまで森の奥に来ていたわけではなかったから、しばらくしたら整備された道が見えた。

なんとかなったと安堵した瞬間に視界の端に何かが映り、危険だと直感が告げた。
なんとか立ち止まることができたと思ったら、目の前を岩が勢いよく通り過ぎた。
石というにはデカすぎる。
あんなのが当たってたら死んでたぞ。

岩が飛んできた方向を見ると緑色の二足歩行をしている化け物がモゴモゴいいながら地面から岩を作り出していた。

1匹だけならと思い向かおうとしたが、立ち止まる。
ダメだ、あいつは俺よりはるかに強い。

森の外に出たら障害物が何もないから恰好の的だ。
だからといっていつまでも森の中にいたら、今はもう犬もどきが追ってきていないといってもまた狙われるだろう。
挟まれたら終わりだ。

なら次の1発を避けたら全速力で逃げる。

そう決めて、喧嘩スタイルで構える。
意識を集中させる。
緑の化け物は作り終えた岩を持ち上げる。
まだ投げる動作に入っていないのに直感が避けろと促してくる。
まだだ。

緑の化け物が変な動きをした。
それにつられて思いっきり横に跳んだ。
もし今のがフェイントなら死んだ。
だが、フェイントではなく、先ほど俺がいた場所を岩が通り抜けた。
障害になるはずの木々をぶち抜きながら。

下投げであの威力とかまさに化け物だろ。

俺はすぐに起き上がり、倒れてくる木を避けながら全速力で森の外へ出た。
そのまま街に向かう。
そのあとはよく覚えていない。
気づいたら門の前にいて、門番の人に大丈夫か?と声をかけられていた。

大丈夫じゃねぇよ。
無理ゲー過ぎるだろ。

だけど門番の人の制止を振り切って外に出たのだから何もいえない。

今日はもう寝よう。

「大丈夫だ。それよりこの辺りに宿があったら教えて欲しい。」

「それならそこの建物の2階が宿になってるよ。安いとこがいいなら冒険者ギルドの隣が1番安い宿だと思うよ。」

門番が指差した建物を見る。
1階が酒屋だか食堂だかになっているわりと綺麗な建物だ。

「ありがとう。」

門番に礼を告げ、近い方の宿に泊まることにした。

「裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く