ファルダーミール -明日の世界-

ほむほむ

第29話 続きβ

 3階の音楽室にカヤトたち向かった。
 コツコツと暗い廊下に3人の足音が響く。
 「ところでカヤトさんどこに向かっているんですか?」

 「うん?あぁ、音楽室に向かっている」

 「音楽室ですか」

 「あぁ」

 「なあ、カヤト。音楽室にいると思うか?」

 「何がだよ、西城」

 「いや、妖怪?幽霊?」

 「きゃ!幽霊怖いです」
 咲が幽霊を怖がる。
 サキ自身がトイレの花子さんという妖怪なのになにを怖がっているのか?不思議なものである。
 「おまえも妖怪だろうが」

 「えっ?あ、はい、そうでした。てへへ」
 可愛らしくサキは微笑む。

 「そんなことより、着いたぞ」
 暗いことも相まってか音楽室の入り口がとても異質に見える。
 まるで人が入ってくるのを拒絶しているかのように。
 「t4seq5meptb5tnhtej」
  「うん?いま、何か聞こえたような?」
 「そうか?何も聞こえなかったぞカヤト」
 「……」
 本当にそうだろうか?
 俺はこのときもっと深く考えておけばよかったと、のちに後悔することになる。

「ファルダーミール -明日の世界-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く