ケーキなボクの冒険

丸めがね

その65

雪の山を興奮した馬は暴走する。
必死にしがみつくリーフ、しかし馬の脇腹を足できつく挟んで締め付けてしまい、かえって馬は走り続けてしまうのだった。
「止まって!止まってよう!!」
大声で叫ぶが馬の耳には入らない。しかも雪が強くなり前方が真っ白にしか見えなくなった。
ブルー王は馬に飛び乗り、リーフの馬を追いかける。数人の家来も後に続いた。
ブルーが乗る馬は鬣も肌も金色に見える美しい馬で、美しいだけでなく俊足の名馬だ。またたくまにリーフの馬の後ろに着いた。
「ブルー王!」振り向くリーフ。この際、とりあえず助けてほしい。
「このすぐ先は湖だ!氷が張っているがまだ薄い!早く馬を止めろ!」
「止め方がわかりません!!」
「手綱をっ・・・」
その声を聞いたか聞かないかのうちに、リーフの馬はドンッ!と横滑りした。
堅い地面に放り投げられる。バリバリと音のする方を見ると、乗っていた馬が上半身だけ出して暴れていた。
「えっ・・・?」
馬は、氷の割れた隙間に沈んでいる。悲しい鳴き声が響く。
「ここ・・・」ガクン、と体が沈んだ、と思うと、右肩まで氷水に使っていた。バリバリ・・リーフの周りの氷が崩れる、と同時にリーフは氷の水の中にいた。ここは山の湖、トウメイ湖だった。
「たすけ・・・」
「リーフ!」
誰かの声だけ聞こえる。目に入るのは水と氷の板。体は冷たさよりも、針で刺されたような痛みを感じた。
どんどんどんどんリーフは沈んでいく。手も足も堅くなって動かせなかった。
(こんどこそ・・・ボク死ぬのかな・・・・・)
耳鳴りがして、静かになった。心臓が痛い。蒼く暗くなる・・・・
目を閉じようとしたとき、太ももに暖かいぬくもりを感じた。妖精の婚印のあたりだ。

その瞬間、リーフの周りが明るく光った。とても暖かい光だ。
キラキラ光るリボンのような光がリーフを包む。
リーフは右手を伸ばした。その手を、誰かが握った。
「マーリン・・・?」マーリンかと思ったが、すぐにその顔はララに変わった。女の子だった。「ララ!」
嬉しくなって抱きしめるリーフ。
ザバっ

リーフは湖の岸に引き上げられる。リーフを抱き上げ助けたのは、ブルーだった。
「早く体を温めないとまずいな」
ブルーが濡れたリーフの服をナイフで破り、脱がせる。部下たちがテキパキと薪と、簡単なテントを設えた。
ブルーの毛皮の上に裸になったリーフ寝かせて、乾いた布で体を隅々まで擦りあげる。
「これか・・・」ブルーはリーフの太ももの妖精の婚印を見つけた。
「湖に落ちて氷の床に阻まれたとき、リーフはも死んだと思ったが・・・。湖の中から明るい光が現れて、リーフが浮かんできた・・・。きっと妖精に守られたのだろう。」
いつの間に付いてきたのか、心配そうに二人の周りをクルクル回るクルクル。
リーフの唇はまだ青く震えている。
ブルーは自らも服を脱ぎ、裸でリーフの肌を温めた。



「ケーキなボクの冒険」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く