ケーキなボクの冒険

丸めがね

その38

朝。

リーフはテントの中で目を覚ました。テントの天井をぼんやり見つめ、ああやっぱりまだこっちの世界だな、と思う。
すぐ横にはマーリン王子が椅子に腰かけ、リーフを見つめていた。銀髪が朝の光にキラキラ輝いて、ヒスイ色の目が優し気に微笑んで、絵のように美しい。
今日は王子、ずいぶん気分がよさそうだなぁ、とのんきに思っていると・・・
「あれ?」「なんでボク裸なの?」
リーフは、服を着ていない自分に気が付いた。
「あ、あれあれあれ???!!!」
一瞬で目が覚めて、昨夜の記憶の糸を手繰り寄せる。

おじいちゃん兵士さんが来てくれて、お菓子をみんなに焼いて、スカーレットさんとくっついて・・・。
そこから記憶がない。
恐る恐る一緒に寝たと思われる人に聞いてみる。
「あ・・あのう・・・ボクはどうして服を着ていないのでしょう・・・?」
王子はニコッと笑って答えた。
「昨夜、私たちは婚儀をしたからね。」
「・・・コンギ・・・?」 うまく言葉が理解できない。
「結婚したんだよ、リーフ」

「・・・・・・・・・・・・・・・
ええーーーーーーーーーーーっつつ!!!」



キャンプ中にリーフの叫び声が響き渡る。
「失礼!今のお声は、何事ですか!」スカーレットがすぐに駆けつけてきた。
すがるような目のリーフ。「あのっ、あのあのっ!王子とボクが婚儀をあげたって本当ですか?夜に!」
リーフの戸惑いは察したものの、スカーレットは恭しく頭を下げて「はい」と言った。
「だってボク寝てて・・・その間って・・・ていうか婚儀ってどういうことを・・・。」
「リーフ様がマーリン様の妻になったという証がお体に刻まれまし・・・」
「きゃーーーやっぱいい!言わなくていい!言わないで~~~!」
思わず耳をふさぐリーフ。「ななな何も聞きたくない・・・・」

まさかマーリン王子と、いたしてしまったというのだろうか。しかも寝てる間に。自分の体が、どこがどう変わった感じはないのだが、男でも女でも経験のないリーフにはそもそもさっぱり分からない。

もう一度マーリン王子を見る。語らずとも余裕の微笑、妙にスッキリした顔に見えるのが恐ろしい・・・。

昨夜までは仲間の様だった兵士たちも、おじいちゃん兵士も、スカーレットさえ、リーフにやけに丁寧な態度になり、「リーフ様」と「様」を付けて呼ぶようになっている。

トドメは、おじいちゃん兵士の「リーフ様にお子様がお生まれになったら、100歳を超えましてもこのわたくしめが命がけでお守りいたしますぞ!」
という威勢のいい一言だった・・・。


ショックで茫然とするリーフを乗せて、馬車の旅は二日目を迎えたのである。

「ケーキなボクの冒険」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く