ケーキなボクの冒険

丸めがね

その37

マーリンに、テントに連れて行かれるリーフ。

「まってくださいっ!ボクはマントでも貸してもらって・・・野宿でイイですから~~!」
リーフは葡萄酒を飲んだせいで足がふらつき、マーリン王子によろけて倒れ掛かる。マーリンはリーフの肩を抱き包み、またキスをした。
テントの入口を開ける王子。中には簡単なベッドがしつらえてある。
「やばい…気がする!」 今夜も身の危険を感じるリーフ。その腕から逃げ出そうと抵抗するが王子の力は強い。
と、そこへ。
「お嬢さ~ん!忘れ物ですぞ~~!」
おじいちゃん兵士が馬に乗ってやって来た!!
老兵士は長年の友である灰色の愛馬を華麗に操り、リーフの横で降りると、まずは王子に向かって、膝をついてうやうやしく頭を下げた。そしてリーフのほうに向きなおし、あの紫の壺を掲げる。
「お嬢さん、これを城に忘れて行かれましたな。大事なものではござらぬのか」
「あ、お菓子の壺!!ありがとう、これがあったらお菓子が焼けて便利なんだ!」
リーフは嬉しそうに壺を受け取った。海に落ちたりのドタバタ騒ぎでスッカリ忘れていた。

「そうだ、せっかくのキャンプだし、みなさんにお菓子を焼いてあげるね!」ウキウキしながらリーフはツボから材料を取り出す。こんな夜はフワフワのシュークリームなんてどうだろう。

はしゃぐリーフ、お菓子作りに夢中ですっかり王子のことを忘れている。
何か言おうとしたスカーレットだったが、王子に「好きにさせてよい」と止められた。王子は焚火の前に座り直し、お菓子を作るリーフを愛おしそうに見つめる。
スカーレットも、リーフのお菓子をまた食べれると思うと嬉しいのだった。「マーリン王子、あの娘はとても不思議な娘ですね。とても、・・・なんといいますか、普通の女の子ではなくて・・・説明できないのですが。」
「ああ・・・。」銀髪の美しい王子もうなずいた。

ハート模様が付いた紫の壺からはいい匂いがして、ポンポンとシュークリームが飛び出す。リーフはこのキャンプにいる30人分をあっという間に焼き上げた。仕上げにカスタードクリームをいっぱい詰めて出来上がり!
「お嬢さんのお菓子はなんてすばらしいんじゃ!」老兵士がシュークリームを手に取って感動する。
そして匂いにつられて待ちきれない兵士たちに配ると、皆口々にリーフのシュークリームを褒めたたえた。「こんなおいしいもの食べたことがない!」「奇跡の味だ!」「家族にも食べさせてやりたい・・・」などなど。

疲れ切っていた兵士たちに活気が戻る。スカーレットも感動しつつパクパク食べた。
「あれ、スカーレットさん、口の周りにクリームがついてるよ・・・」慣れていないからか、急いで食べたせいか、スカーレットの口の周りにはカスタードがたくさんついていた。リーフは指でとってあげて、ペロッとなめた。
なぜが真っ赤になって照れるスカーレット。美しい顔が焦る様子はとても可愛かった。
(かっかわいいっ!)
リーフは、強そうな女剣士がお菓子を食べて照れ照れ、というこの状況に、ゾクゾクして萌えた。
(そうだそうだ、ボクは今、女の子じゃないか!ということは・・・!)リーフはやっと、自分の役得に気が付いた。必要以上にスカーレットに近づいて、ペトペト触ったりする。女の子同士だから、やらしくないのである!!
おまけにおじいちゃん兵士もおしゃべりに参加してきて、昔の武勇伝などをおもしろおかしく話してくれて、お菓子を食べつつ楽しい時間になってきた。
しばらくリーフはキャッキャッと浮かれていたが、いつの間にかグッスリ眠り込んでしまった。彼女の膝で猫のように丸っくなっている黒髪の女の子をみて、あきれるスカーレット。
「まったくこの子は・・・。」リーフのあどけない頬にかかる黒髪を、微笑しながらそっとなでる。
その様子を優しく見ていた王子は言った。「リーフをテントに運んでくれ。婚儀は彼女が寝ているうちに、今夜行おう」

「ケーキなボクの冒険」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く