レベルリセッターの冒険録 〜チートスキルで歩む冒険〜

バジリス

8話 ゴブリン討伐

少し文章おかしいかも





「うわぁー、ここがゴブリンのいる森かぁ。いかにもって感じの森だね」

 クレアは目の前に広がる森を見て呟く。

 俺とクレアは今ゴブリンのいるギルム近くの森の前にいる。
 森は木がかなりの密度で生えており、鬱蒼ときた雰囲気を醸し出している。
 いかにも魔物が蔓延っていそうな場所だ。

「まあ、俺達なら大丈夫だとは思うけど気を引き締めていこうね。まだゴブリンの出現数が増えた原因は分かってないんだから」


 ゴブリンの出現数が増えたからには何かしらの原因があるはずだ。

 ゴブリンの出現数が増えた原因はいくつか考えられる。

 一つ目は季節だ。魔物には季節によって出現数が変わるものがある。
 ゴブリンは春先に出現数がぐっと増え、それから冬になるにつれて段々と少なくなって行く。

 二つ目は強力な上位種の出現だ。
 実は魔物は自然に出現するだけでは無く、魔物同士やもしくは魔物とその他の種族との間で子を成す事でも出来る。
 通常のゴブリンは頭も悪く自分で子を成すなど考えつかないが、強力な上位種が出現すると、そいつが周りのゴブリンを統率し、その事を教える事がある。
 その場合、数が増えるだけでなく組織だった行動も行うようになる為余計にタチが悪い。


 今の季節は秋のため一つ目の理由の可能性は無い。
 そうなると二つ目の理由だが、通常強力な上位種が現れた場合女性が拐われたり、村が襲われたりするが今回はそのような事は無いためこの理由である可能性も低い。

 詰まる所、まだ原因は全く分かっていないのだ。


〜〜〜

「おらっ!」

「グギャッッ」

 森に入ってから約三時間で俺とクレアはすでにそれぞれ50体程のゴブリンを倒していた。

 俺は短剣で首を刎ねたり、心臓や喉を一刺ししてゴブリンを楽々と倒し、クレアは天魔法では威力が高すぎる為、全属性魔法を用いて一番扱いやすい風属性の魔法でゴブリンをスパスパ切っている。


「どうする?かなり倒したしもうそろそろ帰るか?」

 だんだんと太陽も沈み暗くなってきたので、俺はクレアに帰ることを提案する。

 夜は当たり前だが周りが見えにくい。さらに昼と比べて魔物の強さが同じ種類でも若干強くなる。
 その為冒険者に限らず殆どの人は暗くなってきたら町に帰ったり、魔物の嫌がる火を付けて野営を始めたりするのだ。

「そうね。私もそれで良いと思うよ」

「よし、じゃあ帰るか」



〜〜〜


「ミーシャさん、帰ってきたので確認お願いします」

 ギルドに戻ってきた俺達は早速報告をする為にミーシャさんに話しかけた。

「本当にゴブリンを倒せたの!?凄いわね。確認するからギルドカードを渡してくれない?」

「はい、どうぞ」


 俺とクレアはミーシャさんにそれぞれのギルドカードを渡した。

 ギルドカードには倒した魔物の種類と数を記録する機能があるのだ。
 どうやって記録してるのかわ分からないが。


「えーと、50体!?え?これ本当!?」

 どうやらミーシャさんは俺とクレアが倒したゴブリンの数に驚いているようだ。

「本当ですよ。遭遇するゴブリンの数が多かったので」

「そうよね、ギルドカードを偽造する事なんて出来ないものね、、、」

 どうやら信じてくれたようだ。

「じゃあ、これが報酬よ。金貨が5枚ずつ入っているからね」

 そしてしばらくカウンターの奥にると、皮でできた袋を二つ持ってきた。
 これに報酬の金貨が入っているようだ。

「ありがとうございます。ではまた明日
!」

「さようなら!」

 俺とクレアはミーシャさんに挨拶をすると、ギルドを出た。

「いやー、1日で金貨10枚も稼げるとわ思わなかったね!」

「本当だよ!討伐報酬が多いうちはまたゴブリン狩ろうよ!」

「そうだね」

 俺とクレアは話しながら歩いている。

 そして、宿まで近道をしようと裏路地に入る。

「おい!」

 すると突然後ろから声を掛けられた。
 後ろを見ると冒険者らしきいかつい男が三人いるのが見えた。

「何ですか?」

 俺は何となく察したがいちよう尋ねた。

「さっきギルドで金貨10枚貰っただろ?それを置いてけ。そうでなきゃ痛い目見てもらうぞ」


「はぁ」

 俺は大きく溜息をついた。

「レベルリセッターの冒険録 〜チートスキルで歩む冒険〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • バジリス

    そうです(*^▽^*)

    2
  • ラインハルト

    次はテンプレですね

    1
コメントを書く