レベルリセッターの冒険録 〜チートスキルで歩む冒険〜

バジリス

6話 冒険者登録


 トネルに入ってから約1時間後、俺らはようやく冒険者ギルドに着いた。

 今は大体午前11時、そのせいか冒険者の出入りは少ない。
 
 冒険者ギルドの建物は二階建ての石造の建物で、かなりの大きさだ。
 そして扉の横には冒険者ギルドのマークの剣と盾が描かれた看板が掛けられている。


「やっぱり村と違って大きいね。門からギルドまで行くのにもかなり時間がかかっちゃったよ」

 クレアがしみじみといった感じで呟く。

「そうだね。でもこれからお世話になるダンジョンはギルドから近いらしいから良かったね。まあ、だからギルドがこんなに門から離れた所にあるんだろうけど」


 殆どの場合冒険者ギルドは門の近くに建てられている。
 これは冒険者ギルドの性質上、魔物を討伐する為に冒険者はギルドで依頼を受けた後、町の外に行くことが殆どなのでギルドと門までの移動時間を短縮させる為だ。

 しかしトネルの町は依頼を受けた冒険者は町の中になるダンジョンへ向かう事が多い為、門では無くダンジョンに近い所にギルドがあるのだろう。


「そっか!さすがリーグ、物知りだね!」

 …いや違うよ、クレアが知らなすぎるだけなんだよ。

 クレアは基本的に頭は良いがこういった常識などには疎い事がある。
 村にいた頃もそのせいで何回か騒動を起こしている。


「まあ、入り口付近で喋っているのま邪魔だし取り敢えず入るか」

「うん!」




 ギルドの中は想像とは違って意外と綺麗だった。
 酒場も併設されてはいるがそんなに酔っている人も居なく、どちらかと言うと軽食屋といった感じだ。

 冒険者が依頼を受けたり手続きをしたりする受付は合計で10個あり、受付嬢の人は皆美人だ。


 俺らは早速一番近くにある受付に向かった。
 
「すいません、冒険者登録をしに来ました」

 受付嬢の人は茶色の髪の毛を肩までのばした二十代前半のおっとり系の美人さんだ。

「あら〜冒険者登録に来たの。二人かしら?だったらこれに記入してね。文字が書けなかったら代筆するから言ってね」

「分かりました」

 受付嬢の人はそう言うと俺とクレアに用紙を渡して来た。そこには年齢と名前、それと希望する役割りを書く欄がある。

 役割りとは、冒険者として活動する上で自分が主にやる事柄を表したものだ。
 剣士や魔法使い、シーフなどだ。これはあくまでも自分の得意分野を周りにアピールする為にあるものであり、自分のスキルによって強制的に決められるものでは無い。


 俺は役割りを剣士にする事にした。"剣"のスキルを持ってるので今のところ剣が一番得意だからだ。

「クレアは役割り何にしたんだ?」

「私は魔法使いにしたよ」

 やはりクレアは魔法使いにしたようだ。
 クレアは見るからに魔法特化型なので妥当な判断だろう。

「これで良いですか?」

 俺とクレアは受付嬢の人に用紙を提出した。

「うん、大丈夫だね!じゃあ、冒険者の説明をするよ」

「お願いします」

 俺は昔から冒険者になりたかったので大体の事は既に知っているが、クレアの為にも聞く事にした。


 冒険者ギルドは魔物やダンジョン、危険を伴う依頼を各地から受け、それを冒険者に斡旋する事を仕事としている。

 冒険者はFからSSSの全部で九つのランクで分かれている。

 Fランクは一番下っ端で、冒険者登録をした人は皆このランクからスタートする。
 Eランクになると駆け出し卒業といった感じとなり、Dランクで一般冒険者、Cランクでベテラン冒険者といったようになっている。
 Cランク程でランクが止まる人が殆どで、Bランク以上の人は全体の5パーセント程しかいない。
 Aランクともなるとかなり名前も知られて行き、Sランク以上は英雄並みの扱いになる。

 現在世界にSランクは13人、SSランクは1人しかいなく、SSSランクは不在となっている。

 依頼もFからSSSまであり、自分のランクの一つ上のランクの依頼まで受ける事が出来る。

 ランクを上げるには依頼を必要回数こなすか、大きな功績を上げる必要があり、Cランクから上になる為には試験も必要となる。

 また依頼を失敗した場合、違約金を払う必要がある。その為自分の実力を考えずに無闇に依頼を受けると借金まみれになったりする事もある。



 「と言う訳で、まず二人はFランク冒険者から始めてもらう事になるよ。これが冒険者カードだよ」

 一通り説明をし終えると、受付嬢の人は俺とクレアに銅色のカードを渡して来た。

「このカードは身分証にもなるから大切に保管してね。無くした場合再発行にはお金がかかるからそのつもりでいてね」

 冒険者カードには名前とランクが書かれている。また、冒険者カードの色はランクで決められており、Dランクまでは の冒険者カードは銅色なのだ。

「ありがとうございます。えーと、お名前は?」

「私は受付嬢のミーシャよ。これから宜しくね」

「はい、ミーシャさんこれから宜しくお願いします!」


 そして俺とクレアは宿を取る為にギルドを後にした。




ーーーーー

次回かそこまた次回にテンプレを入れる予定。


「レベルリセッターの冒険録 〜チートスキルで歩む冒険〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • バジリス

    ありがとうございます!
    やはり成長性があった方が面白いですよね。

    2
  • ラインハルト

    これからも頑張って下さい。
    この作品の徐々に最強になるのが好きです

    2
コメントを書く