レベルリセッターの冒険録 〜チートスキルで歩む冒険〜

バジリス

5話 トネル到着

テスト期間だったので短いです






 2日後、俺らはようやくトネルの町に着いた。予定より1日早く着いたがこれは俺とクレアのステータスが一般の人よりもだいぶ高くなったからだ。

 道中何度か魔物に襲われたが、問題無く倒す事が出来た。
 レベルリセットの特典で得た"剣"のスキルはやはり凄いスキルらしく、戦っている最中も短剣が体の一部になっている様な感覚で、尚且つ体の動かし方などといった事も的確にわかった。


「これがトネルの町かぁ、思ったよりも大きいね」

 クレアがトネルの町を囲む塀を見てしみじみといった感じで呟いた。

「そうだね。大きいとは聞いてはいたけどここまでとは思わなかったな」

 トネルの町の人口は10万人程、エルドラ王国の中でも有数の都市だ。
 村にいた頃から知ってはいたが、村以外に殆ど出た事の無い俺らには10万人と聞いても正確に想像する事が出来なく、実際に見てみて予想の何倍もの大きさにびっくりした。

「クレア、取り敢えず列に並ぶか」

「うん。そうした方が良さそうだね」

 トネルには東西南北に一つずつ門があり、トネルに入る為にはそれらの門を通らなくてはならない。
 10万人の都市の出入りがだった四つの門のみで行われているので、もちろん門の前には長蛇の列がつくられている。

 そして今俺らがいる東門には現在進行形で人がどんどん列に並んでいるので、さっさと列に並ばないと町に入る時間が遅くなってしまいそうだ。



〜3時間後〜


 ようやく俺らの番になった。ここでは身分証の提示と持っている物の検査をしなければならない。身分証が無かったり、犯罪歴が有ったりするとお金を払わなければ町に入れない。持ち物も怪しい物が有ったりすると没収されたりそのまま捕まったりされる。

 俺らの場合、村を出る際に親から身分証を貰っているのでお金を払わずに入る事が出来る。持ち物も短剣や食料、テントとスライムを倒して手に入れた大量のスライムゼリーぐらいしか無いので問題無いだろう。大量のスライムゼリーは少し怪しまれるかもしれないが。


「えーと、リーグ君とクレアさんだね。この町に何しに来たんだい?」

 俺とクレアの身分証を確認した衛兵の人が尋ねてきた。

「15歳になってステータスを授かったので冒険者になろうと思ってこの町に来ました」

「そうかそうかこの町なら冒険者になるのにぴったりだしね。後…、スライムゼリーが大量にあるけどこれはどうしたんだい?」

 やはりこの量のスライムゼリーは怪しまれた様だ。いくら弱いスライムでも、これだけのスライムゼリーを取るのは難しいので不思議に思われているのだろう。


「いやー、途中でスライムキングに遭遇しまして、その時にいっぱい取れたんですよ」

「なんだって!?大丈夫だったのか?」

 スライムキングはまあまあ強い魔物だ。なので心配してくれているのだろう。

「大丈夫ですよ。倒しましたし」

「スライムキングを倒せたのか!それなら冒険者になるのも納得だな。よし!もう通って良いぞ。冒険者ギルドは道を真っ直ぐに行ったらあるぞ」

「「ありがとうございます」」

 そして俺らはついにトネルに足を踏み入れた。

「レベルリセッターの冒険録 〜チートスキルで歩む冒険〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • バジリス

    コメントありがとうございます!
    テスト期間終わったのでこれからはビリバリ書きます!

    2
  • ラインハルト

    続き待ってます
    主人公最強好きです

    2
  • ノベルバユーザー149501

    面白がったです
    続き待ってます(o^^o)

    5
コメントを書く