レベルリセッターの冒険録 〜チートスキルで歩む冒険〜

バジリス

3話 スライムスライムスライム


 村を出た俺らはまず行き先を決める事にした。

「取り敢えずトネルに行こうと思うんだけどどうだ?」

「良いんじゃない?あそこなら冒険者になるのにぴったりだし」

 トネルは村から北に歩きで3日程の距離にある町の名前だ。
 町の中にグレード1のダンジョンがある事で有名だ。

 ダンジョンにはグレードと呼ばれるものがある。グレード1から10まであり、数字が小さいほど中にいる魔物が弱くなる。
 グレード1のダンジョンだと大体レベルが5あれば十分だと言われている。それがグレード10のダンジョンにもなるとレベル100を超えてようやく入れるようになるらしい。そもそもレベルの上限が100以上の人なんて殆どいないためグレード10のダンジョンに挑める人は限られている。

 よってグレード1のダンジョンがあるトネルには冒険者に成り立ての人がよく集まる。なので冒険者の間では始まりの町とも呼ばれている。

「じゃあ行き先はトネルで決定だな。道中でレベル上げをしながらでも行くか」

「そうだね。流石にレベル1だと厳しいからね」

 まあ、クレアだけなら余裕なんだけどね…。女よりも弱い男って…。

 はやくクレアよりも強くなる事を決心したリーグだった。


〜十分後〜

「クレア!スライムが出たぞ!」

 俺は早速草むらの中で草を食べているスライムを見つけた。

 スライムはゼリー状になっている魔物だ。攻撃方法は体当たりしかなく、しかもゼリー状のため当たっても大したダメージにはならないため子供でも倒せるほどに弱い。

「俺が倒すぞ」

「うん!頑張って!」

 俺はスライムの方に走って行くと父さんから貰った短剣をスライムに刺した。
 するとスライムはぶるんっと震えた後、黄色の粒子みたいなのを身体から放出して消えた。

 魔物は死ぬとこのように例外無く粒子を放出して消える。何故かは詳しくは分かっていないが、一説には魔物は魔素(魔力の元)でできているため死ぬとまた魔素に戻って世界に還元されるからだなどと言われている。
 そして今回は出なかったが魔物は死ぬと一定の確率でアイテムをドロップする。アイテムは素材だったり武器だっりと千差万別だ。何故アイテムをドロップするかについては一切わかっていない。

 スライムぐらいだったら俺でも楽勝だな。

「よし、進むか」

「うん!」




「リーグ!またでたよ!」

「うわっ、なんでこんなに出るんだよ!」

 俺が最初にスライムを倒してから数十分が経過したが、先程からスライムが大量に襲ってくる。
 本来スライムは人や他の魔物を襲ったりはしない。なのでこの状況は異常であると言える。

 なんでこんなにいるんだよ!…うん?なんだあれ。

「クレア!あれを見て!」

 俺は草むらの中に普通のスライムの何十倍もの大きさのスライムを見つけた。

「あっ!キングスライムだ!」

 キングスライム、その名の通りスライムの王様のような魔物だ。周りのスライムを支配下に置く習性があり、自らスライムを生み出す能力もある。
 今回スライムが大量に襲って来たのも、キングスライムが自分を守るために支配下のスライムに追い払うよう命令したからだろう。

「よし、倒すか」

 俺は未だにスライムとしか戦った事がないため、一回強い魔物と戦って自分の実力を計ってみたいと思っていた。

「大丈夫?キングスライムってまあまあ強いよ?」

「大丈夫だ。いざとなったら直ぐに逃げるしな」

「それなら良いけど…、気をつけてね」

「ああ、じゃあ行ってくるよ」

 俺がキングスライムに向かって走り出すと、周りのスライムは俺に集中して襲って来た。

「はっ!」

 俺は進路上にいる邪魔なスライムだけ短剣で一突きして倒しつつ走り続ける。これまでにスライムでレベルが上がった事により今まで出来なかった速さでキングスライムに迫って行く。
 キングスライムまで半分程の距離まで迫るとキングスライムよりもは小さいが普通のスライムよりもは大きいスライムが出てきた。

 ビッグスライムか。まとめて倒してやる!


 俺はビッグスライムの中にある石のような物に短剣を突き立てた。

 スライムは全員身体の中に核と言われるものを持っている。その名の通りスライムの核をなしており、そこを壊されるとその他が無傷でも死んでしまう。
 そこを刺されたビッグスライムは光となって消えた。

 よし!確実に強くなってるな。

 そしてついにスライムキングの元までたどり着いた。近くから見るとその大きさが改めて分かる。

 まあ、核を壊せば一緒だろう。

「どうだ!」

 俺はスライムキングの核を狙って短剣を突き刺した。

「なっ!?」

 しかしそれは叶わなかった。キングスライムが大きすぎて核まで短剣が届かなかったのだ。

「ぐはっぁ」

 そして俺は止まっている間にスライムキングの体当たりを食らってしまった。
 その威力は思ったよりも強く、俺は1、2度地面にバウンドしてようやく止まった。

「リーグ!!」

 チュドォォォォォン!!!

「え?」

 突如物凄い轟音と共に、俺に追撃をしようと詰めて来ていたスライムキングが消えた。
 それだけでは無い。スライムキングがいたところには直径10メートル、深さは目視では分からないぐらいの穴が出来ている。

「リーグ大丈夫!?」

「あ、ああ。それよりもクレアが倒したのか?」

「うん!初めて天魔法使ったから不安だったけど大丈夫だったね!」

 どうやらスライムキングはクレアが天魔法を使って倒したらしい。
 周りのスライムはキングスライムが倒されると我先にと逃げだしている。

「ありがとな。それにしても天魔法ってこんなに威力あったんだな…」

「そうだね、私もびっくりだよ。ねえねえ、それよりもステータス見ようよ!どれぐらいレベル上がったかな?」

 クレアはワクワクドキドキといった感じでステータスの確認を促してくる。

「そうだな。みて見るか」




リーグ 15歳

Lv,10/10 (レベルリセット可能)

HP:100
MP:100
攻撃力:100
防御力;100
持久力:100
魔力:100
魔防:100
器用:100
知力:100
俊敏:100

ユニークスキル
レベルリセットLv,1


「あっ、レベルリセットできる」


「レベルリセッターの冒険録 〜チートスキルで歩む冒険〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く