話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

全てを失った少年は失ったものを再び一から手に入れる

きい

16話の前書きです

こんばんは きいです
今回はお知らせ的なのが二つあります
まず一つ目は信楽君のキャラ設定がちょっと他とは違うので話しておこうと思います
ところどころになんか堅苦しい敬語の人がいたと思うんですがそれが彼です、信楽君は武術のプロフェッショナル(ジュニアで)ということでなんか私の勝手なイメージなんですが武術とかやってる人ってすごい礼儀正しいような気がするんですよね、というか指導者側がそういうことにすごいうるさいと思うんですよね、なのでその癖が日常にも響いてる的なキャラ設定です
そして二つ目はおさらいみたいなことなので一々書かなくてもいいと思ったのですが、今回の話を読んでいただくうえでとても大事なので書かせていただきます
それはただ単に“武器”の読み方です、《ぶき》とそのまま読まないようにしていただきたいです正しい読み方は《ヴァッフェ》です、今回の話にすごいいっぱい出てくるので気を付けてください、というか今回でその単語を覚えてくれたらうれしいです、意外と大事な単語なので
そこで「じゃあ全部にルビ振れよ!」と正論を言われると思うので一つ言わせてください、今回は本当に面倒くさかったのではなくそんなにルビばっか振られてたらなんか嫌じゃないですか、私はそんな作品があまり好きじゃないので最初の一つにしか振ってません、同じのでも二つぐらいならまだいいかなとも思うのでそこら辺意見をくださいお願いします
あとあと、最近幻舞君がの『あれ?聴覚障害は?』みたいなシーンが多いと思いますが忘れたわけじゃありませんからねちゃんと覚えてますよ、それは家にいるとき以外<魔法破棄パワーブロック>を使ってるからです、『じゃあ何でそんな設定つくったんだよ!』と思いますよね?さあなんででしょうねぇ、すいませんうざいですよね、真面目な話をすると後々の展開を楽しみにしていてください
三つになっちゃいましたねw
長々失礼しました、そろそろ本編に行きたいと思います
それでは、どうぞ

「全てを失った少年は失ったものを再び一から手に入れる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く