話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

全てを失った少年は失ったものを再び一から手に入れる

きい

20話 試験官の狙い

 
 ー日本軍特別入隊試験終了後、日本軍北海道準本部からの帰路ー


「残念だったねー、千鹿ー」テクテク

「おい…そんな落ち込むなよ、次は勝てるって!」

「うっさいな、少し黙ってて!」

「ちょっと千鹿ちゃん、みんな千鹿ちゃんのこと心配して励ましてくれてるのに、その態度は違うと思うよ?」

「あ、はい、すいませんでした…でも、今集中してるので話しかけないでもらえますか?」

「集中?」

「会長との試合でやった、わかったと思いますがまだ完全にはできてないんですよ、ていうかほとんど完成してないので今も修行してるんです」

「そ、そう…でもプライベートの時間も割くことなの?」

「だ、だってー、月島が『これが完成するまで会長たちの修行につく』って言うんですもーん」メソメソ

「そっか…」

(もう!幻舞君には困ったもんだよまったく、あとでお仕置きだからね)

「ねー、千鹿ー」

「ん?なに?」フキフキ

 楓が、千鹿をこのようにした原因である幻舞のことを頭に思い浮かべていた時、同じく幻舞のことを頭に思い浮かべてはいたが楓とは異なりある疑念も思い浮かべている人物がいた、いや、楓を含めそこにいる者は皆抱いていた疑念だったが、それと同時にそれは聞いてはいけないものだということもわかっていた、ただ一人を除いては…

「なんで千鹿はそんなに月島君が好きなの?ねーなんでなんで?」

「ちょっ!」

「お、おい撫子!」

「撫子さんそれは…」

「な、なな、なんでって私別に月島のことなんて!」アセアセ

「そんなに慌てない慌てない、落ち着いてー…ちゃんと聞いてあげるからさー」

「だから違うって!な、撫子はどうなのよ?!」

「撫子はそういうの知られたら色々うるさいから、ひみつー」シー

(((大人の対応!)))

「普段あんななのに…」

「拓相君、声に出てますよ!」

「あんなってなによー、あんなってー」グリグリ

「いたいいたい!」ポンポン

 撫子が拓相のこめかみにげんこつを当てグリグリし、拓相がギブアップと言うようにその撫子の腕を叩く…いつもとは真逆の光景だった

「ふー」パッ

「はぁ…いってぇなこの野郎!」

「拓相がいつもやってくることをやっただけでしょー!」

「「ぐぐぐぐ!」」

「今のは自業自得だよ、拓相」

「はぁ…まあ、俺が先だったししょうがねぇか」

「じゃあ、これから試験の反省会をしようか…どうせ幻舞君とするんだろうけど、その前にこっちでまとめといたほうが幻舞君と話すときもスムーズに進むでしょ」

「おう、いいぜ」

「おー、やろー!」

「やりましょう」

「…」

 拓相達三人がすごく乗り気なのに対して、千鹿だけはどこか上の空だった

「千鹿ちゃん?」

「あ、はい、すいません、何の話でしたっけ」

「みんなで今日の反省会をしようって話だけど…どうしたの?もしかしてまだ修行してるの?」

「いえ、少し疲れたので今日はこれで帰らせてください」

「そっか…まあ、あれから完全に回復してる方がおかしいよね、じゃあお大事にね」

「はい、すいません、お疲れ様でしt…って、なに?撫子」

「だーめー、逃がさないよ千鹿ー!」ガシッ

 疲労を理由に帰ろうとした千鹿を止めたのは撫子だった、確かに千鹿は疲れていただろうがそれが直接的な理由でないことを撫子はわかっていたのだ

「なにも話さないで帰っちゃうなんて冷たいじゃーん…ちゃんと話してよ、それも含めての反省会なんだからさ」

 そう言った撫子の話し方も声のトーンも普段の撫子からは想像できないようなものだった

「話すって、別になんもないし…」

「何か気になることでもあるんですか?すめらぎさん」

「うーん、気になることっていうか…勘かな」

「っんだよ、勘かよ!千鹿も疲れてんだろ、帰してやれよ」

「待ってください拓相君…風早かざはやさんと皇さんの仲は親友とも呼べるほどです、その間の勘は頼りにならないこともないと思うので聞いてみませんか?」

「確かに一理あるな…千鹿、話してくれないか?」

「千鹿ちゃん、私からもお願い」

「…わかりました」

「やったー!」

「よっしゃ!」

「話すといっても私も勘みたいなものなんですけどね…」

「別にそれでもいいから話して、千鹿ちゃん…それに親友間の勘が頼りになるなら、それ以上の関係の千鹿ちゃんと幻舞君の間の勘が間違ってるわけないよ!」ニヤニヤ

「おう、そうだそうだ」

「青春って感じだねー、千鹿ー」

「ちょ、ちょっと何言ってるんですか会長!そういうこと言うなら話しませんよ!」

「うふふ、ごめんね千鹿ちゃん」

「全然反省してないですよね、まあいいです…あの楠木 夜蛛くすのきやくってやつ三次試験で強制終了されましたよね」

「ええ」

「その時の月島からなんか嫌な感じがしたんです、前から会長とも話して月島がまだ何か隠してるとは思ってたんですが、それを聞いたら後悔するような、あるいは見たら後悔するような、そんな感じが…」

「なんだよそれ!」

「そうだよー、もっと詳しく教えてくれないと全然わかんないよー!」

(千鹿ちゃんも感じたんだ…あの時の幻舞君、が本当の幻舞君だとしたらまるで…)


 ー同刻、日本軍北海道準本部ー


「おい、楠木 夜蛛!誰に命令されてこんなことをした?!」

「こんなこととはいったい何のことだ?俺が今なぜ捕まってるこうなってるのかをこっちが聞きたいんだが」

「き、貴様…ふざけるな!自分のしたことわかってるのか!」

「落ち着け、紫羽しう

空羅そら、あんた何でそんな落ちつてられるのよ!自分の子供があんなことされて何でそんな冷静でいられるのよ!」

 冷静さを欠いて怒りをあらわにしているのは蜂宮はちみや 紫羽、そしてそれを抑えているのは夫の空弥、紫羽が完全に理性を失っているのに対して空羅は『ここで自分まで切れてはいけない』という理性で何とか怒りを抑えている、その空羅の行為は『父親なのに』と思うものもいれば『偉い』と思うものもいて賛否両論の激しいものだろう、しかしそれがこの場の空気などを配慮した紳士的行為だという事実は変わらない


 ー数時間前ー


「それではこれより第三次試験始めます、僕が試験管の 幻舞です」

「げ、幻舞君!?」

「月島!?」

「あいつってこういう面倒臭そうなのはやらないやつじゃなかったっけ」

「おいおい、試験官がこんな餓鬼って軍はそんなに人手不足なのか?それとも俺のこと舐めてんのか?あぁ?!」

「お静かにお願いします…まず第三次試験の内容は“将軍奪首”です、ルールは簡単一人に将軍を含めた五人小隊を組みサバイバルゲームをしてもらいます、小隊内で決めた将軍が討ち取られた場合その隊はそこで終了です、ただし途中で将軍を変えることができませんので将軍を守るのもいいですが、他の隊の将軍はあらかじめ知るすべはありませんのでそれは他の隊に将軍を教えることになります、以上です、質問はありますか?」

「あんた、本当に軍の人間なのか?“裏切り者の一族あんたら一族”が入隊することを許しているのか?」

「そうだ、月島って言ったらあの裏切り者のとこの…」

「で、出てけー!なんで俺らが裏切り者なんかに評価されなきゃいけないんだよ!」

「おい落ち着け、俺は別にそういう意味で言ったわけじゃないんだ」

 一人の軽率な質問で幻舞を敵対する思想は一気に広がっていった
 しかしこうなることは誰でも想像がつく、ならばなぜ幻舞は偽名も使わなかったのだろうか
「もう一度、お静かにお願いします、それでこの質問ですが僕にはお答えできません、なぜなら僕は誰かの言いなりでしかありません、ただその人のめいによって入隊することにもなりましたし、ここでこうして試験官までやってるのですから、その質問はその人にするのが正しいと思います、では他に質問がある人はいますか?」

「そうですか…まだ重要なことを話していないのですが、試験開始前の説明と合わせて状況把握できるほど頭の回転がいい人しかいないと捉えていいんですね?」

「は?なに一人でブツブツ言ってんだ?」

 千鹿達5人はこの異様な空気に違和感を覚えていた
 わざと他の受験者を煽るような言い方をして会場をざわつかせ、幻舞が『静まれ』と言えばすぐにざわめきが収まる、そしてそのことに当人たちは全く気づいていない
 何より違和感を覚えたのは、幻舞が言っていた『自分は誰かの言いなりでしかない』ということ、幻舞がそんな人間ではないことを千鹿達が知らないはずはなかったからだ

「それではこれから第三次試験会場に向かいます、ついてきてください、くれぐれも遅れないように頑張ってください」
「遅れる?そういうことだ?」
「さぁ、どういうことでしょうか…」シュン

 そう言って幻舞は姿を消した

「おい、どこ行ったんだよ!試験会場はここじゃないのか?」

(だから『質問それだけでいいの?』って言ったのに)

「月島、こんなとこで何やってるの?」

「よぉ千鹿、奇遇だな、お前こそこんなとこで何やってんだ?」

「いやぁ、トイレ行こうと思って探してたらたまたま、ね!」ガシッ

「おい千鹿、その右手はなんの手だ?」

「捕まえた!」ニヤッ

「それにしてもよくわかったな」

「こんぐらい…」

「愛の力があれば」

「どうってことないぜ!」

「でしょー、千鹿ー」ニヤニヤ

「ウフフ」

「いい加減にしろぉ!」

「ごめんね千鹿ちゃん、これでも応援してるんだから許してよ」

「会長、応援ってなんですか応援って!」

「あれれ、言って欲しいの?」ニヤニヤ

「落ち着け千鹿、みんな見てるぞ…会長もほどほどにしてくださいね」

「わかってるよ、ごめんね千鹿ちゃん」

「…」プイッ ムー

(千鹿がこんなだし会長の気持ちもわからなくはないんだが、毎回俺が気まずくなるからほどほどにして欲しいものだ)

「ゴホン…よく見つけましたね、それでは長くなりましたが第三次試験の会場に向かいましょう」

「は?今のは一体なんだったんだよ!」

「それでしたらお答えしましょう…まず一次試験と二次試験は戦闘技能テストでしたね、最初はあなた方で闘い次は軍の人と闘いました、この分ける必要ののなさそうなこの二つの試験を分けた理由、これがヒントです」

「それだけで何がわかるっていうんだ!」

「しょうがありませんのでもう一つ、二時試験の始まる前に誰かが『なぜ一次試験で負けたやつがまだ残ってるんだ』と言いましたね、その時は返答不可でした、なら言い方を変えてみてもよかったんじゃないですか?そのことは普通疑問に思いますよね、ならそのモヤモヤをそのままにしてはいけないでしょう」

「あいつ、何言ってるんだ?」

「さぁな、さっぱりわけがわかんねぇ」

「それでは、会場に着くまでの道すがら考えてみてください、そんなに時間はかかりませんが…」

 そして誰も幻舞の言ったことがわからずに第三次試験会場に着いた、着いてからもまだ考えている者、初めから考えることを放棄している者、人それぞれだった、しかしその中でも皆第三次試験に向け準備はしていた、これから大惨事試験が始まるとも知らずに

「全てを失った少年は失ったものを再び一から手に入れる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く