話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

全てを失った少年は失ったものを再び一から手に入れる

きい

2話 仕組まれた入学試験 ①


 ー月島学園体育館通称第一訓練場ー


「えっ!」

(ここに来いと言われて来たのはいいが、なんでこんなに…)

「全校生徒集合だってよ、しかも展望テラスに」ザワザワ

「何が始まるんだ?」

「なんか入試らしいぜ?」

「何言ってんだよ、入試はもう終わっただろ」

「なんか今回は特例でやるらしいぞ」

「は?なんでそんなんにAランクの俺が来なくちゃいけねんだよ!」イラッ

「会長は何を考えてるんだ!」

「てかさー、もしかしてさっきから入り口で突っ立ってんのが受験者?特別扱いするってことは“”か何か?」

「まさか“ヴァンパイア一族”?」ヒソヒソ

「ちょっと、ヴァンパイアそれ禁句!」

「それにしても、入試をやるとして内容はなんだ?」

「たしかに、俺たちを集めて何をするんだ?」

「千鹿ー、こっちこっち、なんか面白そうなのが始まるそうよ」ルンルン

「ちょっと撫子ー、あんまり目立つようなことしないほうが…」

「「「お、お姫様!?すみません、どうかご無礼をお許しください!すぐに前を空けますので、どうぞ!」」」

「ほら、言わんこっちゃない」ヤレヤレ

「いいえ、大丈夫です、お気遣いありがとうございます、えっと…先輩!」ニコッ

(((キュン)))ブシャー

「「「うわー、きもっ!」」」

「撫子あっち行こ、あっちの方がよく見えそうだよ」テクテク

「ちょっと待ってよー、千鹿ー」

「えぇ、集まってくれてありがとうございます、生徒会長の鳳楓です!新入生の皆は初めまして、これより月島幻舞君入り口に立ってる彼の入学試験を開始するにあたりルールをいくつか説明します
  1、幻舞君は4人以上と戦い3人に勝利すれば合格とする、ただし、ランク決めは当校の評価基準をもとに行う
  2、在学生または新入生は4人の代表者を決め、幻舞君と戦う
  3、4人の代表者はそれぞれが別々のランクであること
  4、戦う順番はランクの低い順に行う
  5、代表以外で戦いたい人は、代表者よにんが終わった後なら構わない、なお、その試合もカウントされる
  6、試合における武器の使用は可能とする
…以上がルールとなります、質問がある人はいますか?」

「は?何で俺たちがそんなやつの入試の手伝いをしなければならないんだ!」

「そーよそーよ、そもそも遅刻した人に受験資格があるわけないでしょ!」

「やっぱ遅刻それが原因で一年遅れた人の言うことは説得力があるわねー」クスクス

「ちょっ!何言って…」

「えー、いいでしょうか?それについてですが、幻舞君の特別入試もみなさんの協力も学校側に許可を得てますので、心配しなくても大丈夫ですよ!」

「どーせ親使って脅したんでしょ!」

「はい?何のことでしょうか?」ニコッ

「っ!わ、分かったわよ、やればいんでしょ?やれば」ブルブル

「すいません、質問いいですか?」

「えぇ、どうぞ」

「ルールにはないのですが、1対1で戦わなければいけないんでしょうか?」


(ふーん、本気ね、まどちゃん!次の試験でCランク昇格必至の妹とCランク主席の姉の姉妹コンビか…面白くなりそうだからいっか)

「入学も決まってない相手に何を言ってる、腰抜けが!いくらD、Cランクの人間無能力者と言えどこの学校の代表として戦うんだぞ!」

「静粛にお願いします!1対1でなくとも構いません…正直、申し訳ないですが少なくともD、Cランクの人固有魔法を持たない人にはきつい相手だと思いますので、幻舞君かれは相当強いよ!」キリッ

「「「えっ!?」」」ポカーン

(慣れないことをやるんじゃなかった)フー

「コホン、それでは他に何かありますか?」

「無いようであれば代表者を決めといてください!あっ、Aランクは決めなくていいですよ」ニコッ

(ん?会長がこっちに来てるってことは、大方これからやること俺の入試のことだろうがなんか喋ってたのが終わって、そんで次は俺にか…)

『幻舞君、今から君に、これからやる入試について説明するね…


 ・


 ・


 ・


(なるほど…を使わざるを得ない状況にならなければいいが…まあ、何とかするしかないか)

『分かりました、やります!』

『オッケー、開始の合図はわかるよね?』

 それに頷くと会長は
『あそこを見てればわかるから』
書き言い、実況席と思われる方を指差した

『最後に一つ、Aランクからは私が出るの!よろしくね』ニコッ

「えっ!」ビクッ

『よ、よろしく…お願いします』オジギ

(まずいな、鳳家次期当主候補このひと相手になしでは…他の3人には絶対に勝たなければ!)

「えー、それでは始めます!最初にやる二人ひとは下へ降りてきてください…あっ、あと新入生、展望テラスそこは魔法飛んでこないから安心してね!」

「っと、そんなこと言ってる間に降りてきたわね!」

「 」トントン

『この子達が君の最初の相手、“蜂宮はちみや姉妹”よ!気をつけてね!』

『分かりました、ありがとうございます』</p>「それじゃ、三人は、私が上行くまでに準備しておいてね」

「が・ん・ばっ・て・ね!」ウィンク

 声が聞こえなくとも解った

「応援されるって嬉しいもんなんだな」ボソッ

「ん?」

(今なんか言ってたような)

「まっ、いっか」テクテク

(それにしても…去年の剣術大会みたいだな)キョロキョロ


 ー1年前全国武術大会(剣の部)決勝ー


「おい、月島ってあの裏切り者・・・・・・のとこのか?」ザワザワ

「なんでこんなとこにいんだよ!」

「相手は2連覇中の中学最強剣士だぜ!ボコボコにやられるってわかんねーのかよ!」

「やっちまえー、鏡写しの剣士ミラージシュバリエ!」


 ー月島学園体育館通称第一訓練場ー


(声が聞こえなくともなんとなく解った、大方俺への侮辱や罵声だろう、何時見てもには怒りを覚える、親父あれに対しても、この表情かおをする奴らに対しても…)

(でも今は違う、親父おやじに対しての怒り感じないし、応援してくれ人もいる!今まで、何も考えずに延命してあれを使っていたが…)

「ありがとう、会長」

 その時、男は初めて“目的”を手に入れた

「それでは、準備もできたようなので始めたいと思います!3年Cランク蜂宮 まどか、2年Dランク蜂宮 まつりペア対受験生幻舞」

「「「えっ!今“月島”って」」」ザワザワ

「月島…幻舞…ふふっ、まさかこんなとこで会うとはね、今度は絶対負けないんだから!」

「ちょっと千鹿?どうしたの?」

(あ、月島って言ったらまずかったかな?)

「まいっか」ポチッ


『let’s strike on』フォーン


「っ!」シュン

「「「はやいっ!」」」ビクッ

(へー、目で見える・・・・・か)

「まつり!」

Dランクから狙うか…まあ定石ね、でも!)

「オッケー、まど姉!風属性加速系魔法<風の真剣カマイタチ>」

(おっとあぶない)スッ

「今度は私よ、無属性複製系魔法<多重結界ウォールインクリース>、無属性変化系魔法<原子変更アトミックエディット>合技、<無限反射の結界リフレクトウォール>」

(なにっ、さっきの魔法カマイタチが跳ね返って来やがった!)

「ふー、危ない危ない」

(なるほど、展望テラスに張られてるのと同じ対魔法用結界を、半径5mのドーム状結界にして俺と妹おれたちを囲むように設置し、魔法が結界に近づく度に結界を改造して、その改造した結界によって妹の放つ魔法を半永久的に反射させてるのか…)

(今度はこっちか、ってあれ?反射されなかった、やったと思って気を抜いたのか?わざとか?それともできなかったのか?何にしろこの数はちょっときついな、初っ端からこんなコンビネーション大技見せてきたんだ、長期戦は見据えてないな、ならわざとはあり得ないだろうな、だとしたら理由こたえは一つ、“魔力欠乏”か…でもそれだとおかしな点がある、ここまで何百回って反射させてるのに反射しない現象それはせいぜい2、3回、確率にして1%も満たない…魔力欠乏だとしたら1%未満は確率的に低すぎる、もし魔力欠乏じゃないとしたらこの魔法(結界)はということになるが…試してみる価値はありそうだな)

「それにしても妹さんのカマイタチ使う魔法が俺が扱えるので助かったな」

「<風の真剣カマイタチ>」ホイ

「もういっちょ!」ホイ ホイ


 ・


 ・


 ・


(うーん、最初に放った3つ以外は反射したか、姉の最初の驚いた表情かおも考慮すると…かまをかけてみるか、っと、その前に!)

カマイタチこいつらをどうにかしないとな…」

(月島流固有魔法移動ミグレイションより、<空中散歩サーキュレイション>さらに、無属性加速系魔法<超速オーバースピード>)

「合技、<可視限界速度移動ソニックシフト>!」

「えっ?ベクトルが変化しないでカマイタチが床に叩きつけられた ︎どれだけ重力を大きくすればそんなこと!」

「「「(魔法(カマイタチが…)消えた!?」」」

「「「何だよそれ、強すぎ反則だろ!」」」

(ふーん、展望テラスこっちにいる人ほぼ全員にバレないように、固有魔法を使うなんてやるじゃない、戦ってる二人でさえどんな術を使われたかまでは気づいてないみたいだしね、流石は月島家の人間軍が欲しがる人材ね)

「って、なんか喋ってるしー、あとでお説教だからね!」ブーブー

「すいません、お姉さんの方少し…いつまで続ける気ですか?“ブロック崩しこんなゲーム”」ニコッ

「っ!」ゾクッ アセアセ

(嘘でしょ!この短時間で術の正体に気づいたって言うの?)

(焦ってるってことは当たりビンゴか、やっぱりこの結界は完璧じゃなかったんだな、魔法を反射させる力を結界全てに張り持続させるには魔法力が足りない、だから結界に魔法が近づく度にその一部の対魔法用結界を改造して、魔法を反射させる力それを造ってたってわけか…そうと分かれば)

移動ミグレイションより、<自立する魔力マジックフロート>…よし!難関突破)

「風属性加速系魔法<風の真剣カマイタチ>、さらに、風属性変化系魔法<竜巻ハリケーン>合技、<荒れ狂う無数の刃チェーンカマイタチ>!」

「えっ、うそっ!何で私の後ろで魔法が…相手の受験生術者は結界内にいるのに」キャァー

「まど姉!」

「あとは妹さんだけですが続けますか?」

「い、いや…降参よ」ガクッ

(俺の耳のことを知らずに、俺に対して何か喋った後に膝から崩れ落ちた…多分降参だろう、一応何らかの理由で耳のこと知ったための演技、とも考えられるから一応気をつけておくか)


『ピー』


(おっ!“試合終了”って映ったってことは演技じゃなかったみたいだな、やっぱり耳から情報収集できないのは不便だな…)

「終わったようですね、祭ちゃん、まどちゃんを医務室まで頼めるかしら」

「…はい…わかりました」ペコッ

(二人に勝ったからあと一人だけど、次の相手は固有魔法を使ってくるのか…一族特有の固有魔法なら大体知ってるが、ないとは思うけど二重能力者デュアルだとちょっとやばいかもな、固有魔法相手に術を見極めながらさっきみたいに戦うのはきついし、かといって知らない魔法なら少しでも情報を持っときたいしな、一応、手がないことはないが逆にこっちの術がバレる可能性がある…バレないことに越したことはないがこの際移動ミグレイションはやむを得ないだろう、どうせバレることそれによって迷惑を被るのはもう俺しかいないんだから、まあ何にせよバレるかバレないかは俺の技量次第だ、いっちょやってみっか!)


 ー展望テラスー


(な、何なのあいつ、まだ本気じゃなさそうだし…勝てるわけないじゃん!)ブルブル

愛紅美めぐみー、次はあんたでしょ?さっき言ってたんだし、Bランクはあんたでいいでしょ!それにあんた主席だし」

(愛紅美には悪いけど、あんなのと戦うのはごめんだわ)ブルブル

「えっ!嘘でしょ!」アセアセ

「次はBランクですが、代表者は誰ですか?」

「「「っ!」」」ブルブル

「まさか、あれだけ時間があったのに決まってないなんて、それとも…まあ、そうなるのもしょうがないか…」

「でも、棄権は許しませんよ!入試は、受験生の実力を知るためのものでもあるのだから」

「でもさっき、あの子は!」

「祭ちゃんのことね?彼女は戦った上で大きな実力の差を感じたために“降参”したの、戦う前から“放棄”するのは降参とは違うわ!まあ、で実力の差を汲み取ったという意味では褒められるけど、それとこれは別だからね!」

「わ、分かったわよ!」ブルブル

(こうなったらしょうがない)

「やってやろうじゃない、かがりの名に懸けて!」ブルピタッ

「えーそれでは、特別入試第二回戦を始めたいと思います、2年Bランク篝 愛紅美対受験生月島 幻舞」ポチッ


『let’s strike on』フォーン

「全てを失った少年は失ったものを再び一から手に入れる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く