中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

41.妹、誕生せし編 リーベの告白

「ノア、私、あなたのことが──」

 シン、と静まり返る部屋中。真雫の服を着たリーベの声がやけに明瞭に響く。

 俺は人生初の告白を受けている。何故そうかと思ったか。まぁ、雰囲気がそういう風に感じるのもあるが、実際には、聞いてしまったのだ、真雫とリーベの会話を。時間は少し遡る。




「なんて言おうかな。いや、まぁ、報告するだけなんだが」

 俺は、プリンゼシン公爵の館に来ていた。勿論、リーベの救出を報告するためである。

 早くバータ公爵やムター公爵夫人に報告して、安心させたい。親バカそうなあの二人、少なくともバータ公爵は、気が気でないだろう。

 インターホンを鳴らす。数秒と経たずに執事が出てきた。

「どうでしたか!?」
「あ、はい、無事確保しました」

 グイグイとその執事は詰め寄ってきた。ちょ、近い近い。男に迫られても嬉しくないから。かと言って、女の人に迫られても、困るだけだが。ありえないと思うが。

 この人は……えっと、なんだっけ?……まぁ、名前は出てこないが、確かリーベのお付の執事だ。整えられた白髪に、黒い執事服を完璧に着こなしている。戦いが苦手そうだが、何でもかんでもお見通し、のような雰囲気を漂わせている。見た目だけなら、俺的には少し怖い。理由ははっきりしないが。

「公爵に、会わせて下さいますか?」
「……すみません」

 え、何故謝る。まさか、公爵もヤバいことに?

「実は、両公爵夫妻が、リーベ様の誘拐に耐えられず、少々気が飛んでしまいまして……」

 ショックで気絶したのかよ。何そのアニメとかドラマでしか見ないような対応。この世界に意外と地球の要素があるなぁ。

 でも、倒れたのなら、魔法で起こせばいいのでは?

「精神が正常でないまま回復させてしまうと、今後の生活に悪影響が出てくることがありますので……」

 そうなのか。初耳だが、魔法も危険なところもあるのだと、少しだけ改めて思った。魔剣を使う身だから、そこには常々気をつけているけどね。

「それと、お嬢は!?」
「うん、取り敢えず顔が近いから離れてください。リーベは今、俺達の部屋で休養を取っています。そろそろ連れてきますので」
「……リーベ?」
「……失礼しました、リーベ様です」

 そう言えば、この人には、俺とリーベの友人関係は何も言ってないのか。危ない危ない。若干アウト気味なのは触れない。

 リーベを最初から連れてこればいいのでは、みたいな顔をされたが、リーベは服が破れているので、そのまま連れてくるわけにもいくまい。なんか、俺にあらぬ疑いがかけられそうで怖いわ。

「それでは、俺は戻ってリーベを……ごほんっ、リーベ様をお呼びします。待っていてください」

 彼の視線が怖かったので、やや急ぎ気味で転移する。自室なのだが、まだリーベが着替えているのかもしれないので、玄関に近い、洗面台やリビング、寝室から遠い場所に転移した。

「──リーベだって、そうでしょ?」
「……はい」

 何やらリビングから声が聞こえる。多分、いや、間違いなくリーベと真雫だろう。

 どんな話か気になったので、聞き耳をたてる。我ながら悪趣味なものだ。

「私はノアが好きです。──」

 ……………………。

 うん、聞き間違いだろう。きっとそうだ。だって、俺だよ?元中二病な、俺だよ?好きになるやつなんているのか!?

 聞いてはいけないようなワードを聞いてしまい、必死に現実逃避をする。

 頭の中を現実逃避が駆け回る。結果、もう少し話を聞く、という結論に辿り着いた。

 また、耳を澄ませる。どうやら、話を少し聴き逃したようだ。

「う、あ、マナァ」

 リーベは泣き始めた。真雫の胸元で泣きじゃくっている。前後が聴き取れなかったから、理由がイマイチ分からない。

 しばらくして泣き終わり、リーベは宣言した。

「私、ノアに気持ちを明かそうと思います」

 ……マジか。えっ、こういう時どうすればいいの?真雫達の前に出ればいいのか!?

 結局何も分からず、彼女らの前に転移する。

「ただいま」

 盗み聞きを悟られないように、いつもの表情で挨拶をする。二人とも、快く返してくれた。よし、盗み聞きはバレていないな。

「ノア、話があります」

 え、今言うの……?ちょ、真雫、どうすればいい?

 視線で真雫に助けを求めようとした。だが、既に真雫の姿は見えなかった。立ち去るの早っ。

「……とりあえず、座ろっか」
「……はい」

 2人が座っていた場所に腰を下ろす。まだ温もりは残っていた。

 さて、どうやって話を進めたものか……。

「ノアは、マナのことが好きですか?」

 なんの脈絡もなく聞かれた。これって、リーベの告白だよな?

 これ、どう答えればいいのだろう?話の流れ的に恋愛感情を持っているか、なのだろうけど、うーん、そう言われるとピンとこない。まぁ、好きではあるけどね。友愛的に。自覚していない、とかじゃないと願いたい。

 リーベに小声で話す。

「好きには好きだけど、多分、恋愛の好きじゃないと思う。それだったら、リーベも好きだからね」
「そ、そうですか……」

 リーベが赤面した。湯気が立っている。なんか、たらしみたいな言葉を並べてしまった。

「……今日は、ありがとうございました」

 リーベが、やや俯き気味に礼を言った。いらない理由がないので、受け取っておく。別に仲間だからって、助けても礼を言わない仲にならなくてもよいのだ。

「リーベ、もしかしてだけどさ、妹になりたいっていうの、俺が作ったご飯が食べたい以外に理由があったり?」

 こういう時に、俺は遠回しにことを伝えるのが苦手というのが分かった。単刀直入すぎる。

「……はい。実は──」

 そう言いながら、リーベはその場を立った。そして、第二声を発する。

「ノア、あなたのことが──」

 来た。来てしまった。この時が。ここからは、発言を間違ってはいけない。

「──好きです」

 赤面した顔に、ほのかな火が灯った双眸。まさに、恋する少女だった。

「──私の──」

 まだ、続きがあるようだ。ベタなところにいけば、おおよそ「恋人になってください」だろう。さて、なんて返したものか。

「──私の、お兄ちゃんになってください!」

 ……………………うん?

 予想の斜め上を行かれた。好きだから、お兄ちゃん?なんか、原点回帰な気がする。

 でも、まぁ、断る理由もないので。

「正式な兄妹は無理だけど、いいよ」

 と、軽い感じになってしまった。実を言うと、リーベが妹になってもよかったのだが、爵位継承が都合上したくなかったからな。だから、正式でないのなら、別にいい。

 こうして、俺の妹が誕生してしまった。




「そういや、なんでリーベは恋人とかじゃなく、妹なの?」
「こ、恋人とか、何破廉恥なことを言っているのですか、お兄ちゃん!?」

 あれから少し経って、真雫も交えて話をしていた。あの時の表情から、リーベが妹になるという告白というのを、予想だにしなかったのだろう。まぁ、無理もない。

 リーベは、俺のことを『ノア』から『お兄ちゃん』という呼び方に変わっていた。違和感が半端ないが、リーベが喜んでいるようだから、文句はない。だけど、リーベは順応性が高いな。あれから数分しか経っていないのに、普通に妹って感じがする。

「恋人には、あの人がきっとそうなので」

 あの人って、それ俺の話?それともリーベの話?まぁ、多分後者だろう。この世界に来てまだ日が浅い俺には、そのあの人が少ない。それに、リーベはいい家の生まれなので、その分そういう相手が多いだろうしね。

「そういや、ノア」
「ん?」
「公爵に報告したの?」
「…………あ」

 忘れてた。リーベを連れていかないと。

 焦って真雫とリーベの手を掴み、転移。案の定、執事がいた。

「ファベン!」
「お嬢様!」

 執事とお嬢様の感動の再会。しかし、執事の目は、俺を見ていた。言外に、遅い、何をしていた!みたいなことを言ってないこともない。しょうがないじゃん。状況が状況だったんだから。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く