中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

キャラ設定3(バータ・プリンゼシン~ライデン・ゲレヒティヒカイ)

バータ・プリンゼシン
プリンゼシン公爵家の家長。リーベの父。絵を書くのも、絵を見るのも、絵を集めるのも好き。とにかく絵が好き。オンケル・ケーニヒクライヒ国王陛下から賜ったゴット・ストゥールの調査の仕事に、日々疲れている。妻はいつか本編に名前と共に出る……はず。多分。

「本当、いつもお疲れ様です」
「いや、仕事だからしょうがないよ。それよりも、ノアさん」
「なんですか?」
「リーベを、誑かしたね?」
「何をどう考えたらそうなった!?」
「最近、リーベからよく君の話を聞くんだよ。そう、よく、ね」
「なんか怖いんですけど!?」
「さぁ、その身をもって……フフッ」
「やば、俺、この人の本性垣間見た気がする……」




金髪のチャラい男
ネイヒステン王国での舞踏会で、司会を務めていたチャラ男。実は、パレードにもいた。見た目と違い、性格は至って真面目。しかし、その場その場ではとても存在感があるのに、時が経つと、皆の記憶から消える。能力でもなく、故意的でもなく、自然と消える。

「やぁ、ノアくん。パレード以来だね」
「……?えぇっと……?」
「転移者でも記憶に残らないか……。少し期待していたのに……」
「何がどうだか分かりませんが、頑張ってください」
「ありがとう。優しいね君は」
「ところで、なんで金髪なんですか?」
「ん?これはね、目立つと思ったからだよ」
「なんか、その顔も相まって、チャラ男ですね」
「それでも、周りから忘れ去られるんだけどね」

 ちなみに、ネイヒステン王国・ケーニヒクライヒ王国両陛下からは、忘れられないのが、彼の唯一の救い。




モーガン・フィー
フィー公国公家の第一王女。一部がとても大きい。知性を感じさせる気品溢れた人。寄ってくる男達にうんざりしている。転移者であるノアに隠れながら興味を持っている。

「好意じゃありませんよ?興味、あくまで興味ですからね!」
「分かりました。分かりましたから、そんなにグイグイ来ないでください!」
「あっ、し、失礼しました……」
「そう言えば、何故舞踏会には、あなたのお父様などは来られなかったのですか?」
「えと、公王陛下は、他の政務がございましたので、代わりに私と執事が、先日の舞踏会に出席した次第です」
「あぁ、なるほど」
「逆に何故、あなたがたは出席なさったのですか?」
「いえ、私は護衛で……」
「どなたの?」
「リーベ・プリンゼシン様です」
「あぁ、あの方ですか……。もし、ノア様」
「なんですか?」
「もし、私も護衛を頼んだら、引き受けてくれます?」
「……何をおっしゃっているのですか……?」

実は天然である。




メイダン・ハスリッチ
ハスリッチ公爵家次女。ノア曰く、ギャル女子高生のような美人。顔つきは反抗的。頭が良く、特に計算力が高い。しかし、色々経験していそうな雰囲気を醸し出しておいて、実はウブな一面も。

「こんな設定、おかしいと思いませんか?ノア様」
「いや、俺のよりマシだと思いますよ?」
「だって、私がウブだって知って、誰が喜ぶんですか?私の羞恥が高まるだけですよ」
「うーん、その感性はよく分かりませんけど……」
「逆に、ノア様はどうなのです?」
「どう、とは?」
「色々、経験者だったり?」
「……何を言い出すんですか?あなたも……」

ウブだが、興味津々である。何が、とは推して知るべし。




ジェニ・グースト

グースト公爵家長女。メガネで銀髪。もしかすると、ノアの好みの顔。ノアは気づいてはいないが、彼に好意を寄せていないこともない。両親が厳しいことに、最近になって少し神の不平等を感じている。隠れ作家。

「あぁ!なんで隠れ作家なんて書いてあるんですか!?親にも知られていないのに!!」
「いや、そんな事言われても、設定だし、ねぇ」
「なぁ!?それは酷いです!?私への冒涜です!!」
「冒涜の使い方が間違っている気がしないでもないんだが……てか、別にバレてもいいだろう?減るもんじゃないし」
「減りますよ!私の羞恥心ゲージが減りますよ!!」
「まぁまぁ。ほら泣かない泣かない。飴ちゃんあげるから」
「泣いてないです!!でも、飴ちゃんは下さい」

甘党である。




ライデン・ゲレヒティヒカイ
ゲレヒティヒカイ公爵家長女。美人。ノア曰く、バトルジャンキーの影がある。最近、編み物にハマっている。しかし、手があまり器用ではないので、よく失敗する。

「あまり本編では絡みませんよね、俺達」
「機会がないですものね。それよりもノア様!」
「どうしたんです?急に大きな声出して」 
「これどうです?」
「これは……可愛い手袋ですね」
「……ぐすっ」
「え!?何故泣く!?」
「……これ、軍手ですわ」
「ほとんど同じじゃねーか!!」
「私の作ったものを侮辱するなんて……」
「いや、侮辱じゃないし、というか軍手も手袋も同じだろ!?」
「許さないですわ。ここで決着をつけますわよ!」
「なんのだよ!!」
「その因果、ここで潰えるべし!」
「因果の意味分かってんのか!?」

公爵家の人間は、どこかしら病んでいる可能性アリ。




読んで下さりありがとうございます。5日ほど休みをください。また、休み明けから2日に1作投稿になると思います。頑張れば、もしかするとこれからも1日1作続ける可能性もあります。今後も、宜しく御願い致します。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く