中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

28.冒険者編 高難度クエスト(2)

 次に挑むクエストは、リージンフォーゲルの狩猟。こちらはこの世界最大の大きさを誇る猛禽類だ。羽を広げた時の横幅が100m、高さ50mらしい。横幅がサンドワームの半分あるのか、確かにでかい。最大猛禽類の名は伊達ではないようだ。

 リージンフォーゲルは山脈の半ばに最近住み始めたらしく、山脈を使った交通網の邪魔らしい。確かにその巨体では、邪魔以外の何者でもないな。

 そういうわけなので、現在その山脈の麓に来ているのだが、想像以上に山脈が高かった。転移剣ウヴァーガンを使っても、登るのに時間をかけてしまいそうだ。

「真雫、転移しながらいくぞ」
「了解」

 もう何度目か分からないお姫様抱っこをして、山を駆け登る。

 流石に地中とかに隠れていなかったので、標的はすぐ見つけられた。

 大きさはたしかに大きい。見た目は完全にハゲワシだ。眼光が非常に鋭い。

 ヤツはこちらにはまだ気づいていない。今がチャンスだ。

武器ヴァッフェ召喚フォーアラードゥング : 必中槍グングニル

 貫通に特化した形状の槍を召喚する。

 必中槍グングニル

 北欧神話の主神、オーディンが持っていたとされるグングニルがイメージだ。対象に必ず当たるという必中性を持っており、また当たったあとは自動で帰ってくる優れもの。しかし弱点があり、俺の召喚する武器よりも基本脆く、俺が本気で殴ると壊れる。

 そんな弱点をなにふりかまわず、リージンフォーゲルに狙いを定める。そして、足を思い切り踏ん張って、投げる。まだ共鳴はしていないので、全速力とまではいかないが、尋常ではない速さである。目ではとっくに追えない。

 槍が勢いを殺さずリージンフォーゲルに突っ込む。ヤツの翼にヒットした。

「キュアアアアァァァァァァアンン!!」

 ヤツの巨体が、轟音を立てて倒れる。

「やったか?」
「その台詞は俺のだよ……」

 というか、フラグ立ててんじゃねぇよ。その台詞は敵がまだ生きてる時の主人公が発する言葉だっての。

 そして、そのフラグに沿ったように、ムクリとリージンフォーゲルが起き上がる。その鋭い眼光が俺達を射抜く。

「ギュァァァァアアアアアアアア!!」

 先程の悲鳴の声とは違う、ヤツの威嚇の絶叫。空気が震撼し、肌にビリビリ伝わってくる。強さは大体リターさんより少し強いくらい。魔眼共鳴しないで、ギリギリ勝てるくらいだ。

 早急にかたをつけよう。

「”武器ヴァッフェ召喚フォーアラードゥング : 火焔剣フランベルジェ”」

 火焔剣フランベルジェを召喚し、炎を放出する。その炎はヤツを的確に捉えた。

 しかし、炎はヤツに届かなかった。ヤツはその大きな翼を翻すように動かし、炎を霧散させたのだ。そんなことも出来るのかよ。

 ヤツはその翼をはためかせると、上空へ飛んだ。そして、ある程度飛んだところで飛翔をやめた。明らかに攻撃体勢だ。

 途端、ヤツの羽が、矢の如く飛んできた。太陽を背中にして攻撃するその様は、神々しくも思える。って感心している場合じゃねぇ。

「”防御壁マウアー、展開”!」

 間一髪で、真雫の防御壁マウアー発動。ナイスだ、真雫。

 ヤツが滑空して俺達に向かってきた。相当な速さである。距離はそれなりにあるが、数秒でこちら側に辿り着くだろう。

 直感的にまずいと感じた俺は、自動剣フラガラッハを複数召喚して、ヤツに打ち放つ。見事目に突き刺さった。片目だけだが。

「ギュアアァァァァ」

 フラフラとよろめいて、俺達のところとはまた見当違いな場所に落ちていった。直後ズシィィン、という音が響く。墜落したとみていいだろう。

 ヤツのところへ駆け寄る。想像以上に遠くに墜落したようで、着くまでに少し時間がかかった。

 ヤツは目をその大きな翼で抑えながら、蹲っていた。地面をサンドワームの如く這い回っている。

 この状態で殺すのは、少々哀れだが、仕方ない、これも仕事だ。

 斬滅剣カラドボルグを召喚し、首を切断する。大きな体はピクピクと動いていたが、じきにおさまった。

 最後に翼から数枚の羽を抜いて袋に入れる。羽は、軽かった。これでよく飛ばせたなと思えるくらい、軽い。

「ん、終わった?」
「あぁ、次はカーカンだが、まず昼食にしよう。腹減った」

 そう言って、自室へと転移した。



 現在、自室にて食事中。こんなこともあろうかと、事前に今日の分の昼食は確保してある。単純にサンドイッチだ。

「んー、美味しい」
「意外といいな、これ」

 特に卵がいい。もとより俺は卵好きだが、やはりサンドイッチは卵に限るな。

 ほんの数分で、5つあったサンドイッチを平らげる。真雫のペースが早すぎて、俺が2個食べている間に3個平らげていた。早食い大会とか出たら、それなりに上位に行けそうだな。

「ん、もう行く?」
「いや、少し消化してから行こう」

 戦闘中にリバースしたら、目も当てられない。色々な意味で。

 それでも少し暇なので、真雫と今後について、再度語り合うことにした。

 真雫は、早急にこの世界の人々の不安を取り除きたいらしい。つまり、邪神を早く封印したい、ということだ。しかし、俺が傷つくのもみたくないので、微妙に揺らいでいるみたいだ。

 俺も真雫と同じような気持ちだ。偽善者を気取るつもりは毛頭ないが、この世界の人々を救いたい。しかし、真雫が傷つくのが怖い。まぁ、互いに傷つかないために、『魔眼契約』を結んだのだが。

 でも、俺はある程度決心はついている。人を殺して何を思わなくなっても、義理だけは守りたい。その事と、真雫の存在が、俺の人間性の最後の防波堤だと、俺は思うのだ。勘違いかもしれないけど、用心しないといけないことに、変わりはない。

 そういうわけなので、今後の方針はこれまで通りになったようだ。

 丁度軽く消化も終わったところなので、次のクエストをクリアするとしよう。

 次に向かう目的地は──この国の東に位置する最大規模の港、オステン港。



「はぁ、はぁ。やべぇ、流石にこれは面倒くさすぎる」
「……ファイト、ノア」
「気楽でいいな、お前は」

 現在、オステン港。俺達はそこの海上で、──100は優に超える数のカーカンに追いかけられていた。

 時間は約10分前に遡る。

「ここが、そのオステン港みたいだな」
「ん、間違いない。私の能力もそう言っている」

 真雫の【場所特定】がそう告げているのなら、ほぼ間違いないだろう。

 しかし、見渡す限り海で、カーカンなんて、影すら見えない。

 カーカンは、これも世界最大の軟体動物で、見た目は完全にダイオウイカだ。大きさは縦20mと、今日戦った中では最も小さい。今までがデカすぎたから、感覚が狂ってきてそうだな。イカの足は10本と言われているが(実際は違うらしいが、よく覚えていない)、このカーカンは足が12本らしい。顎の力は、大型船をいとも簡単に噛み砕けるようだ。この世界の大型船は、それなりに大きく15m弱と聞いているのに、20mの体躯で噛み砕けるのだろうか?少し疑問に思った。

 それはともかく、辺りの捜索に移る。

 俺達は海の上では歩けないので、転移剣ウヴァーガンを使って移動した。1度も海に足をつかないのは、意外と難しい。

 とりあえず、【感覚強化】を使って探索。すると、あっさり見つけた。割と近い。

「見つけた」
「本当?」
「本当と書いてマジだ」

 とりあえず、巨大化させた必中槍グングニルを、【感覚強化】に頼って投げる。海は巨大な水しぶきをあげて、目標への道を開いた。一瞬、本当に一瞬だが、カーカンの姿が見えた。確かにイカだった。

 そして、気づく。また自分がやってしまったことに。

 俺達の耳では聞き取りにくい音が、空間全体に響き渡る。奥から、大きな大きな波飛沫が見えた。……いや、あれは波飛沫じゃない。カーカンの大群だ!?

 カーカンには、自分が死にかけた時、まるで自分の仇を取らせるように、仲間を収集する能力を有している。まさに、今それを使ったわけだ。俺としたことが、また失敗するなんて。

 カーカン達は意外と速く、すぐに俺達の前に姿を現した。これは計100匹以上はいる。流石にこの数は捌ききれない。

 そして、現在の逃走劇に戻る──。

「これ、どうするよ?」
防御壁マウアー衝波ショックウェルで倒す」
「この数は流石にキツいだろ」
「……むぅ」

 可愛く膨れる真雫だが、お前結構余裕だろう?しょうがない、少し本気を出そう。本気を出したら、周りに被害が出るかもしれないから、あまりしたくなかったんだよね。

「”武器ヴァッフェ召喚フォーアラードゥング : 斬滅剣カラドボルグ”」

 逃走から一転、振り向いて立ち向かう。

 そこから数m跳躍し、先頭にいたカーカンを一刀両断する。綺麗な切断面が目に映る。

 仕留めたカーカンの死体を土台として、もうひとつのカーカンへと更に跳躍。剣を振って、新たな死体を量産する。

 それが何回も続き、ざっと10匹分の死体を量産したところで、イカの足の攻撃が飛んできた。確か触腕と呼ばれる部位で、伸び縮みするはず。

 俺の豆知識通りにその触腕は俺に伸びて、巻き付こうとする。

 それを俺は斬滅剣カラドボルグで八つ裂きにした。ボトボトと地面に触腕の欠片が落ちていく。

 そしてまた触腕が伸びてきたので、同じように八つ裂きにして、その本体を殺る。

 しかし、そこでまた触腕が飛んできた。ああもう、鬱陶しい!

 実際、斬滅剣カラドボルグを横薙ぎに思い切り振れば、相当な数を削れるのだが、それだと港に被害を出しかねない。故に自重しなければならないのだ。

 バッタバッタとヤツらを斬り伏せていく。あっという間に8割は倒し終わった。残りざっと20匹だ。

 恐怖を抱いたのか、俺に背を向け、ヤツらは海へと帰っていこうとしている。ここで逃がすと、将来的に危険かもしれない。

 1番奥のカーカンに転移する。ヤツの死角に転移したため、ヤツは気づいていない。

 最近パターン化しているけど、まだ直さなくていいか。下方から振り上げて最後尾だったヤツを絶命させる。

 あと19匹ぐらいだ。もう少しだけ本気を出そう。

「”加速魔法陣ベシュロイニグング、展開”」

 加速魔法陣ベシュロイニグングをカーカン達の間の手前に展開する。そして、元最後尾のカーカンを踏み台として蹴り、加速魔法陣に突っ込む。直後、俺に爆発的な加速がついた。

 速すぎて通り過ぎそうなところを何とか追いついて、カーカンを横に一つ一つ殺していく。

 あとには、カーカンおよそ100匹が、海の上に死屍累々と転がっていた。

「よし、終了。真雫──」

 真雫を見れば、唖然としていた。加速魔法陣のあまりの速さにかたまったらしい。

 とりあえず、港に戻ろう。先にカーカンの触腕の一部を袋に入れるのを忘れない。

「真雫ー?戻ってこーい」

 港に着いたはいいものの、真雫はボーッとしていて、眼前に手を振るオレにも反応を示さない。

 故に、チョップ。

「うにゃ!?」

 涙目で、且つ上目遣いで、真雫が俺を見る。非難する目だ。

「いつまで呆けているんだ。行くぞ」
「……別に呆けてない。上級悪魔に攻撃を受けていた」

 恥ずかしそうに頬を染めて、そっぽを向いてそんなことを言った。いや、その誤魔化し方は無理がある。

 まぁ、これでクエストは全て完了だ。しかし、このカーカンの死体群、どうしようか……。いいや、ギルドに任せよう。



「たった1日で、高難度クエストを3つも……!?」

 ギルドに報告しにいくと、受付嬢に本気で驚かれた。やはり、高難度クエストと呼ばれるだけあって、同じ人が1日で複数クリアは異例らしい。最初は半信半疑だった受付嬢も、1つ、2つ、3つとクエスト完了の証の袋をカウンターに出すうちに、本格的に驚いていた。

「あ、あと、カーカンをおよそ99匹無駄に殺してしまったので、なるべく早く掃除していた方がいいかもしれません」
「お、お1人でカーカンを100匹殺したのですか……?」
「いえ、真雫もですよ?」

 ほとんど俺一人だが、これ以上無闇に目立ちたくない。今更ながら無駄にカーカンを殺したことに後悔をしてしまった。流石にこれはやりすぎたな、目立ちすぎてしまう。

「で、ではカードをお見せ下さい」

 恐れ多い、と言った感じで、カードの提示を要求される。こんな風にさせるなんて、俺がやったことはそんなに凄いことなのか?普通にリターさんも出来そうなんだけど。

 カードに印鑑魔法?を押してもらい、報酬の金貨17枚を貰う。そして、周囲が騒がしくなる前にギルドを退出する。

「よし、とりあえず夕食にしよう」

 日は既に傾いており、時は夕暮れを指していた。いつもよりも動いた所為か、腹が減っている。俺としては、とりあえず腹をこしらえておきたかった。

「了解、どこにする?」
「前の、ヨールッパってところにしよう」

 あそこのメイジックベアーの角煮は美味かった。もう一度食べたい。

 真雫も二つ返事で了承し、ヨールッパに向かう。するとばったり、リーベと会った。

 リーベはあの誘拐事件以来、少しずつだが人間恐怖症がなくなってきている。それほどのことが、リーベの身に起きたのだろう。俺としては、微笑ましい限りだ。

「マナ、ノア、こっちに来てください」

 フードを被ったリーベが俺たちを手で招いている。フードを被っているということは、お忍びでここに来ているのか。本当に成長したな。

 拒否する理由はないので、遠慮なく同じ席に座らせてもらった。

「お二人とも、夕食ですか?」
「あぁ、丁度クエストが終わったからね」

 リーベには事前に冒険者になることは伝えていたので、驚いた表情は見せなかった。

「それで、どんなクエストでした?」
「カーカンとリージンフォーゲル、あとサンドワームを1匹ずつの狩猟」

 店員にメイジックベアーの角煮のセットを頼み、リーベの質問に答える。直後、カランという音がした。どうしたのかと見ると、リーベが手に持っていたフォークを皿に落としていた。

「本当ですかっ!?」
「ほ、本当だよ?」

 急にグイグイと迫ってきた。思わず引いてしまう。リーベは恥ずかしそうにきちんと席についた。

「1日でですか?」
「1日で」
「それ凄いですよ!歴史に名を残す程の偉業ですね!」

 マジか、そんなに目立つことをしてしまったのか……。本当に自重しなければやばいな。

 数分して、料理が運ばれてきた。「いただきます」と呟いて、角煮に舌鼓を打つ。うん、やっばり美味しい。味がよく染み込んでいるし、何より肉が柔らかく、味わい深い。あっという間に食べきってしまった。

 ちなみに真雫も同じ角煮を選んでいた。美味しそうに顔を綻ばせていた。真雫も気に入ったらしい。

 それからリーベを家まで送って、自室に転移してからベッドにダイブする。ふぅ、今日は意外と疲れた。明日も高難度クエストを受けるだろうから、さっさと寝ることにしよう。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く