中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

27.冒険者編 高難度クエスト(1)

 チュチュ、と小鳥の囀りが聞こえてくる。なんだろう、最近よくこの囀りで起きるよね。【身体強化】を手に入れたからだろうかね?

 時刻はまだ6時。正直まだ寝たかったので、ゴロン、と転がって先程とは違う方向に寝ようとする。すると、真雫の顔があった。それもどアップで。

「うおっ」

 勢いよく後ろに跳ねてしまい、ベッドの下に落ちてしまった。またベッドから落ちたよ……これも災いの一つか……?

 今の衝撃で、真雫も起こしてしまったみたいだ。

「……ノア、大丈夫?」
「あぁ、全然大丈夫」

 実際に身体的にダメージはないが、このままこんな起き方が続くも精神的にキツいなぁ。改善しないと。

 立ち上がり、部屋を見渡す。当たり前だが、誰もいない。寧ろ、いたら怖い。

 しかし、今ので完全に目が覚めてしまった。もういいや、支度しよう。

 朝のあれこれを色々済ませ、朝食を作り始める。今日のメニューは、ベーコンエッグとパンだ。簡素だが、俺的にこの朝食が気に入っているので別にいいだろう。

 ベーコンを一枚一枚フライパンに乗せて、その上に卵をかける。昔は苦手だった卵を割るのも、この体ではさらに楽になった。

 パンは魔法冷蔵庫の中に入っているパンを取り出す。あとは相当高かったバターを塗る。

「真雫、運んでってー」
「ラジャー」

 作り終わったところで、真雫に指示を出して自分の朝食を運ばせる。最近は、こんなのがいつもの朝だ。

「ん、ノアの料理はいつも美味しい」
「ありがとう。そう言ってもらえると嬉しいよ」

 おっと、礼のみを言うはずが、心の声まで出てしまった。台詞が何やらタラシみたいな感じになっている。真雫は特に気にとめなかったみたいなので、良かった。

 いや、しかしまぁ、本当にこれが日常になってきたな。ほんの少し前は、高校生活をエンジョイしようと気合いを入れていたのに、それが今では異世界で邪神封印するハメになっているとは……。人生って色々あるなぁ。

「ん、ごちそうさま」

 真雫は食べ終えたようだ。俺も丁度食べ終えたので食器を片付け、いつものコートを羽織る。さて、今日も仕事するか!




「さて真雫、どのクエストにする?」
「んー、これ」

 俺達はバッグを買うため、またギルドに来ていた。思ったよりも空いている。殆どの冒険者は午後からクエストを受けるのだろうか?まぁ、今はどうでもいいことだ。

 真雫に聞いてみたところ、高難度クエストを3つも選んでいた。内容は、


・砂漠に住むサンドワームの狩猟 
 報酬  金貨5枚

・南の山に住むリージンフォーゲルの狩猟
 報酬 金貨6枚

・港に出没するカーカンの狩猟
 報酬 金貨6枚

 どれもこの世界じゃ、凶暴魔獣として名を馳せているヤツらばかりだ。確かに報酬は高い……のか?金貨1枚が1万円だとすると、命をかけて戦って、1匹6万円程度の価値しかないのか。安い気がしないでもない。

「一気に3つもやるのか?」
「これで半分は手に入るから」

 答えになっていない。俺達は言わばチートだから、別に大丈夫だろうし、真雫が受けたいってなら受けてもいいか。クエストは途中でリタイアも出来るので、あまり心配はない。ゲームみたいだが、実際リタイアするには対象から逃げなきゃいけないため、そう簡単にはいかないのだ。

 ちなみにクエストは、一度に10まで受けられる。

 とりあえず3つとも、カウンターへと持っていく。

「すみません、これら全部受けたいのですが」
「はい、分かり…………」

 受付嬢が笑顔のままかたまった。彼女の目は渡した3つの紙に釘付けである。

「僭越ながら申し上げますが、これらのクエストは、あなたがたのレベルを上回る可能性がございます。それでもよろしいでしょうか?」

 笑顔から一転、真剣な表情を見せて、そのようなことを彼女は言った。

 確かに俺たちでは勝てない可能性もあるだろうが、もし勝てないのなら転移してリタイアすればいいだけなので、大丈夫だ。

 一瞬でそれを考え即答する。

「はい、大丈夫です」
「……分かりました。頑張ってください」
「ありがとうございます」

 そう言って逃げるようにギルドから出る。さっさと済ませたいところだが、最初に行くところは意外と遠い場所なので、馬車を手配した。行き先はケーニヒクライヒ王国の北にある──オウネエンデ砂漠。




 サンドワーム。それは、この世界では最大の大きさを誇るだ。ミミズと言っても、先端に歯がびっしりとついた口があるので、怪物という印象を受けるらしい。大きさは、全長200m、幅10mということだが、そんな数値を並べられても、イマイチピンとこない。百聞は一見に如かず、だ。大きさは遭遇したらわかるだろう。群れはなさないので、オウネエンデ砂漠に住むサンドワームは1匹だけらしい。

 このクエストの依頼主は、砂漠を横切ると着く帝国に用があったのだが、サンドワームが住み着いてしまい、行けなくなったため、依頼したとのことだ。

 馬車に乗って、ガッタンゴットン揺られながら、俺はサンドワームの対処法を考えていた。目的地まではあと10分余裕がある。真雫は、やはり酔っているようだ。そのままずっと酔っていてもらうと非常に困るのだが。

 大きいのだったら、やはり攻撃範囲が広いのがいいよな。使うなら、斬滅剣カラドボルグ火焔剣フランベルジェ、あとは雷破槌ミョルニルとかだろうか。あ、でも斬滅剣カラドボルグだと切った後に、中のものが飛び散ったら嫌だなぁ。少なくとも斬滅剣カラドボルグはナシだな。

「……ノア、負けそう……」
「戦いはまだ始まってすらいないぞ。戦いはこれからだ」
「うぅ……」

 背中をさすってやる。それから寝かせることにした。馬車の構成上、どうしても膝枕の形になってしまうが、仕方ないか。

 そして10分後。それはもう広大な砂漠に出た。馬車には、真雫をまた酔わせるわけにはいかないので、お帰りいただいた。俺達は他に帰れる手段を持っている旨を伝えたので、渋々運転手さんは了解してくれた。

 さて、まず探すか。【感覚強化】でサンドワームの居場所を探す。察知はできなかった。隠れるのが上手いのか、俺達に攻撃する意思がないのか。後者ならまだしも、前者はまずいかもしれない。

 それから1時間強探したが、サンドワームは1匹も見当たらなかった。元からいなかった、という考えが芽生えてくる。それならそれで、ほかのクエストで代用すればいいのだけれど、二度手間は好きではない。

 見渡す限りでは地上にはいないみたいなので、恐らく地中だろう。まず、炙り出すか。

 ゴルゴーンを発見した時と同じように、真雫に当たらないようにコントロールして殺気を放つ。軽い殺気なので、挑発程度にしかならないはずだ。これで怒ってくれれば、俺としても助かる。

 ゴゴゴゴゴゴゴゴッ!と地面が縦に大きく揺れる。咄嗟にこの場が危険と判断した俺は、真雫を抱き寄せ最大速で逃れる。既に魔眼共鳴済みなので、そのへんは抜かりがない。

 地面が割れると同時に、そいつは姿を現した。確かにミミズだが、先端に平面上で歯がぎっしりと並んでいる。そいつはありえないほどの巨体を地面からさらけ出していく。デカイな流石に。まだ地面に埋もれている部分があることから、これでまだ全長ですらないことが分かる。【感覚強化】が教えてくれる強さは、リターさんと同等。これは確かに高難度クエストだわ。

「ギュワアアァァァァァァァァアア!!」

 ヤツの鳴き声が轟く。思わず耳をふさいでしまう程に五月蝿かった。

 火焔剣フランベルジェを召喚し、取り敢えず距離を取る。いきなり近距離戦はまずい。相手がどんな攻撃をするか分からないからな。

 そう思っていた矢先、ヤツが己の巨体を使って飛んできた。後端も見えている。まずい。距離は取るべきではなかったか?

「真雫、半径10mの防御壁マウアーを展開」
「了解」

 防御壁マウアーとヤツの歯がぶつかり合う。想像以上に強かったのか、真雫が苦悶の表情を浮かべた。

 ズズウウゥゥゥゥゥン、という音がして、真雫の防御壁マウアーが解かれる。サンドワームは、土から出たミミズ(実際そうなのだが)のように、地に体全体で這い回っていた。立っていられなくなるほど地が揺れる。地上にいるのはまずそうだ。
 
 真雫を抱えながら、手に召喚した2つの転移剣ウヴァーガンの内1つを上空になげる。そして、それを伝い転移。

 上空からサンドワームを見下ろす。ヤツはまだ暴れ回っていた。暴れ終わってからどうにかしたいが、それでは恐らくヤツは地中に戻ってしまうだろう。

 しかしこのまま攻撃してしまうと、外してしまうかもしれない。別に外しても誰もいないからいいのだが、一気に仕留めた方が地形変化が少ない。

 何か、いい方法がないか……ん、あれならいけるか?一時的だが効果があるかもしれない。

「”巨大コウセ複数ミーラレ武器ヴァッフェ召喚フォーアラードゥング : 拘束鞭アインシュレンクン”」

 巨大化させた拘束鞭アインシュレンクンを複数サンドワームへと投げ、地面に縫うように括り付ける。サンドワームは固定されたが、この拘束では持って数秒だろう。早急に終わらせなければ。

 火焔剣フランベルジェで、ヤツの体を豪炎で燃やす。砂漠にいる分、熱さには強いのだろう。まだまだ、拘束の中で暴れ回っており、決定打には成りえてないみたいだ。

 次に雷破槌ミョルニルで雷を落とす。体の一部がちぎれたが、雷の熱で切断部が焼かれており、中のものは何も出ていないみたいだ。ああそうか、斬って、切断面を焼けば中のものは出てこないな。

 そう思いいたり、斬滅剣カラドボルグを召喚する。そして、サンドワームを4等分にした。中のものが顔を出す前に、もう片手の火焔剣フランベルジェで切断面を焼き焦がす。幸い、全く中のものは見えなかった。

 しかし、切断した一部一部が、気持ち悪く動いている。なんで虫は体から離れても、ああいう風に動けるのか毎度のことながら思う。毎度と言っても、そんなに虫を切断した記憶はないが。

 しばらくして、サンドワームの動きが止まった。どうやら絶命したらしい。

「……終了?」
「みたいだな」

 事前に近くの地面に設置しておいた転移剣ウヴァーガンのところに転移する。俺は、今まで自分がフリーフォールしていたのに、今更気付いた。真雫は昔から高いところは大丈夫だったので、それほど恐怖は感じていなかったらしい。俺は苦手だったんだが、【精神強化】のお陰で尚更強くなったみたいだ。
 

 あまり嬉しくないが、真雫は少しづつだが、こういう死体をみても、ある程度は平気になったみたいだ。恐らく人死はまだ耐えられないだろうが、動物や虫は大丈夫かもしれない。

 サンドワームの先端へと向かう。歯を1本摂取して、ギルドに提出するためだ。

 意外と小さい歯を抜いて、袋に入れる。死体はギルドがどうにかしてくれるだろう。

 でもあれと戦って5万円か……。安い気がしてならない。俺はそれなりに余裕があったので良かったが、俺よりも弱い人だと結構キツい。もしかして、ギルドがよく空いているのは、冒険者稼業が相当シビアな仕事だからだろうか。確かにこの国では、仕事を探せばいくらでもあるしな。

「先にギルドに行く?」
「そうだな、この袋意外と邪魔だし、ギルドに行こう」

 俺達は袋を先に1つだけ提出するため、ギルドに戻った。




「……クリア?」

 受付嬢の目が点だ。信じられないものをみた!みたいな感じで、目の前に置かれたサンドワームの歯の入った袋を凝視している。

 そもそも高難度クエストは、日に日をかけてクリアするものだ。そうギルド長には説明させてもらっている。でも、あれぐらいの魔獣なら、リターさんでも普通に倒せると思うけど?

 聞けば、サンドワームの短時間討伐はギルド創設史上初めてらしい。そもそも、基本地中に潜っているがために、見つけるのにすら普通は数日を費やすのだそうだ。そして、運がよくすぐ見つけても、個体の能力が強いため、1日に帰還するのはありえないスピードらしい。

 受付嬢の説明で、本当にそうなのかなぁ、と思っていたが、周りの驚愕の視線から、嘘は言っていないように思える。目立たないよう行動したかったのに、いきなり目立ってしまった。

「それでは、次のクエストがあるのです、では」
「あの、もしやその次のクエストも……?」
「高難度クエストですが?」

 周りが更に驚愕に染まった。そんなに異例かね?

 そう疑問に思いながらも、ギルドから出て、次の目的地へと向かう。次はおおよそ近いので大丈夫だ。

 場所はここより南の山脈──スードゲビルゲ山脈。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く