中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

23.ネイヒステン王国編 その後

 目を開けると、白い天井が見えた。チカチカと点滅している蛍光灯を、小さい虫が飛び回っている。

 ……ここは?

 だるい身体を起こし、周囲を見渡す。どうやらテントのようだ。あの蛍光灯は、どうやら吊り下げているらしい。

 隣には、真雫がスーッ、スーッと座りながら寝息を立てている。

「真雫、おい、起きろ、真雫」
「……んゆ?……ノア?……ノア!!」
「うわっ、ちょ、おい」

 いきなり抱きついてきた。目には薄ら涙を浮かべている。

「俺、どうしたんだ?」
「急に倒れたの。ドサッ、て」

 倒れたのか。なんか、記憶の終わりが断片的で曖昧だが、なんとなく倒れたのは分かる。

「おっ、目が覚めたわね」
「……リンさん」

 この国のパラディンの1人が俺に近寄ってくる。後続して、他のパラディンやリターさん、リーベもいた。

「倒れた原因は、急激な魔力量の減少。貴方、もしかして今回の戦闘が初めての戦闘じゃなかった?」
「はい、そうですけど……」
「やっぱりね。でも、ほんと規格外よね、転移者って言うのは。初戦であんな働きをするなんて」

 俺は、彼らの顔を見れなかった。故に今も俯いている。

「皆さんは、怪我は大丈夫だったんですか?」
「えぇ、おかげさまでね」

 そうやって、腕の筋肉をみせるようなポーズを取っている。見えないからあまり分からないが、きっと笑顔なんだろう。

「……皆さん、すいませんでした。守れなくて」
「何を言っている。誰も守ってくれなんて頼んでいない」
「はい、でも、俺が不甲斐ない所為で、貴方達は怪我を負ってしまった。リーベも、連れ去られてしまった。俺が、弱いばかりに……」

 今、俺の心は罪悪感と後悔で締め付けられている。あの時、ああしていれば。そんなことばかりが、先程から脳にチラついている。

「ノア様、いえ、ノア」

 顔をガシッと掴まれ、強制的に顔を上げさせられる。そこには、リーベの顔があった。

「私は、人付き合いが苦手なので、こんな時、どんな言葉をかけてあげればいいのかは皆目検討もつきません。ですが──」

 徐々に顔を掴んだ手からは力が抜けていき、俺を見下ろす体勢で彼女は自分の腰に手を当てた。

「確かに私は攫われました。でもそれは、私が貴方のそばにいなかったからだと、私は思うのです」
「それはちが──」
「最後まで言わせてください。私は攫われました。でも同時に、貴方に救われました。貴方が助けに来てくれた時、私は本当に嬉しかったんです」
「そして、俺達も確かにお前のミスで重傷を負った。でも、この国を救った」
「君がいなければ、私達はここにはいないだろう」
「でも、俺は──」

 俺はミスばっかりして、周りに迷惑ばかりかけて。これじゃあ中二病のころと同じだ。

「もう、卑屈な奴ですね、ノアは。でも、時には卑屈も大事です。じゃなくて、それはともかく、私が本当に言いたいことは──」

 リーベは、そこで少し溜めをいれた。

「ありがとうございます、私を、この国を救ってくれて」
「ありがとね♡」
「感謝する」
「ありがとさん」
「感謝します」

 心の何かが、少し落ちた気がした。今ので、俺の中の後悔や罪悪感は、少しだけ薄れたんだと思う。

「……俺の方こそ、ありがとうございます」
「ったく、メソメソしやがって」
「……してませんよ?メソメソなんて」
「ふん、このあと、陛下の方々もお前にお礼が言いたいとのことだ。10時からだから、遅れると承知せんぞ?」
「分かりました」

 そうやって一同が部屋から出ていく。

「……いい人達だな。彼等は」
「……うん、そだね」

 彼らの出ていった出口を見ながら呟いた言葉に、真雫は答えてくれた。

「ねぇノア」
「何だ?」
「罪悪感、感じた?」
「……あぁ、感じたよ」

 今思えば、久しぶりだった。罪悪感はこの世界に来てから、【精神強化】を手に入れてから一切感じてなかったから。その事が、俺はまだ大丈夫だと、自信を持たせた。

「フフ、良かった」

 真雫は微笑んだ。それこそ、慈愛の笑みで。それがなんだか愛しくて、つい頭を撫でてしまった。

「ひゃ、ノア!?」

 慈愛の笑みが一転、驚愕の表情へと早変わりした。頬が紅潮している。

「あっそうだ、真雫、今何時だ?」
「午前9時。ノアが倒れてもう丸一日は経ってる」

 そんなに経っているのか。一日中眠るなんてあるだな。初体験だ。

「ノア、立てる?」
「大丈夫。体はなんともない」

 少し気がだるいが、まぁ本当に何もない。

 体を起こして、近くに置いてあった俺のコートの袖を通す。……?コートなんて誰が用意したのだろう?

 不思議に思いながらもテントから出る。陽の光が、俺の体を照らす。眩しい。

 先程の罪悪感や後悔は、嘘だったかのように、消え失せていた。これも恐らく【精神強化】のおかげだろう。やはり負の感情は一時しか感じれないみたいだ。

「……ノア、なんで手加減したの?」
「20万の軍勢が来た時か?」
「……(コクッ)」

 真雫にはバレていたようだ。

 確かに、俺は20万の軍勢が来た時、本気を出せなかった。理由はおよそ2つある。

 1つ目は、パラディン個人の力量を測るため。実際俺一人で殲滅できたのだが、彼等の実力も知っていた方がいいと思い、少しだけだが彼等にいくつか敵を流した。

 2つ目は、もしこの戦いが誰かに見られていた時、本気で戦ってしまうと相手に対策をされてしまうから。まだ本気でなければ、もしあの20万がゴット・ストゥールの軍勢の端くれだとしても、いくらでも対処のしようがある。

 そういうわけなので、死んでいった者たちには悪いが、俺は本気を出していない。

 閑話休題。

「真雫、国王陛下達はどこにいるんだ?」
「多分、この国の王宮にいると思う」

 王宮か……。何気にまだ行っていなかった。少し気になっていたんだよね。

「よし、じゃあ行こうか」

 コートをビシッと決めて、俺は王宮に向かった。……のだが。

「王宮って、どこにあるの?」

 なんとも締まらない始まりだった。




「ふむ、やはりあやつらは使えるな」
「あぁ、そうだな」

 とある部屋の中。フードを深く被った男二人がむきあって密会を行っていた。

「あの軍勢を、ほぼ1人で凌ぐとは。確かに歴代最強だ」
「あぁ、これで念願のも達成できるだろう」

 1人の目がギラりと光る。その双眸は、高貴さとともに、冷徹さを感じさせる。

「だが──」

 男は立ち上がり、もう1人の男の方へ赴く。そして、その男の肩に手を置いて、

「お前、公爵令嬢を殺すのに失敗したな?」
「……ま、待ってくれ。しょうがなかったんだ、あやつらの行動が早すぎて、対処のしようがなかったんだ」
「だが、失敗したことに変わりはない」

 男は肩から手を離すと、男を絶対零度の如き目で見た。位置関係もあるのだろうが、上から軽蔑するように見下ろして。

「失敗する者は神座に座る資格はない」
「待ってくれ、弁解の余地を──!!」
「ダメだ、やれ」
「はっ」
「くっ、こうなったら──」
「お前の神格は封印した。お前には何も出来ない」
「なっ──」
「死ね」
「おいそこのお前、待て、地位をやる、高い地位だ、だから──グアァァァァアアア!」

 奥に潜んでいた男が、獲物であろうショーテルを男に振り下ろす。その剣は元より黒く染められていて、何かの力が込められていた。そしてさらに、男の血で塗れていった。

「さようなら、シュワイン・ネイヒステン、いや、熾天使序列二位、ミカエル」

 男が指をパチンッ、と鳴らすと同時にもう1人の男がボッ、と燃えた。男は、絶命したもう1人の男から踵を返した。




「神喰 希空、星宮 真雫、ただいま参上仕りました」
「うむ」

 現在、ネイヒステン王国王宮内。ケーニヒクライヒ王国王宮(たしかパラスト)とはまた違う雰囲気の王宮だった。あれだ、ベルサイユ宮殿に似ている。

「ネイヒステン王国国王陛下がいらっしゃっていない。暫し待たれよ」

 そう言われ、暫し待ってみたが、ネイヒステン王国国王陛下が現れる気配がない。【感覚強化】も使って探してみたが、少なくともこの周辺にはいない。しかし、走る程度の速さで近づいてくる人はいた。

「面会中失礼します!」
「なんだ今度は!?」
「はい、シュワイン・ネイヒステン国王陛下が……焼死体で発見されました!」
「……何!?」

 くっ、次から次へと……!

 どうやら寝室で寝ていたところ、ベッドの近くの机に置いてあった蝋燭を誤って落としてしまい、それが部屋に引火。完全な密室だったために誰も気づかなかったようだ。

 悲しい事故だが、タイミングがおかしくないか?

「……これは困ったな」
「陛下」
「どうした?」
「最優先事項を間違えないでください」
「分かっている」

 そして、陛下は俺達の方を向いて。

「其方等の働き、そしてこの国を救ってくれたこと、今は亡きネイヒステン国王陛下に代わって感謝の弁を述べよう。そして汝らに、ネイヒステン王国からケーニヒクライヒ王国間の行き来の自由を与えよう。今から勲章を渡す。これは、ケーニヒクライヒ王国、及びネイヒステン王国の検問をパスできる。存分に活用せよ」

 2つの剣が交差しているレリーフの刻まれた、掌代のメダルを渡された。どうやら金製らしい。よく分からないが、純金だと思う。

「ありがとうございます」
「では、これにて解散!リターその他パラディンは私について来い」
『はっ』
「ノアさん達は……」
「あの、陛下」
「なんだい?」
「俺達も、行ってもいいですか?」
「……分かった。そこの君、現場は?」
「はっ、こちらにございます!」

 惚れ惚れするような敬礼をして、まるで教科書の如き動きで部屋から出ていく。俺達は、彼について行った。




 シュワイン・ネイヒステン国王陛下の寝室は、悲惨なことになっていた。あちこちが焼けており、ベッドや棚はもはや原型をとどめていない。そして、国王陛下であろうその人は、床に横たわり、ブルーシートのようなものを被せられていた。

「これは、酷い」
「真雫はこういうのが苦手なので、外に出しておきました」

 ブルーシートをずらすと、あちこちが焼けただれた、見るも無残な姿が目に入った。俺は、こんな死体を火焔剣フランベルジェで量産していたのか。今後は控えるとしよう。

「葬儀等はどういたしましょう?」
「確かこの国には、彼の弟、王弟がいたはずだ。彼に一任するとしよう。他国の人間が介入していいものじゃない」

 弟がいたのか。どうやら彼も、故国王陛下に負けず劣らずの秀才らしい。

 少し遅れて、慌てた態度でリーベやバータ公爵達が走ってきた。

「国王陛下がお亡くなりになったと……」
「はい、焼身事故みたいです」
「リーベ達子供は外に出ていなさい。子供が見ていいものではないだろう」

 横目で問いかけてきたので、首肯で返す。そして、リーベ達を連れて寝室を出た。

「……リーベ様、大丈夫ですか?」
「……はい、大丈夫です。身近な人の死は、もう経験しているので」

 それは……俺にはなんとも言えないが、リーベにとって彼は身近な存在だったのかもしれない。

 この暗い雰囲気はあまり好きではない。話題転換を図ろう。

「それはそうとリーベ様、此度の舞踏会には何故、プリンゼシン公爵夫人がいらっしゃらなかったのです?」
「え?あ、実は病床に伏してしまって、来れなかったらしいのです」

 なるほど、そういう理由だったか。割と気になっていたから、またこれで疑問がひとつ、解消された。

「リーベのお母様って、どんな人なのです?」
「あっ、それあたしも知りたい」

 近くの公爵令嬢方が食いついてきた。これで、話題転換は完了だろう。リーベに友達が出来ていて、良かった良かった。

 それから、俺達は色々動いた。国民に漏れないようにしたり、王弟に報告したり。この世界は、俺を休ませてくれないみたいだ。




 一通り仕事が終わり、漸く死者を悼むことができるような時間ができたころ、今度はパラディン一同に呼び出された。今度はなんだよ……。本当に休ませてくれないな。

「お、来たな」
「みなさん……大丈夫なんですか?」
「えぇ、主に死なれるのは、言っちゃ悪いけど、慣れたのよ」
「悲しいことは悲しいのですけどね」

 なんだろう、あっさりしているというか。俺は交流があまりなかったので、言うほど悲しくはない。【精神強化】の所為もあるだろうけどね。

「それで、どうしたのです?」
「えぇ、これを見て頂戴」

 そう言って、手術台のようなものの上に乗った死体を見せる。男性の遺体だ。

「これが、どうかしたんですか?」
「これね、死亡推定時刻が、ずっと1分前なの」

 ……それは、どういうことだ?

「魔法がかけられていたのよ。それも時空魔法。そして、魔法を解いた姿がこっち」

 次は、別の手術台を見せる。これは……。

「そう、見てわかるように、原型をとどめてないなんてレベルじゃない、まさに至る所が風化している、数年前に死んだのよ」

 詰まるところ、俺達が戦っていたのは死人だったということだ。それなら、俺から逃げなかった理由も頷ける。

「でもあんな数、一体どこから……」
「……数年前、創始国が1つ、謎の滅びを得た。その国は創始国の中でも、ネイヒステン王国より軍事に特化していて、邪神退治の中枢の国だった。しかしある日、その国は滅んだ。その原因は未だに不明。その国の名は『ルイン帝国』」

 ルイン帝国……。聞いたことはあったが、滅んだことは知らなかった。

「これは私達パラディン以上の地位を持つものしか知らぬ事実です。国民等に伝えないのは、余計な不安感を煽らないため。幸い、ルイン帝国は大陸から離れた離島で構成された国だったので、国民にも知っている人は数える程しかいないでしょう。呉々も、内密に」
「……分かりました」

 『ルイン帝国』、か。それほど言うなら相当の軍事国家だったのだろうが、もしそれほどの軍事国家国民全てが、ゴット・ストゥールの手駒になっていたとすると、相当な戦力になるだろう。操った魔法が知りたいところだが。

「多分、死霊魔法でしょうね。あれなら、死体を操ることが出来るから。でも、こんな規模の死霊魔法なんて、ゴット・ストゥールは恐らく考えている以上にデカい組織ね」
「そして、ルイン帝国の事だが、今はケーニヒクライヒ王国の俺以外のパラディンが調査に赴いている。だから無理やり行かないでも良い。心配するな」
「……って、パラディンってケーニヒクライヒ王国にまだいたんですか?」
「あぁ、伝えてなかったか?」
「初耳です」

 本当に初耳だ。少しは教えてくれてもいいってのに。

 この人達は、これを伝えるためだけにここに呼んでくれたのだろう。嬉しいやら
何なのやら。

「あら、それもあったけど、本当はね……」

 先程までの仕事顔から一変、妖艶な雰囲気を醸し出してきた。周りのパラディン3人が、同時にそっぽを向く。やべぇ、猛烈に嫌な予感が。

 彼女の手が、するりと自然な動作で俺の肩に手を置いて、その手がどんどん下に移動したかと思うと……その手は俺の股間に触れた。

「──!?」
「あら貴方、そんな見た目に反して体が逞しいわね。食べちゃいたい♡」

 俺は、全速力でその場から離脱した。




 それから数十分。俺達は一旦ケーニヒクライヒ王国に帰ることになった。国王陛下曰く、後日また葬式などの案内状が送られてくるらしいので、別にこの国で待たなくてもいいとの事。転移剣ウヴァーガンを設置させてもらったので、いつでもこちらには来れる。

「ノア様、行ってしまわれるのですね」
「ノア様」

 俺は、救ったご令嬢及びご息女に言い寄られていた。真雫とリーベからの視線がなんか痛い。

 何故か言い寄る彼女達を宥めて、颯爽とその場から離れる。真雫達の痛い視線はまだ続いた。……俺は何もしていないぞ?

 当初は馬車で帰る予定だったのだが、真雫の馬車酔いもあるので、転移で帰るつもりだ。無論、国王陛下やリーベ達も一緒に。

「じゃあね、ぼうや」
「またお会いしましょう」
「サンキュな」
「はい、ではまた」

 国王陛下達に手をつなぐよう指示して、転移する。

 ネイヒステン王国。俺が色々な経験をした国。この国が、邪神封印の1歩となるだろう。

 俺は知る。これが俺の新しい道だと。逆に知らなかった。これが、破滅への道だと。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く