中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

魔法について

魔法には、基礎魔法、特殊魔法の2つの種類がある。

基礎魔法
風、火、地、水、木の5つの魔法系統とその他の総称。常時魔法による効果がある者のみ使える。段階があり、下位魔法、中位魔法、上位魔法、超位魔法の4段階に分けられる。

・下位魔法
詠唱なしで使える魔法。ただし威力は弱く、効果範囲も小さい。

・中位魔法
短文詠唱により行使できる魔法。威力、効果、範囲ともにそこそこ。

・上位魔法
長文詠唱により行使できる魔法。威力、効果、範囲ともに強力だが、魔力消費量が半端ではない。

・超位魔法
長文詠唱を集団で行うことで漸く行使できる魔法。威力、効果、範囲ともに絶大だが、魔力1000の人が最低20人分の魔力を必要とする。

特殊魔法
常時魔法や行使魔法の総称。人それぞれに持つ魔法が違う。

・常時魔法
常に発動したり、任意で発動できる魔法。攻撃系は存在せず、支援系が主。魔力を消費するものと消費しないものがある。基本1人につき1つ。

・行使魔法
条件を達成することによって発動する魔法。召喚から魔物使役、果てに生活必需品召喚の魔法など、多種多様。基本、詠唱いらず。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く