中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

キャラ設定1(神喰 希空~オンケル・ケーニヒクライヒ)

神喰 希空(かみじき のあ)
元中二病な16歳の少年。中二病時代の二つ名は魔神眼ゴッドイビルアイ。星宮真雫と幼馴染。転移前の身体能力は少し悪い程度。成績も普通だった。アニメやラノベも好きで、彼の通っていた学校では、アニメについて右に出るものはいなかった。そして少し料理と絵を描くのが得意。イタイ過去を持つ。

「……ノア」
「……どうした、真雫?」
「イタイ過去って、何があったの?」
「それはまあ……イタイ過去だよ」
「どんな?」
「こう、イタッていうイタイタしい過去だよ」
「どんな風にイタイタしいの?」
「それは……」
「どんな?」
「えーと、うーん……」
「ねぇねぇ、どんな?」
「執拗い!!」




星宮 真雫(ほしみや まな)
現役中二病な16歳の少女。中二病時代の二つ名は正義の使者アポステル。体に異変のなかった邪気眼系中二病。正義大好き。希空と幼馴染。転移前は成績普通、身体能力普通。容姿端麗だったが、中二病のためモテることはなかった。ゲーム好き。希空が他の女性に接しているのを見ると、ムスッとする。

「なんでムスってするんだ?」
「…………」
「無視すんな」
「無視じゃない、シカト」
「どっちでもええわ!!」
「……理由はまだ言えない」
「何故?」
「本編に関わるから」
「まさか重要なこと!?」
「それよりもノア」
「なんだ?」
「……イタイタしい過去って──」
「もうええわ!!」

2人はとても仲良しです。




サイス・ブルトベフリクテン
少し恰幅のいい中年男性。ケーニヒクライヒ王国の外交官の1人。とある人の家庭教師。最近、ようやくお腹を気にし始め、食事制限中。

「そう言えばなんであの時泣いていたんですか?」
「あの時、とは?」
「俺たちのアビリティプレートを見た時ですよ」
「あぁ、あの時ですか。いえ、それにつきましては……」
「つきましては……?」
「本編に関わるためお答えできません」
「これもかよ」
「ところで魔神眼ゴッドイビルアイさん」
「その名で呼ぶのはやめろください」
「……イタイタしい過去とは?」
「もういいです……」




オンケル・ケーニヒクライヒ
ケーニヒクライヒ王国現国王。悲しい名前の持ち主。

「……えっ、終わりかい?短すぎやしないかい!?」
「まぁ、しょうがないですよ。多分俺たちに無理矢理叙爵させようとした罰です」
「いや、それにしても雑すぎるだろう!?」
「まぁまぁ、後から出番沢山あるんで、それまでの辛抱です」
「それは本当かい?」
「…………(ニッコリ)」
「なんだよその顔は。主人公がする顔じゃないよ。あと答えになってない」

一応ケーニヒクライヒ王国最高権力者です。




7/31 少し編集しました。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く