中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

0.プロローグ

 裏切り、とは。

 仲間の信頼を無下にすること。人の心を弄ぶこと。

 人殺し、とは。

 それ相応の覚悟と決断を用いて、生けるものを死せるものに変えること。

 俺たちは、もっと考えるべきだったんだ。もっと知るべきだったんだ。この世界のことを。本・当・の・敵・が何なのかを。

 今では悔やんでもしょうがない。何せ、もう周りに仲間は全て消えていった。

 嗚呼、あの頃が懐かしい。俺がまだ中二病で、我を貫いていた時が。2人だけの、寂しく楽しい日常が。

 俺たちは、俺、神喰 希空カミジキ ノアと星宮 真雫ホシミヤ マナは、もうこの世界では二人きりの仲間。

 俺たちは向かう。これまでのために、これからのために。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く