中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

15.ネイヒステン王国編 奪還(1)

 ここ、は……?

 私は先程まで、舞踏会会場にいたはず。そして、急に明かりが消えたと思ったら、足元に魔法陣が描かれ、気がつけばここにいました。

「キャッ」

 後ろから聞こえた悲鳴に、肩がびくんと跳ねてしまいます。

 ぎこちない感じで振り向けば、モーガン様がいらっしゃりました。現フィー公国第一王女、モーガン・フィー様です。今まで話したことは勿論ありません。

 話しかけて状況を知りたい。でも……怖いのです。人間恐怖症な私にとって、ほぼ見ず知らずの人に話しかけるのは、まさに至難の業。ノア達には、転移者マニアでもある私にとって、その転移者に会えるという興奮が勝っていたから、そんなに緊張などはありませんでした。でも今は違う。目の前にいる人は紛れもない他国の王女様。立場を考えながら発言しなければならないのです。そこまで考えついているのに、緊張で声が出せない。怖い、怖い。

 ふと、また違う方を向けば、3人女の子がいます。初めて見る方々です。着ている服から、相当高い地位の家の生まれなのだと分かります。

「いてて、ってうわぁ、何ここ!?」
「ちょっと、意味わかんないんですけど」

 おそらくここにいるみんなが、今の状況を分かっていないでしょう。少し危ない状況です。

「みなさん!」

 王女様から声が上がります。

「この中で、何が起きているかわかる人はおりますか?」

 流石というべきでしょうか。この状況で、最初に皆へ言葉を発したのは、状況を確認するため。他に人にとっては、普通かもしれません。でも、私から見たら、とてもすごいこと。

「お、王女様?……いえ、分かりません」
「私も同じです」

 互いに状況を確認し合う皆さん。でも私は、その輪に入ることができなませんでした。

「あなたは?」

 突然、私に話が振られる。話の流れ的に当然です。でも、心で色々な感情がせめぎ合っていて、答えることができませんでした。

「無視するの?」

 その事を無視と勘違いされたのか、王女様が怒気を発して睨んできます。その行動に、私はさらに口を閉ざしてしまいました。ああもう、私のバカ!

「あの、実は……」

 私以外にいた、1人の何も喋らなかった娘が、口を開きました。

「今回のこの事件、『闇の3勢力』の仕業だと思うのです」

 『闇の3勢力』とは、『ユープト』『フレ』『エモードン』のことです。

「どうしてです?」
「あの私たちをこの場に転移させた魔法陣、武器密輸専門の『ユープト』が用いているものなんです」

 確かにそれならほぼ確定で『ユープト』が絡んでいるでしょう。ただその前に、何故知っているのでしょうか?疑問が浮かびましたが、口に出すことができません。ノア達がいないと何も出来ないことを、改めて痛感しました。

「何故それをしっているのですか?」
「それは……」

 そこまで言いかけて、彼女は口を噤んだ。何が言い難いことでもあるのでしょう。

 静寂が降り注ぐ。

 その中で私は、お父様の言葉を思い出していました。それは、私の人間恐怖症が、今よりずっと酷かった時のこと……。




「お父様」
「何だい?リーベ」

 絵を描いていたお父様は、走っていた指を止めた。

「どうして、みなさまは普通に人と喋れるのですか?」

 彼は微笑んでいた。でも私には、計算の難しい問題と直面したような、そんな困ったような顔に見えた。

「リーベ」
「はい、お父様」

 お父様が、まだ小さかった私の手を取る。

「人が、怖いかい?」
「……はい、怖いです。話そうとすると、こう、なんか喉が詰まってしまって」
「そうかい……」

 お父様は、また少し考えて、

「私もね、怖いんだよ」
「人が?」
「うん、人が」

 当時の私は驚愕しました。私はお父様の交友関係の幅広さから、お父様を憧憬の対象にしていたのだから、当然です。

「よくお聞き、リーベ」

 そしてお父様は、おもむろに語り出します。

「怖いって感じるのは、どうしてだと思う?」
「どうしてなのです?」
「それはね、知らないからだよ」

 知らないから……?

「リーベは、そうだな、ケーキが怖いかい?」
「怖くないです」
「だろう?それは、ケーキとは何か、しっているからなんだよ」

 お父様の話は続きます──

「人も同じなんだ。どんなに見栄を張ろうと、怖いものは怖いんだよ」

 まだ語彙力があまりなかった私には、少し難しかった。

「分からないなら、どうすればいいと思う?」
「……おべんきょう?」
「まぁ、そうだね。知らなければ、おべんきょうすればいい。だから、まずはね、人と話すときには、自己紹介から始めるといいよ」
「……はい」
「­­はは、少し難しかったね。でも、いつか分かるだろうから、これだけは覚えておいてくれ」

 お父様は間を置いて──

「人を知りなさい、リーベ」

 語りかけるように、そう言ました。

「さぁ、私はまた絵を描くから、メイドたちと遊んでなさい」
「はい!」

 お父様は、最後に含蓄な言葉を残して、私を部屋から出した。




 人を知れ。それがお父様の言葉でした。だから、私は人と話す時、今まで自己紹介から入った。それを、今になって忘れていたなんて……。

 緊張で手が震えている。怖い怖い怖い怖い。でも、話しかけなければ、始まらない。この状況は解決しない。負けるなリーベ、ここにあり!

「あの!」

 視線が私に集中します。どうしても手が震えてしまう。震えが止まる気配は一向にありません。

 でも、言わなければならない。状況を打破するために。私のこれからのために。

「自己紹介、しませんか?」


 暗い部屋の中、私たちは中央を向くように並んでいました。

「えっと、プリンゼシン公爵家長女、リーベ・プリンゼシンです」

 まず私から自己紹介をしました。次に王女様が口を開き、続いて残りの3人も口を開きます。

「フィー公国第一王女、モーガン・フィーです」
「ハスリッチ公爵家次女、メイダン・ハスリッチでーす」
「グースト公爵家長女、ジェニ・グースト……です」
「ゲレヒティヒカイ公爵家長女、ライデン・ゲレヒティヒカイですわ」

 この会話が成り立ったことに、私は嬉しく感じました。

 最初は、「は?」みたいな反応こそされられましたが、ジェニ様の働きかけもあって上手くいきました。元々記憶力は良かったので、もうこの場の方々のお名前は覚えています。

「これで満足ですか?」
「はい、あと──」
「えぇ、情報交換しましょ」

 私の声を遮り、メイダン様が言葉を発します。

「──そうですね」

 私の同意の声に続いて、他の方々も頷きました。

「それでは、まず、今回のこれに心当たりがある人」

 心当たり……あのことが頭に引っかかる。

「……実は、私、数日前に変な人たちに襲われたのです」
「え?あなたもですか?」
「あなたも……?」

 周りを見れば、全員同じようでした。つまり、この場にいる人の共通点は、数日前に襲われた、ということでしょう。

「これは、今回のこれと関係ありそうですね」

 それはほぼ確定でいいと思います。だけど、その目的が知りたいのです。

「そういえば、ジェニさん先程『ユープト』を知っているような発言をしていましたね?」
「あ、あれは……実は、私の叔父は、『ユープト』の関係者だった者で、時々あのような武器の類を見せてもらっていたのです」

 その方、よく『ユープト』を追われませんでしたね……?

 でもそれなら、ほぼ確定で『ユープト』も絡んでいるに違いありません。

「それと、私たちをこのようなところに連れ去って理由ですが……」
「分かりませんね」
 
 それもそうですよね。

「あの、とりあえずこの場から出ませんか?」
「……えぇ、そうですわね。出ましょう」

 今更ながらに状況がわかりました。私たちを連れ去ったということは、おそらくまたここにその連れ去った人は戻ってくるのでしょう。

「でも、どうやってですか?」
「皆さん、天井は見えますか?」

 その声に引かれるように上を向けば、排気管がありました。なるほど、あれから外に出れば……。

「でも、あの高さじゃあ私たち届きませんよ?」
「大丈夫です。先に登った人があとの人を引き上げていけば」

 確かに大丈夫ですが、とても難しそうです。

「それじゃあいきますよ、掴めましたか?リーベさん」
「は、い。掴めました」

 膂力を使い、排気管に頭だけ入れます。中は意外と広くて、人が2人並べるほどの幅でした。

「じゃあどんどん引き上げ……キャ!!」

 突然、ゴンッ、という音と共に、最下部のジェニ様が崩れます。自分の体を支えるほどの膂力がなかった私には、そのまま掴んだままでは耐えきれず、下に落ちてしまいます。

「な、何っ!?今の!?」

 頭を抑えながら立ち上がります。突然の衝撃に、場は混沌としたまま。私はもはや声すら出ません。

 ガチャッ、ガチャッ!!

「な、何!?」

 それは、この場の人達の心を代弁した言葉でした。

 ガチャッ、ガチャッ!……ギィィ。

 明かりもなく暗いままだったこの部屋に、わずかな光が差し込みます。

「おぉ、いいおもちゃが揃ってるでおじゃるねぇ」
「はい、全員、見る目麗しい、王家、及び公爵家の娘達です」

 恰幅のいい体型の方と、ひょろ長い男性。どちらも高そうな服を着ていますが、表情が怖いです。

「よし、買った。こいつら全部買うでおじゃる」
「ありがとうございます。手続きは後ほどさせてもらいますので──」
「いつも通り遊んでいて良いでおじゃるな?」
「はい」

 恰幅のいい男性の方が、ひょろ長い男性の言葉を遮って、そのようなことを言いました。状況が読めず、この場で動いているのは2人だけです。

 すると、恰幅のいい男性が、自分を中に入れて今来た戸を閉めました。

「さて、まずどれにしよう?」

 ゲヒゲヒ、と醜い笑いをしながら、歩いてきます。そして自分の背中のあたりに手を当てると、何かを取り出しました。

「たっぷり、怖がってくれでおじゃるよ?」

 取り出したものは、鞭でした。体型に似合わず、器用に鞭を操っています。

「じゃあ、まずお前か、ら!!」
「キャア!!」

 鞭が振るわれ、モーガン様の頬に当たります。その頬は、みるみるうちに腫れていきます。

 ────逃げなきゃ。

 足の震えが止まらない。顔面は、自分でも分かるほど蒼白。

「ふん、あまりいい声でなかないでおじゃるな。次は……お前じゃ」

 そう言って男の指さしたのは──私でした。

 嫌、嫌。彼が進むたびに、私も後ろに下がってしまいます。

「そうじゃそうじゃ。恐れろ。我は主らのこれからの主人じゃ」

 そう語り、手を構えた男は、手のそれを思い切り振りました。

 ────助けて、ノア、マナ……!!

 心の中で叫びながら、ぎゅっと目を瞑る。顔面への鞭の衝撃は…………来ませんでした。

「え?」

 そこには、ノアとマナが立っていました。ノアの手には、黒剣が煌めいています。

「な、なんだチミは!?」

 男がそうノアに問いますが、ノアは周囲を見渡しているまま。

「不審者だ、であえ、であ──ふぐうぅ」

 返答を待つことができなかった男が、警備員か何かを大声で呼ぼうとしましたが、ノアのとんでもない速さの回転蹴りによって、壁へと飛ばされました。

 この場にいる人は、ノアとマナ以外かたまったまま。

「もう、大丈夫ですよ」

 彼の優しい声音が、部屋に鮮明に響きました。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く