中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

14.ネイヒステン王国編 舞踏会(4)

「それで、ノアさん。まずこれを飲んでみたらどうだい?」
「すみません。有難いのですが、私は酒を嗜まないので」
「そうか、残念だ」

 公爵が、透き通っている赤ワインを勧めてくれるが、一応未成年なので断っておく。本当はこちらの世界では酒は基本的に年齢制限がされていない。酒は高いものであり、子供は飲もうと思っても飲めないからだ。場合によっちゃ、一生飲めない人も存在するらしい。

「ところで、だが……リーベとはどういった……?」
「普通の雇うもの雇われるものの関係だけですよ」
「嘘はいい。本当のことを聞かせてくれ」

 何故ばれたし。この人の前で友人関係ということを見せた覚えはないのだが。

「どうしてそう思われるのですか?」
「リーベの目を見れば分かる。あれは、あなた達に向けた視線は、リーベがただの他人に向ける眼差しではない」

 なるほど。流石はリーベの親だな。

「正直に言いますと、私たちは友人関係にあります」
「そうか……。その関係は、君の方から言い出したのか?」
「いいえ。リーベ様から申し込まれました。それと、人間恐怖症ということも聞きました」

 「そうか……」と微笑むと、公爵は目を細めた。その目は、まさに娘を思う父親の目だろう。本当にいいお父さんだ。

「それでは、どこまで進んでいる?」
「……他言は無用ですよ?」
「分かっている」
「もう苗字ではなく名前で呼ぶ間柄になりましたし、一度は3人で街にも出かけました」

 公爵はさらに微笑む。流石は美中年。やはり微笑みも爽やかだ。

「……父親として、頼みがある」
「なんでも言ってください」
「ああ。どうか娘を守ってやってくれ」
「……どうして、そんなことをいうのですか?」

 守るのをお願いするということは、おそらく自分では守ってやれない状況にあるのだろう。

「この場では詳しく言えない。だが、黒服・・に気をつけろ」

 黒服……ねぇ。俺の今来ている礼服のような黒服なのか、忍者とかが着ている黒装束みたいな黒服なのか、皆目見当がつかない。とりあえず、黒い服の人全てに気をつけよう。

「分かりました。必ず守ります」
「ははっ、頼もしいな、君は」

 次は快活に笑う。笑顔がいちいち変わって面白い。

「よしっ、リーベ達も待っている。すまないね、時間を取らせてしまって」
「いえ、それでは」
「あぁ、またな」

 笑顔で手を振る公爵を尻目に、俺はリーベ達の所へ向かった。




 リーベと真雫は、2人で仲良く料理に舌鼓を打っていた。ナンパ男の1人や2人来ると思っていたが、そうでもなかったようだ。ちなみに、この場で2人に意識を持っているやつは、約20名いる。これだけいて、ナンパされなかったのはラッキー……なのか?まぁ、いいや。

「ん、ノア、おかえり」
「おかえりなさい、ノア」

 2人仲良く言ってくれた。仲が順調のようで何より何より。

「さて、じゃあ俺も何か──」

 食べようかな、と言おうとすれば、ありえない速さで俺の背後に立つ人物がいた。

「どうしたんですか、リターさん」
「ああ」

 ああ、じゃねぇよ。あと酒臭っ。これワインじゃなくてビールの匂いなんだが!?酒癖も悪そうだな、この人……。

「ついてこい」

 またかよ……。真雫とリーベに視線を向けると、表情で大丈夫、と返してくれた。いや、ちょっとは止めて欲しかった。

 渋々だったが、それをおくびにも出さずにリターさんについて行く。もう少し料理を堪能したかった……。

 しばらくして着いたのは、会場のすぐ側にある広場だった。丁度俺の鍛錬が出来るほどの広さだ。

「あの、それで……」
「得物は持っているか?」
「え?あ、いえ、まぁ……って、まさか……」
「ああ、手合わせするぞ」

 いや、確かにここに来る道中にネイヒステンでしろってオンケル陛下も言っていたけどさ、マジでやんのか?

「早くしろ」
「……はぁ、分かりました」

 着た服を脱ぎ、動きやすい服装にする。もともと中に動きやすい運動服のようなものを着ていたので、別にパンイチになってはいない。

「武器はどうした?」

 はいはい、わかりましたよ。

「”我が身に眠りし虚構の魔眼フィクティバー・デーモンよ。ここにその力を示し、我が力の糧となれ!”」

 俺の左目の瞳が青く染まる。続けて詠唱開始。

「”複数ミーラレ武器ヴァッフェ召喚フォーアラードゥング : 転移剣ウヴァーガン”」

 指に挟む形で、4つ転移剣ウヴァーガンを召喚する。自動剣フラガラッハでもいいが、あれは俺自身の行動が疎かになるので、隙が大きい。故に今回は封印だ。

「やはり、召喚系の魔法か」

 ボソッと言ったつもりのようだが、強化された体を持つ俺にはよく聞こえた。流石に詳細までは分からないか。

 リターさんも手に、イノシシみたいな魔物を殺した長剣を持っている。

「じゃあ行きます、よ!」

 手に4つの転移剣ウヴァーガンを持ちながら、リターさんの周囲を回るように走る。魔眼を発動しているので、リターさんよりも速いはず。

 そして、走りながら相手にかする程度の位置に短剣を全て投擲する。リターさんは何食わぬ顔でそれを避けた。

 手持ちが無くなったので、転移剣ウヴァーガンをもう2本召喚する。

 リターさんへ方向転換し、クロスさせる感じで上から切り裂く。リターさんは回転しながら後方に移動することによって避け、剣を横薙に振るった。回転がかかっているため、強力な一撃だろう。

 本来なら完全に避けられない距離だ。しゃがもうが後退しようが、確実に当たる。が、しかし俺は避けた。

 リターさんも驚いている。仕留めた獲物が仕留められていないのだから、当然だ。

 何故避けられたか。答えは単純。リターさんに向かって空気を切り裂いた時に、振り下ろした転移剣ウヴァーガンを俺の後方へ片方投げて、その短剣を伝い、転移して避けたのだ。リターさんからは見えないように行ったので、おそらく気づいていない。

 ちなみに、転移剣ウヴァーガンは詠唱無しでも持ち主の意思で転移できるよう改良してある。ただ、詠唱しない時よりも転移距離は相当落ちる。

 バックステップしながら転移したのでバランスを崩してしまった。背中に倒れるようにコケてしまうが、バク転の要領で未だ飛んでいる短剣を取りながら空を蹴る。ズザザーッ、と音を立てて、地面を擦り、止まる。

「そんな能力もあるのか。面白いやつだな」
「褒め言葉として受け取っておきます」

 右手の転移剣ウヴァーガンをリターさんの頭上に投げると同時に走り出す。リターさんも剣を構えた。イノシシみたいな魔物を殺した時の構えと同じ構えだ。おそらく攻業だろう。

「ゼアッ!!」

 長剣が、ブレる。本能的に危険を察知した俺は、咄嗟に上空の短剣へ転移した。下からのありえない風圧が、俺を襲う。剣を振るうだけで風を起こすとか……化け物かよ。

 しかし、俺の上空への転移は、完全にリターさんの意表を突いたようだ。双眸が大きく見開いている。両手の短剣を逆手持ちにして、抉るように振り下ろす。

 リターさんは軽く舌打ちをすると、長剣を上空にかざして盾にした。剣と剣が擦れる、金属音が鳴り響く。

 その状態で俺だけ転移する。転移先は最初に投げた4本の転移剣ウヴァーガンのうちの1つだ。完全に背後をとる。よしっもらった!

防業ぼうごう・回避」

 これまたありえない速度でしゃがんだ。突き刺すように突き出した短剣が空を刺す。呆気にとられている俺の足を、地面付近で回転しているリターさんが払う。

 体勢を崩した俺に、速すぎる剣が振るわれる。俺はまた違う転移剣ウヴァーガンへ転位することによって回避をした。

「さっきから思っていたんですが、容赦の1つや2つ、してもいいんじゃないですか?」
「戦いに容赦など無粋」

 あかん、これは完全に生粋の武人だわ。この手合わせを中断、という発想は心の片隅にすら置いてなさそうだな。

 また転移剣ウヴァーガンを使い、相手の背後に転移する。下から切り上げたが、振り向いたリターさんの長剣に防がれる。

「やはり、転移のカラクリはその短剣か……?」
「ご名答です」

 剣の仕組みを理解し、剣を壊そうとしても、俺の転移による速い強襲がそれを許さない。

 一回一回背後から襲っているのだが、何故か防がれてしまう。おそらくこのままでは体力勝負になるだろう。しかしそれでは、確実に動く量が多い俺が負ける。何か策はないかと思案を巡らすが、なかなかどうして思いつかない。

 しかし、考えずともその攻防がずっとは続かなかった。転移後に振り下げた短剣を弾かれたのだ。まさに、今は隙だらけ。リターさんが長剣を構える。

「攻業・円覇」

 剣を横薙に振るうと同時に、覇気といえるものが襲うように降りかかる。周りに設置した転移剣ウヴァーガンが全て破壊され、俺も軽く擦りむき、20mぐらい飛ばされた。既に効果はバレているので、もう転移剣ウヴァーガンの設置は無理だろう。

「くっ、流石お強い」
「お前もな」

 おそらくさっきのは範囲攻撃、もしくは武器破壊の技の類だろう。壊す専用の技なら、壊せないものを作ればいい。

「”武器ヴァッフェ召喚フォーアラードゥング : 不壊剣デュランダル”」

 手に漆黒の長剣を持つ。一応これは絶対に壊れない剣だ。まぁ、この世界に絶対なんてあるのか分からないが。

「それじゃあ、行きます」
「ああ」

 最初は歩き、徐々に徐々にとスピードを上げ、最終的にダッシュに至る。リターさんもまた然り。

 同時に剣を振り、ガギイィン!!という金属音が周りに響き渡る。

 それから鍔迫り合いに発展していく。その中でリターさんは……不敵に笑っていた。楽しんでいるんだ。この手合わせを、彼は。剣達は尚もギャリリリ!と音を立てている。

「楽しそうだな」

 リターさんから声が発せられる。楽しい?まさか……と言いたいところだが、俺は自分の顔に集中する。頬がつり上がっているのがわかった。俺にはバトルジャンキーの素質はないと思いたかったが、そうでもなかったようだ。

 認めたくなかったがためにそれをスルーし、こう言った。

「あなたこそ」

 そして始まる剣と剣の応戦。横薙に振るわれ、縦に振るわれ、相手の剣を弾いたと思ったら、弾かれる。剣を振るたびに聞こえる風切り音が風と共に俺の耳を撫でていく。

 そこで、リターさんが勝負に出た。一歩下がってから、斜めに剣を振り下ろしたのだ。おそらく相当力を入れて。

 それを俺は、後方に回転しながら避け、その回転の勢いを利用して横薙に剣を一閃する。ギリギリで回避された。同じタイミングで後方に移動する。

「ほう、俺の技を盗むか。敵ながらあっぱれ」
「それはどうも」

 再度駆け出し、剣と剣が交じり合う。俺は剣を振るい、また振るう度に、剣の速度をあげた。いや、あげられた。リターさんの先導であげられたのだ。

 徐々に強くなる風圧と風切り音。交差する2つの剣閃。短く速いはずなのに、ゆっくりと感じられる。

「「はぁぁぁぁ!」」

 お互いに叫び合う。人によっては、悲鳴にも、歓喜にも聞こえただろう。尚増す剣速。音を置いて行ってしまうほどに速い。

「やめっ!!」

 パンッ、と。やけに鮮明に拍手が響く。その拍手と声の主は、オンケル国王陛下だった。

 周りを見渡せば、ギャラリーが集まっていた。真雫もリーベもいる。手合わせに集中しすぎて気づかなかったようだ。

「2人ともそれまで。いい戦いであった」

 陛下のその言葉に続き、ギャラリーから拍手喝采が轟く。

 別に見世物ではなかったのだが、まぁ過ぎたことだし、無視しておこう。額にかいた汗を拭う俺の肩に、がっしりとした手が置かれる。

「いい戦いだった。お前のようなやつと手合わせできたこと、嬉しく思う」
「こちらこそ」

 肩に置かれた手を俺の前に差し出された。俺もそれに応じて、リターさんの手を握る。また、周りから拍手が聞こえてくる。

「お前は強い。だが、圧倒的に経験と技術が足りない。剣技はお前の今後の糧となろう。俺が教えてやってもいいが、どうだ?」
「ではお願いします」

 強くなる術を得ない手はない。まさかのこの世界で師匠を作ってしまうとは。実は、師弟関係とかにちょっと憧れていたりする。

 でも、王国最強とは、この程度・・・・か。俺は驚かされることはあれど、本気では戦っていなかった。現に俺よりもリターさんの方が疲れているように見える。経験と剣技の差はあったが、魔眼共鳴しなくてもフルパワーで戦えば普通に勝てそうだ。剣技の差は埋めるために教えを乞うけどね。

 さて戻ろう、と歩み出した時、周りから光が消えた。目を暗闇が覆う。後ろからは悲鳴が上がった。料理を堪能したいって時に……。

 この世界の照明は魔力で光っている。その照明は魔力を減らさずに循環させる永久循環をしているため、魔力切れは基本起らない。これがもし魔力切れによって照明が消えたのでないのなら、あとはもう人為的にしかない。

 【感覚強化】の範囲に複数人入ってきた。暗いため、目で追えない。そいつらは全員誰かに意識を向けている。まずい……!!なんで近くにいないんだよ、俺!!?

 俺は先頭にいるのに対して、対象者達は後ろにかたまっている。真雫は別のところに行ってしまっている。

 咄嗟に魔眼を発動して、自動剣フラガラッハを召喚し襲撃者に当てていく。しかしそいつらは、剣にあたると同時に着ていたローブだけになって散った。フェイクか……!?

「!!?」

 しまった。その対象──リーベや他の令嬢達の足元に薄黄色の魔法陣が描かれ、彼女らはその光とともに消えた。転移魔法……。

 しかし、俺の頭はそんなことなどどうでもよかった。守れなかった。公爵に約束したのに。忠告されたのに。気がつけば俺は叫んでいた。

 会場に、悲鳴と怒声が木霊した。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く