中二病たちの異世界英雄譚

隆醒替 煌曄

13.ネイヒステン王国編 舞踏会(3)

 ホテルは、見た目通りとても豪華だった。王宮での俺達の部屋並みに豪華だ。ただ、俺と真雫の部屋は分けて欲しかった。……慣れたけど。慣れって怖い。

 コンコン、とノックがなった。

「どうぞ」
「失礼します」

 入ってきたのは、少し暗い感じのリーベだった。周りに誰もいないのを確認して、いつも通りに話しかける。

「どうしたの?」
「精神魔法をかけられた?」
「お前は黙ってろ」

 実際にこの世界には精神魔法が存在するから、そういう冗談は洒落にならない。

「あの、今日の……」

 そこまで言っていいとどまった。しかし、1秒も経たずにすぐに言葉を続けた。

「今日の舞踏会、楽しみですね!」
「あ、うん、そうだね」

 本当に言いたいことはそれじゃない、と話の流れと表情で分かるが、それを問いただす前に、この部屋に向かって近づいてくる気配に気づき、会話を止めた。

「ん?ただの通行人?」

 その人は、明らかに俺達へ何らかの意識を持っていたが、普通に通り過ぎていった。まさか、例のリーベを襲ったヤツらか?

「通行人がどうしたんですか?」
「ああ、いや、何もない」

 やはり不安にはさせたくないがために、黙っておいた。

 結局そのまま談笑をしていると、女の人が寄ってきた。服装から、このホテルの支配人のようだ。

「プリンゼシン様、カミジキ様、ホシミヤ様。舞踏会で着られる服装のご用意が出来ましたので、わたくしについてきてくださいませ」

 服装の用意?

 連れてこられたのは、俳優とかが使うような控え室のような場所だった。この部屋にいるのは俺と、このホテルの男性支配人だけ。部屋の中央には、沢山の礼服が、ズラリと並んでいる。

「この中から、お好きなものをおひとつ、お選びください」

 男性支配人が扉の外へ消えていく。

 この中から選べって……いや全部似たようなので、どれでもいいのだが?

 あれこれ考え、適当にそこら辺の礼服を手に取る。うーん、これは少し重いな。元あった場所にかけなおし、またその隣の服を物色する。これはさっきのより軽いが、生地が脆い。別のだな。隣のを手に取り、物色し、これも違うと思い、また隣のを手にする。およそその繰り返しを10回すると、ようやくピッタリのものが見つかった。生地もいいし、軽いし、少し余裕があるから武器などを忍び込ませやすい。伸縮性が高いのも評価点だな。

 礼服を着るのがこれで2回目ぐらいだが、俺にはまだ似合わないと感じてしまう。どうも、こういうかしこまったのは、俺とは無関係な感じがしてならないんだよな。まぁ、今回以降こんな機会は当分ないだろうから、別にいいか。

 着衣を完了し、俺は部屋を出た。




「ん」
「わぁ、可愛い!」
「ん、ありがと。でも、これじゃない」
「えー、似合っているのに」

 私たちは、この城(ホテル)の支配者により、私たちが今夜泊まるあの部屋より大きな部屋に連れてこられた。途中でノアは違う部屋に連れていかれてしまった。なんだろう、少しムズムズする。

 部屋の真ん中には沢山のドレスが置いてある。支配者曰く、好きなものを選んでいいそうだ。リーベは既に決まっているとの事だ。なので、選ぶのは私だけである。

 まず最初に選んだのは、ネットで見たことがある『マーメイドドレス』というやつだ。リーベは似合っている、と言ってくれたが、私的にはあまりピンとこない。なので、次。

 次は『プリンセスドレス』というドレス。これは着る前にやめた。だって、肌の露出が多かったんだもん。

 『Aラインドレス』や『エンパイアドレス』など、色々試着したが、どれもイマイチだった。こんなにもないとは、これも上級悪魔の策略かっ!

 1時間経過。未だにこれだっ、という服は見つからない。うぅ、私の精神力マインドが削られていくぅ。もういっそ、適当でいいんじゃない……?

「マナ、これはどうです?」

 リーベに呼ばれ、後ろを振り向く。これは、確か地球では『カクテルドレス』という割と有名なドレスだ。大部分が白で、ところどころに黒のラインが入っている。そういえば、こっちの世界ではまだ見なかった。

「転移者の方がよく着られるのですが、ベルトではよりいい男の人に嫁入りするために、露出が多いものをよく着るので、あまり世間に広まってないものです」

 なるほど、それでか。

 でも、このドレス、意外といいかもしれない。好きだ、このデザイン。

「これにする」
「え、いいんですか?こんなあっさり」
「大丈夫」

 だって気に入ったんだもん。特に黒のラインが。実際に試着すると、やっぱり今までで1番しっくり来た。

「うわぁ、似合ってますよ!とても!」
「ふふ、ありがと」
「じゃあ、決まりましたし、ノアに見せます?」

 え、ノアに見せるの?ちょっと、背伸びしたみたいで恥ずかしい気がする。

「大丈夫ですよ。こんなに似合っているのですから」
「うぅ、そうかな……?」
「はい!」

 そう言われると……。でも、恥ずかしいものは恥ずかしい。

「ああもう、じれったいですね。もうそろそろ17時30分ですし、会場に行きますよ」
「で、でも……」
「じゃあ、会場で着替えましょう。どうせ見られるのですし」
「見られるって……それはまだ早い……」
「早いって、何がです?ドレスを見せるのに、後1時間もないですよ」

 そういうことだったか……。着替える所を見られると思ってしまったなんて、死んでも言えない。

「ほら、行きますよ」
「あぁ、待って~。引っ張らないで~」

 私たちは半ば駆け足で、移動馬車に向かった。




「……真雫とリーベ達はどこだい?」
「いえ、俺にも分かりません」

 俺達は現在、舞踏会会場にいるわけなのだが、真雫達の姿が見当たらない。こっちで着替えるとは言っていたが、遅すぎやしないか?

 噂をすれば影、というのか、前方から真雫とリーベが歩いてきた。真雫はリーベの後ろに隠れ気味で歩いている。

「すみません。マナ様が色々手こずって」
「大丈夫ですよ。リーベ様」

 ここでは貴族達の目が光っているので、リーベとは敬語を使う。

「ほら、マナ様。恥ずかしがらないで」
「うぅ」

 おずおずとリーベから姿を見せる真雫。

 真雫はとても可愛らしい、似合っているドレスだった。なんて名前のドレスかは覚えていないが、いつも通りの基本白に、時々入っている黒のラインがイイね。

「うん、似合っているよ。可愛い」
「うぅ……ありがと」

 ボソッと、本当にボソッとお礼を言った。こいつ、こういう時に俺に褒められると何かに隠れたがるんだよな。何でだろ?

「ノア様、私はどうです?」

 リーベは、公爵令嬢らしく、プリンセスドレスだ。真雫とは正反対で、黒をベースとして、時々白のラインが入っている。

「リーベ様もお似合いですよ」
「ふふ、ありがとう」

 よく見れば、微妙に体が震えている。絶賛人間恐怖症発動中か。

「大丈夫ですよ。この時間は基本お側におつきしますから」
「……!……はい、よろしくお願いします」

 これである程度の緊張が解けてくれればいいのだが……それはリーベ次第だな。

 ん?【感覚強化】で感知できる範囲に俺達に何らかの意識を持ったやつが入った。いや、俺たちじゃない、リーベへの意識を持ったやつだ。悪意ではないようだから、基本は大丈夫だろう。

 そいつがこの会場の入口に入ってきた。それに合わせて、周囲の人が止まる。そいつは真っ直ぐ、迷う素振りも見せずに俺達のところへ来た。

 失礼だろうが、ブクブク太った狸みたいだ。着ている服は、白服、ズボン、赤マントと、裸の王様の冒頭らへんの服装みたいで、国王陛下と同じぐらい高そうだ。

 その人に向けて周囲の人が膝まづいている。俺と真雫は、状況についていけず、茫然自失としていた。

「ふん、余はこのネイヒステン王国国王、シュワインであるぞ。我の前に立つとは不遜なり」
「やぁ、シュワイン陛下。ご息災ですかな?」
「おお、オンケル陛下。久方ぶりだな」

 その人の正体を知り、慌てて俺達は跪いた。この国とはある程度の関係を持ちたかったのに、出だしからミスってしまった。

「ふむ、黒髪か……。お前達が例の転移者か?」
「はっ、左様でございます」

 オンケル陛下よりも強い威厳につられ、つい臣下のような口調になってしまった。近くには膝まづいているリターさんもいたが、何食わぬ顔で俯いたままだった。この人、大物すぎる。

「そこにいるのはリーベちゃんかな?」

 シュワイン陛下の口調が突然変わる。リーベ……ちゃん?……嫌な予感しかしない。

「はい、陛下」
「余の正妻になる気持ちは整ったか?」
「有難いのですが、私には過ぎた身。お気持ちだけ受け取ります」
「そうか。その気になったらいつでも言ってくれ」

 もしかして、リーベの元気がなかったのは、この求婚のことがあったからだろうか?

「さぁ、これから舞踏会が始まる。主らも楽しんでくれ」
「ありがとうございます」

 のそっのそっ、という擬音がしそうな感じで歩いていった。それを合図とばかりに、周囲の人が脱力する。俺も例外ではない。

「あれがネイヒステンの国王陛下か……」
「ああそうだ。今までのネイヒステンの国王でも、一二を争うほどの賢王と言われているんだよ」

 賢王なのか……。少し怖い感じだが、国民には人気があるのかもしれない。俺は少し苦手だが。

 シュワイン陛下と入れ違いで、また俺達の元へ誰かが寄ってきた。またリーベへの意識を持ったやつだ。

「お久しぶりです、オンケル陛下」
「ん?おぉ、プリンゼシン公爵か。久しぶりだな」

 俺と同じような礼服を来た、美中年の人だ。公爵?もしや……。

「お父様!」
「やぁ、久しぶり、リーベ」

 飛び込んできたリーベをプリンゼシン公爵が軽く抱擁して受け止めた。やっぱりか。確かに目元が似ている。でも、公爵の方は茶髪だから、リーベの綺麗な金髪は、きっと母親譲りなのだろう。

「リーベ、そちらの方達は?」
「お初にお目にかかります。今回、リーベ様の護衛につかせてもらいます、転移者の神喰 希空です」
「星宮 真雫です」
「おお、君たちが例の!」

 テンション高めな公爵が、グイグイと迫ってくる。うわぁ、こういう所はリーベにきちんと受け継がれているな。親子揃って転移者マニアとかだったらどうしよう。いや、どうもしないけど。

「後で色々話を聞かせてくれよ」
「はい、喜んで」

 そうテンション高めに去っていった。あれ、そういやリーベのお母さん、公爵夫人は?少し探したが、結局その人は現れなかった。リーベもガッカリしているようだ。

「んん!あーあー。マイクテス、マイクテス」

 金髪のチャラそうな男性が、マイクに酷似しすぎているものを手に取り、地球でよく聞いたことを口にしている。この世界、マイクも存在するのか……。見た感じ電力とかはあまり普及していなさそうだから、およそ魔力を使って音声を拡張するのだろう。

 チャラ男が、隣のシュワイン陛下にマイクを手渡す。

「えー、今回は、この舞踏会に──」

 シュワイン陛下の最初の挨拶が始まり、場が静寂に包まれ、陛下の声だけが響く。威厳のある声に、一部の人が怯えた感じでいた。そこまでは怖くないと思うのだが?

「それでは、最後になったが、この舞踏会、存分に楽しんでくだされ」

 そう締めくくり、舞台から降りていった。そしておよそ司会らしいチャラ男が、舞踏会開幕を宣言するのを合図に、奥の部屋から多種多様な料理が、メイド服を着たおばさん達によって運ばれてきた。おばさんメイド服って……なんか現実を突きつけられた気がする。

「ん、ノア、食べよ?」
「行きますよ、ノア様」
「え?あ、うん」

 なんとなく呆気に取られていると、真雫とリーベに手を引かれて、多くの人が食事に舌鼓を打っている場所に入り込んだ。

 皿に乗っている料理は、豪華以外の何者でもなかった。明らかに高そうな肉を使った燻製、フカヒレのようなものが入ったスープ、透き通っている赤いワイン。ワインは未成年なので飲めないが、他はほぼ大丈夫そうだ。

 俺達も周囲に合わせて、料理に舌鼓を打つ。口に運んだのは燻製だ。噛みごたえがあり、そして噛むたびに味が出てくる。美味しい。

「ん、美味しい」
「これは『ベスター・クゥ』の肉ですね」

 ベスター・クゥとは、牛型の魔物で、出没の少ない魔物なため高級食材として扱われる。確か相場で金貨1枚だと、外交官達から聞いた。およそ1万円程度か。……高ぇ。

「ノア、これも美味しい」
「これとかオススメですよ」

 2人に勧められ、色々な料理を口に入れる。真雫はブドウの味がする謎の草の入ったサラダ、リーベはマ〇クのポテトみたいな味の魚だ。見た目とのギャップが凄すぎて、味に少しついていけない。

 そうして、俺達も料理に舌鼓を打っていると、バータ公爵が近づいてきた。

「やぁ、さっきは挨拶がちゃんとできなくてすまなかった。私はバータ・プリンゼシン公爵だ」
「こちらこそ、改めまして、神喰 希空です。よろしく」

 そうやって軽く握手を交わしておく。筆まめなのか、手にペンだこがついている。

「あぁ、すまない。よく絵を描くから、こうしてペンだこができてしまうんだ。握りにくかっただろう」
「いえ、滅相もない」

 そういや絵を集めていたな。同時に描いてもいたのか。余程の絵画マニアだな。

「リーベ、マナさん。彼を少し借りてもいいかい?」
「はい、大丈夫です」
「ノアさん、時間はよろしいかな?」
「はい、大丈夫ですけど……」

 俺と話したいことがあるのだろうか……?疑問に思いながらも、公爵の先導で、俺はこの会場の隅に移動した。

「中二病たちの異世界英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く